READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

霞ヶ浦からニホンウナギを守る!「ウナギの湖」復活へのチャレンジ

NPO法人霞ヶ浦アカデミー

NPO法人霞ヶ浦アカデミー

霞ヶ浦からニホンウナギを守る!「ウナギの湖」復活へのチャレンジ
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は2月10日(木)午後11:00までです。

支援総額

175,000

目標金額 300,000円

58%
支援者
19人
残り
20日

応援コメント
エンドラ
エンドラ1時間前活動を見て、興味を持ちました。 活動も見学してみたいです。よろしくお願いします。活動を見て、興味を持ちました。 活動も見学してみたいです。よろしくお願いします。
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
9人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は2月10日(木)午後11:00までです。

9人がお気に入りしています

プロジェクト本文

▼自己紹介

私たちは、茨城県にある霞ヶ浦の環境保全活動に取り組む市民団体です。

 

子どもたちを対象とした環境教育や、ニホンウナギ復活に向けた研究活動など、市民として霞ヶ浦の環境保全のために取組んでいます。

 

活動の様子

 

2020年には研究成果として「ニホンウナギ減少原因に関する新しい仮説」と題した学術論文を水産増殖学会に投稿し、霞ヶ浦からニホンウナギを守るため、研究活動を継続しています。

 

また、2017年からは、霞ヶ浦の植生帯保全のため、葦を刈り、その葦を活用して舟を作る体験プログラムをスタートさせました。

 

さらに、2021年4月には葦の刈取りから、舟の製作、そして舟を使ったレースまでを競う「ニホンウナギ杯 第1回 葦舟世界大会」を開催しています。

 

ニホンウナギは2014年に国際自然保護連合(IUCN)により絶滅危惧1B種としてレッドリストに掲載されました。霞ヶ浦を含む利根川水系は、1960年代まではおよそ 1000トン前後のウナギの漁獲量があり、国内の30%の漁獲量を誇るウナギの産地でした。

 

ニホンウナギ

 

しかし、霞ヶ浦における開発が進み、全国的な漁獲量も2018年には過去最低となる68トンを記録し、利根川・霞ヶ浦における漁獲もわずかなものになっていました。 今、ニホンウナギは危機的な状況にあります

 

「ウナギの湖」霞ヶ浦復活のため、研究を前に進め、また市民活動を推進していくため、クラウドファンディングに挑戦することに決めました。

 

このクラウドファンディングを通して、皆さまとともに、「ウナギの湖」霞ケ浦を復活させたいと思っております。

 

▼みなさまからのご支援で出来ること

 

わたしたちNPO法人霞ヶ浦アカデミーは、霞ヶ浦の環境保全活動を行っています。

 

ニホンウナギの保全のために行っていた研究成果として、2020年に水産増殖学会の学会誌に「ニホンウナギ減少原因に関する新しい仮説」を発表しており、霞ヶ浦開発が国内のニホンウナギの減少原因であるという仮説を提唱しました。

 

ニホンウナギはマリアナ海嶺で産卵することは解明されていますが、産卵するウナギは“どこから”“どのように”マリアナ海嶺に行っているかは明らかになっていません

 

ニホンウナギ

 

私たちは、霞ヶ浦のウナギの漁獲量と、全国のシラスウナギの漁獲量に相関関係があることに注目し、研究活動を進めてきました。しかし、市民団体の活動には、資金面で課題もあり、研究を前に進めるのことの障壁となっています。

 

 

工事の7年後から漁獲量が下がる。成長に7年かかることから、稚魚が遡上できなくなったことがわかる

 

また、ニホンウナギが棲む場所になる、植生帯を保全する活動は、体験プログラムにすることで参加者を集める工夫をしてきました。アシ原を整備しながら、湖とつながる人を増やすことを目的に、葦舟を製作するプログラムには、5年間でのべ150人が参加しています。

 

葦の刈取り

 

