今回、ライトのデモ機を借りることが出来たので、

先日の合同稽古の時に、ライトのデモ体験を実施しました。

ライトデモ体験の説明を聞く選手たち

 

実際、選手たちが組手を行う中、

「ヤメ」「あとしばらく」の合図と同時にライトを発光させ、

どのくらいライトが見えるのか?どれだけライトに気づけたのか?を評価してみました。

 

・みやすさ

どこまで見えるか?

 

・配色

はっきりと見える色はどれか?

分かりにくい色はどれか?

 

・表示

点灯、点滅、カウントダウンの3種表示のうち、すぐ気づけたのはどれか?

 

・高さ

見やすい高さはどのくらいか?

 

最初に立てておいた仮設で検証を行い、

またひとりひとりの感想(評価)を聞き、

それらの結果をもとに、

ライトの導入条件をそろえることができました。

 

デモ機は1台しか借りられなかったのですが、

実際の大会では、選手が常に、視野にライトが入るように、

コートの四隅と得点表テーブルに5台のライトをそれぞれ配置します。

 

ライトのデモ体験をした後に選手たちに「どうだった?」と尋ねました。

選手そろって「ライトがあるといい!」との回答でした。

第1段階をクリア出来たおかげで、ライトの導入に向けて一歩進むことが出来ました。

 

ネクストゴール達成まで残り20日となりました。

 

ご賛同頂けましたら、

シェア・拡散、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

新着情報一覧へ