おかげさまで11月28日、目標金額を達成することが出来ました。

改めてお礼を申し上げます。

ですが、最初の設定金額はライトの導入ができる最低金額を設定していました。

残りの挑戦期間を、より質の高い「音声が見える」空手道大会の設備づくりにまわさせていただけたらと思い、ネクストゴールに再挑戦することにしました。

 

【追加の80万円で出来ること】

①デジタルタイマーの導入

競技時の残り時間と得点などの試合状況を電光掲示板で知らせる機能を持ち合わせたデジタルタイマーです。

 

②空手マットの設営

当初は、武道場の床板のままでする予定でしたが、ジョイントマットを設営することで、怪我防止につながります。

 

③ライトの追加

大会は、1つのコートで試合を進行するため、コート1つ分のライトで目標金額を設定しましたが、 来年、再来年も継続する大会に向け、今後は2つのコートで試合が出来るように、ライトの追加を考えています。

 

残り23日ですが、諦めないことを心に誓って、精一杯頑張りますので、

引き続き、シェア・拡散、ご支援のほど、応援をよろしくお願いします。

 

-------------------------------------------------------

偶然にも、同じReadyforでろうのプロジェクトとして

同時期に挑戦中の「ろうLGBTQサポートブックをリニューアルし7000部制作したい!」について紹介させて頂きます。

偶然にも、同じReadyforでろうのプロジェクトとして同時期に挑戦中です。

 

代表の山本さんとは、最近何度かお会いしたのですが、

アメリカへ2年間留学し、帰国後に活動をスタートされ、

とても芯が強く、笑顔がチャーミングな方です。

 

私達とやっていることは違いますが、

ろう者としての目指すヴィジョンは同じです。

ネクストゴール達成まであと少しですので、よろしかったらご支援お願いします。

新着情報一覧へ