霞ヶ浦の湖岸線の96%は、人工的な護岸堤になったため、アシなどの水生植物の植生帯(アシ原)はきわめて減少しました。離岸堤が植生帯を作るために建設され、いくつかの場所でアシ原が復活しつつありますが、手入れがなされないため、植生帯の十分な復活につながっていません。

 

アシ原は、ニホンウナギをはじめとした生き物の「棲む場所」になり、あるいはコイやフナの産卵場であり、さらには水質浄化の機能を持ちます。アシを刈り取ることで、葦原の陸地化を防ぎ、生き物の「棲む場所」を守ります。また、アシが吸収した栄養塩を湖から取り除き、アシ原が陸地になるのを防ぎ、植生を維持します。

 

 

私たちは、2017年から葦舟の製作をスタートさせ、親子向けの体験プログラムとして実施してきました。また、葦を使う文化をさらに定着させるため「ニホンウナギ杯 第1回 葦舟世界大会」を開催しました。しかし、第1回大会は、予算が制限される中で開催となり、参加チームも3チームに留まるなど、課題が多い大会となりました。

 

葦舟世界大会

 

今回、クラウドファンディングによりみなさまからのご支援いただくことで、ニホンウナギの減少原因に関わる研究活動を推進するとともに、霞ヶ浦に残された葦原の整備を行います。葦原の整備に関しては、「ニホンウナギ杯 第2回 葦舟世界大会」も開催し、環境保全活動の醸成に努めます。

 

プロジェクトの概要第1目標目標金額:30万円

資金の使い道:ニホンウナギに関する調査研究費(10万円)およびニホンウナギの棲む場所を増やすための植生帯を復元作業(20万円)。

※2023年3月末までに研究成果報告を行い、また、「ニホンウナギ杯 第2回 葦舟世界大会」終了をもってプロジェクト終了とする。

 

プロジェクトの概要第2目標目標金額:100万円

資金の使い道:ニホンウナギに関する調査研究費(文献購入費:30万円、たかっぽ設置費用等:20万円、交通費:10万円)およびニホンウナギの棲む場所を増やすための植生帯を復元作業(40万円)。

※2023年3月末までに研究成果報告を行い、また、「ニホンウナギ杯 第2回 葦舟世界大会」終了をもってプロジェクト終了とする。

 

▼ニホンウナギについて

 

ニホンウナギ(学名:Anguilla japonica)は、ウナギ科ウナギ属のウナギの一種で、日本・朝鮮半島からベトナムまで東アジアに広く分布しています。2014年に国際自然保護連合(IUCN)により絶滅危惧1B種としてレッドリストに掲載され、保全が求められています。

ニホンウナギ

1960年代には国内3,000トンが漁獲されていましたが、2000年代になると600トンの漁獲になり、2018年には68トンにまで減少しました。

 

かつて「ウナギの湖」であった霞ヶ浦では、多くのウナギが漁獲されていましたが、その漁獲も全国のウナギ漁獲量に先駆けて減少していきました。 とくに霞ヶ浦北浦を含む利根川水系のウナギの生産量は 1960年代終わりには 1,000トンを越える漁獲量を示していましたが、2000年代には 60トン前後にまで低下して、その後も減少を続けています。

 

 

2006年、東京大学などの研究チームが、ニホンウナギの産卵場所がグアム島やマリアナ諸島の西側沖のマリアナ海嶺のスルガ海山付近であることを突き止め、その後、孵化後2日目の仔魚の採集や、成熟したニホンウナギの捕獲に成功しています。しかし、ニホンウナギが、どこから、どのようにマリアナ海嶺に産卵に来るのかは未だ分かっていません

 

▼NPO法人霞ヶ浦アカデミーについて

 

霞ヶ浦の環境は、1963年の常陸川水門の完成と共に悪化していき、ヤマトシジミの大量死、アオコの大量発生などにつながりました。さらに霞ヶ浦総合開発も進み、霞ヶ浦の湖岸線の96%は、人工的な護岸堤となり、アシなどの水生植物の植生帯もきわめて減少しました。

 

2008年に、霞ヶ浦に北岸に面する地から、霞ヶ浦の環境保全活動を行おうと、市民や地元の事業者、研究者らが集まって、NPO法人霞ヶ浦アカデミーを立ち上げました。

 

 

設立当時、大学生だった参加者が、現在では事務局を務めるなど世代交代しつつ、設立時の想いを引き継ぎ、市民活動を継続しています。 具体的には以下のような活動を中心に、霞ヶ浦の環境保全に取り組んでいます。

 

  • ニホンウナギの調査研究

霞ヶ浦のウナギの漁獲量と、全国のシラスウナギの漁獲量に相関関係があることから、霞ヶ浦がニホンウナギ保全のための重要な地であると考え、研究活動を進めています。2018年に茨城県で開催された世界湖沼会議では「A New Hypothesis for the Declining Cause of the Japanese Eel.」の口頭発表を行い、2020年に「ニホンウナギ減少原因に関する新しい仮説」を水産増殖に発表しました。

 

  • 親子向け環境プログラム

団体設立前の1999年から霞ヶ浦の環境を学ぶことができる親子向けのプログラム「生き物アカデミー」を実施しています。実際に霞ヶ浦にどんな魚がいるか調べたり、伝統的なウナギ漁の道具「たかっぽ」の製作を体験しています。

 

  • 葦舟の製作

霞ヶ浦に残された葦原を整備するためには、「葦を使う文化」を定着させる必要があると考え、2017年より葦を刈り取り、舟を作る体験プログラムを実施しています。

 

葦を刈り取ることで、ニホンウナギをはじめとした多くの生き物の住処が守られ、また水質浄化につながる取り組みで、これまでに150名を超える参加者が、葦を刈り取り、舟を作る体験に参加しています。 

 

 

プロジェクト実行責任者:
菊地章雄
プロジェクト実施完了日:
2023/03/31

プロジェクト概要と集めた資金の使途

NPO法人霞ヶ浦アカデミーが、ニホンウナギの資源研究を進め、且つ霞ヶ浦の植生帯整備を目的に使用する。

プロフィール

NPO法人霞ヶ浦アカデミー

NPO法人霞ヶ浦アカデミー

私たちは、茨城県にある霞ヶ浦の環境保全活動に取り組む市民団体です。 子どもたちを対象とした環境教育や、ニホンウナギ復活に向けた研究活動など、市民として霞ヶ浦の環境保全のために取組んでいます。2020年には研究成果として「ニホンウナギ減少原因に関する新しい仮説」と題した学術論文を水産増殖学会に投稿し、霞ヶ浦からニホンウナギを守るため、研究活動を継続しています。 また、2017年からは、霞ヶ浦の植生帯保全のため、葦を刈り、その葦を活用して舟を作る体験プログラムをスタートさせました。さらに、2021年4月には葦の刈取りから、舟の製作、そして舟を使ったレースまでを競う「ニホンウナギ杯 第1回 葦舟世界大会」を開催しています。

リターン

3,000


活動を応援

活動を応援

御礼のメッセージ
会報 1部

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年5月

8,000


みんなで作った「オリジナルTシャツ」

みんなで作った「オリジナルTシャツ」

●霞ヶ浦で活動をしているみんなでデザインしたオリジナルTシャツをプレゼントします
●カラーやデザインはお任せになります、霞ヶ浦の生き物のイラストが入る予定です

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年9月

10,000


親子向け体験プログラムへの参加

親子向け体験プログラムへの参加

・毎月第3日曜日に開催している親子向けの体験プログラム「生き物アカデミー」にご招待します。2022年4月および5月はフナの産卵観察会、6月および7月は伝統的なウナギ漁の道具「たかっぽ」を製作する体験など1年を通してさまざまなプログラムを用意しています。
*交通費・宿泊費などは各自でご負担願います。
*天候や感染症の影響で開催日が変更になる可能性がございます。
*2022年12月末日までのイベントが対象です、日程が調整できないなどご参加できなかった場合に返金は致しかねます

・会報 1部

・会報・ホームページへお名前の掲載(希望者のみ)

支援者
1人
在庫数
23
発送完了予定月
2022年5月

10,000


会報への広告掲載(10000円)

会報への広告掲載(10000円)

・会報「海部通信」の最新号に広告掲載いたします(縦4.6cm×横8.5cm、カラー)。
*掲載ページは選べません。
*掲載が間に合うもっとも早いタイミングで掲載いたします。

・会報 1部

・会報・ホームページへお名前の掲載(希望者のみ)

支援者
0人
在庫数
16
発送完了予定月
2022年5月

10,000


活動をもっと応援

活動をもっと応援

・御礼のメッセージ

・会報 1部

・研究活動の報告書 1部

・会報・ホームページへお名前の掲載(希望者のみ)

支援者
11人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年5月

30,000


葦舟世界大会への出場権

葦舟世界大会への出場権

・2022年3月20日・21日に開催予定の第2回葦舟世界大会にご招待(1チーム:3~6名)。
*交通費・宿泊費などは各自でご負担願います。
*天候や感染症の影響で開催日が変更になる可能性がございます。

・会報 1部

・会報・ホームページへお名前の掲載(希望者のみ)

支援者
0人
在庫数
3
発送完了予定月
2022年3月

50,000


葦舟世界大会への出場権+参加者全員にオリジナルTシャツ

葦舟世界大会への出場権+参加者全員にオリジナルTシャツ

・2022年3月20日・21日に開催予定の第2回葦舟世界大会にご招待(1チーム:3~6名)。
参加者全員にオリジナルTシャツをプレゼントします。
*交通費・宿泊費などは各自でご負担願います。
*天候や感染症の影響で開催日が変更になる可能性がございます。

・会報 1部

・会報・ホームページへお名前の掲載(希望者のみ)

支援者
0人
在庫数
3
発送完了予定月
2022年3月

100,000


あなたのために霞ヶ浦ツアーを開催

あなたのために霞ヶ浦ツアーを開催

・霞ヶ浦アカデミーのメンバーがあなたのために霞ヶ浦を1日ご案内します(昼食付、1組2名様)。
*交通費・宿泊費などは各自でご負担願います。
*実施日は相談のうえ、決めさせてください。午前10時から午後4時までの6時間を想定しております。
*2022年12月末日まで有効です、日程が調整できないなどご参加できなかった場合に返金は致しかねます

・会報 1部

・会報・ホームページへお名前の掲載(希望者のみ)

支援者
0人
在庫数
10
発送完了予定月
2022年5月

プロフィール

私たちは、茨城県にある霞ヶ浦の環境保全活動に取り組む市民団体です。 子どもたちを対象とした環境教育や、ニホンウナギ復活に向けた研究活動など、市民として霞ヶ浦の環境保全のために取組んでいます。2020年には研究成果として「ニホンウナギ減少原因に関する新しい仮説」と題した学術論文を水産増殖学会に投稿し、霞ヶ浦からニホンウナギを守るため、研究活動を継続しています。 また、2017年からは、霞ヶ浦の植生帯保全のため、葦を刈り、その葦を活用して舟を作る体験プログラムをスタートさせました。さらに、2021年4月には葦の刈取りから、舟の製作、そして舟を使ったレースまでを競う「ニホンウナギ杯 第1回 葦舟世界大会」を開催しています。

あなたにおすすめのプロジェクト

出張型科学教室を郊外で開催してみんなに平等に科学の面白さを伝えたい

田崎智久(サイエンス•モア)田崎智久(サイエンス•モア)

#子ども・教育

1%
現在
18,000円
支援者
6人
残り
42日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする