READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
NEXT GOAL挑戦中

井上靖の本家である「上の家」を修繕して、後世に残したい。

井上靖の本家である「上の家」を修繕して、後世に残したい。
支援募集終了日までに集まった支援金をプロジェクト実行者は受け取ります(All-or-Nothing方式)。支援募集は12月18日(金)午後11:00までです。

支援総額

3,284,000

NEXT GOAL 3,000,000円 (第一目標金額 1,000,000円)

328%
支援者
94人
残り
22日
94人 が支援しています
Namiko Suzuki
Namiko Suzukiさんが20時間前に支援しました
船川栄里
船川栄里さんが23時間前に支援しました

応援コメント
Namiko Suzuki
Namiko Suzuki20時間前貴重な施設、どうか大切に守っていってください!貴重な施設、どうか大切に守っていってください!
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
7お気に入り登録
7人がお気に入りしています
支援募集終了日までに集まった支援金をプロジェクト実行者は受け取ります(All-or-Nothing方式)。支援募集は12月18日(金)午後11:00までです。

7お気に入り登録
7人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 目標達成の御礼とネクストゴールへの挑戦

 

11月6日からスタートしましたクラウドファンディングは、僅か4日間で100万円の目標金額を達成することができました。


ご支援をくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

あらためて、井上靖ファンの多さを感じることができ、また、このプロジェクトへのご理解を多くの皆様にいただき、今後さらに、井上文学の継承と登場する「上の家」を大事に保存していかなければと強く感じました。

 

今回、本来の修繕費用へのさらなるご支援をお願いしたく、ネクストゴール300万円を目指したいと思います。

 

ネクストゴールの達成により、現在のイメージを損なわないよう原形を大事にして修繕に努めたいと思います。より多くの皆様から、引き続きご支援を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

 

2020年11月9日追記
伊豆市観光協会天城支部

 

作家 井上靖の描いたしろばんばの舞台「上の家」

 

ページをご覧いただき、ありがとうございます。伊豆市観光協会天城支部です。私たちは、多くの方々にこの地の魅力を知っていただけるように、情報発信、イベントの開催、また訪れた皆さんに気持ち良く散策を楽しんでいただけるよう環境整備に励んでおります。

 

作家である井上靖氏は幼少時代を天城湯ヶ島で過ごしました。その時代を自伝的小説「しろばんば」で描いております。その小説に、井上氏の母の実家である「上の家」という建物がでてきます。この「上の家」は、現存しており、井上文学ファンのみならず多くの方々が見学に訪れています。

 

しかし、「上の家」は明治時代に建築された建物であることから築150年余りが経過しているため、老朽化が著しい状態であり、修繕が喫緊の課題となっています。

 

そのようなことから、井上文学と併せて「上の家」を後世に引き継ぐことが我々の責務と考え、個人所有であるこの建物を借り受け、官民一体で修繕することになりました。

 

地元団体の代表として観光協会がまとめ役となり、このプロジェクトを立ち上げました。

 

ご支援、応援のほどよろしくお願いいたします。

 

 

「上の家」について

 

井上靖先生は1907年(明治40年)5月6日、北海道上川郡旭川町(現・旭川市)にて軍医の父・井上隼雄と母・やゑの長男として生まれました。

 

代表作として、『氷壁』(1957年) 『天平の甍』(1957年) 『敦煌』(1959年) 『しろばんば』(1960年) 『蒼き狼』(1963年) 『風濤』(1963年) 『おろしや国酔夢譚』(1968年) 『孔子』(1989年)などがあります。

 

 

井上靖先生は、幼少時代を、両親の郷里である静岡県田方郡上狩野村湯ヶ島(現・伊豆市)で戸籍上の祖母・かのと暮らしました。その近くに母親の実家である「上の家」という屋号の家があります。井上靖先生は祖母かのに育てられましたが、近くである「上の家」に住む祖父母にも面倒を見てもらいました。

 

しろばんば時代の写真や資料の展示など
井上靖先生と「上の家」(写真提供:一般財団法人 井上靖文学館)

 

 

プロジェクト内容

 

「上の家」は明治5年ごろに建てられており、約150年近くが経過しているので、各箇所の老朽化が進んでいます。

 

特に屋根は、一度は修繕されたとは思われますが、現在は波を打った状態で、屋根裏の骨材が朽ちています。耐震性はほぼ無く、今にも崩れてしまいそうな状態です。

 

 

西側の外壁は漆喰が剥がれ落ち土壁が露わとなっております。ここ1.2年でかなり剥がれ落ちています。

 

また、北側などにあるなまこ壁は色も薄くなって、かなり汚れが目立ち、2階の窓扉の取り付け箇所、畳もかなり傷んでいます。さらに、増築部分においても床の傷みが著しい状態です。

 

今回のプロジェクトでは、皆さんからご支援をいただいて老朽化した「上の家」の屋根、外壁などの外回りの他、トイレ、畳の入れ替えなどの修繕を行います。

 

 

▷資金使途
修繕費用:2,150,000円
備品購入費:400,000円

 

クラウドファンディングのご支援金は、修繕費の一部に活用させていただきます。2021年7月1日までに一次修繕を完了いたします。

 

プロジェクト内容

 

今回のプロジェクトを通して、建物の内部の公開、また井上靖関係の資料展示を行い、訪れた方が、「しろばんば」の世界にタイムスリップしていただけるように工夫を凝らしたいと考えています。

 

写真提供:一般財団法人 井上靖文学館

 

本宅は昭和の森会館の伊豆近代文学博物館近くに移築されて、旧邸跡はいま公園となっています。しかし、この「上の家」は昔と変わらず同じ場所に建てられており、また、「しろばんば」に登場する人物の家(名前入りの看板あり)などもすぐ近くに現存していることから、「しろばんば」の中にタイムスリップできる環境です。

 

「しろばんば」の小説は井上文学の一つとして後世に残ると確信しますが、併せて「上の家」を「しろばんば」のシンボルとして守り続けていかなければならないと思っております。また、多くの文人墨客が執筆に訪れた天城の地の核として「天城文学の郷」を展開するに重要な建物と考えます。

 

 

地元としては、近くに井上先生の墓所があることから、年に一度「あすなろ忌」として墓参や井上文学の感想文発表コンクールを開催して大事に井上靖先生の功績を継承しています。

 

前述の通り、「上の家」は築150年近くが経過して老朽化が著しいことから、今、プロジェクトを立ち上げなければ「上の家」は消滅してしまうといっても過言ではありません。そのために、地元の井上文学ファンと力を併せて修理保存のプロジェクトを立ち上げました。

 

また、天城湯ヶ島は、川端康成、梶井基次郎など多くの文人墨客が訪れた地であり、今後「上の家」を拠点として「天城文学の郷」をさらに盛り上げるための一歩です。

 

ご支援、応援のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

発起人からメッセージ

 

宇田 治良

井上靖 ふるさと会 会長

 

今回のプロジェクトの発起人メンバーは、井上文学をこよなく愛する「井上靖 ふるさと会」、地元の観光協会、有志たちです。

 

老朽化した「上の家」を修理保全することで、上の家を中心とした「天城文学の郷」の魅力を高めたいと考えております。これからも皆様を「しろばんば」の世界にご案内できるよう努めたいと思いますので、プロジェクトへのご支援をよろしくお願いいたします。

 


 

堀江 昭二

伊豆市観光協会天城支部 支部長

 

湯ヶ島には川端康成、梶井基次郎などをはじめとする近代文学者が多く訪れ、そして何よりも幼少時代を湯ケ島で過ごされた井上靖らが、この地を舞台とした作品を残してくれました。ここに住む私たちの財産ともなっています。その貴重な財産に報いる一つとして、老朽化した上の家の修繕を行い、「しろばんば」の証として上の家を保存していきたいと考えております。
今後も皆様を「しろばんば」の世界にお招きできるよう努めてまいりますので、クラウドファンディングへのご支援をよろしくお願いいたします。

 

 

 

応援メッセージ紹介

 

 

菊地 豊

伊豆市長

 

湯ヶ島で幼少期を過ごした井上靖がノーベル文学賞候補であったことが、正式に確認されました。天城山を舞台とした「猟銃」のドイツ語訳が素晴らしく、ドイツの学者からスウェーデン・アカデミーに推薦されたそうです。まさに天城湯ヶ島は「文学の郷」たるにふさわしい地であると思います。

この度、井上靖の母方の実家「上の家」の整備及び維持管理のためにクラウドファンディングを活用することとなり、皆様のご支援を何卒お願い申し上げます。ICTの時代こそ、人の心を育む文化の力を次世代に伝えていくことが大切であると確信しています。

 


徳山 加陽

一般財団法人 井上靖文学館学芸員

 

私が初めて上の家に足を踏み入れたのは、10年ほど前のことです。「しろばんば」のクライマックスに描かれた、あの上の家に立っているんだ、と感慨深いものがありました。何より心動かされたのは、作品に登場する薙刀がそのまま飾られてあったことです。「しろばんば」の聖地・上の家がよみがえり、これからもその姿を残していけるよう、ご支援をお願いいたします。

 

 


本プロジェクトのリターンに関する条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

プロフィール

伊豆市観光協会天城支部

伊豆市観光協会天城支部

 伊豆市観光協会天城支部は、旧天城湯ヶ島町エリアの観光振興を担っています。伊豆半島のほぼ中央部に位置し、豊かな自然と豊富な温泉に恵まれたところです。  この地を舞台とした、川端康成の「伊豆の踊子」、井上靖の「しろばんば」、松本清張の「天城越え」など有名な文学作品があり、文人墨客が多く訪れているところです。  それらのことから、「森と文学と湯の国」がキャッチフレーズとなっています。  ほたる祭り、ハイキングツアー、川遊びができる水恋鳥広場の営業などのイベント開催のほか、観光客の方が安全で快適に散策できるように支障木の伐採・紅葉植栽など環境整備にも取り組んでいます。

リターン

3,000

alt

【リターン不要の方向け】お気軽ご支援

●お礼のメールを送付
いただいたご支援金は、リターン費用がかからない分、サービス手数料を除いて全て活動内容に活用させていただきます。

※リターンをお届けしないかわりに、いただくご支援をできるだけ多くプロジェクト実施のために使わせていただくコースです。

支援者
24人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年8月
このリターンを購入する

10,000

「しろばんば」紙切り絵はがきと手ぬぐいセット

「しろばんば」紙切り絵はがきと手ぬぐいセット

●「しろばんば」の紙切り絵はがきと手ぬぐいセット
※地元の紙切り絵作家 水口千令氏 作
●『上の家』パンフレット ※修理後の写真入りです。
●伊豆市観光協会天城支部のホームページ及び「上の家」内にお名前を掲載 ※ご了承いただいた方のみ掲載いたします。

支援者
17人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年8月
このリターンを購入する

10,000

alt

A|【リターン不要の方向け】「上の家」保存応援コース

●お礼のメールを送付
いただいたご支援金は、リターン費用がかからない分、サービス手数料を除いて全て活動内容に活用させていただきます。
●伊豆市観光協会天城支部のホームページ及び「上の家」内にお名前を掲載 ※ご了承いただいた方のみ掲載いたします。

※リターンをお届けしないかわりに、いただくご支援をできるだけ多くプロジェクト実施のために使わせていただくコースです。

支援者
39人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年8月
このリターンを購入する

20,000

教科書で読んだ井上靖

教科書で読んだ井上靖

●生誕110年記念事業「教科書で読んだ井上靖」
※編集:一般財団法人 井上靖文学館 
発行:伊豆市教育委員会

●「しろばんば」の紙切り絵はがきと手ぬぐいセット
※地元の紙切り絵作家 水口千令氏 作
●『上の家』パンフレット ※修理後の写真入りです。
●伊豆市観光協会天城支部のホームページ及び「上の家」内にお名前を掲載 ※ご了承いただいた方のみ掲載いたします。

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年8月
このリターンを購入する

30,000

湯ヶ島文学散歩ご招待+おぬいばあさんカレー

湯ヶ島文学散歩ご招待+おぬいばあさんカレー

●湯ヶ島文学散歩(ガイド付き)「おぬいばあさんカレー」付き
※現地集合となります。

●「しろばんば」の紙切り絵はがきと手ぬぐいセット
※地元の紙切り絵作家 水口千令氏 作
●『上の家』パンフレット ※修理後の写真入りです。
●伊豆市観光協会天城支部のホームページ及び「上の家」内にお名前を掲載 ※ご了承いただいた方のみ掲載いたします。
●生誕110年記念事業「教科書で読んだ井上靖」
※編集:一般財団法人 井上靖文学館 
発行:伊豆市教育委員会

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年8月
このリターンを購入する

30,000

alt

B|【リターン不要の方向け】「上の家」保存応援コース

●お礼のメールを送付
いただいたご支援金は、リターン費用がかからない分、サービス手数料を除いて全て活動内容に活用させていただきます。
●伊豆市観光協会天城支部のホームページ及び「上の家」内にお名前を掲載 ※ご了承いただいた方のみ掲載いたします。

※リターンをお届けしないかわりに、いただくご支援をできるだけ多くプロジェクト実施のために使わせていただくコースです。

支援者
10人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年8月
このリターンを購入する

50,000

alt

湯ヶ島文学散歩と宿泊代助成券

●天城湯ヶ島地区宿泊代助成券 5千円分
※ただし、天城湯ヶ島温泉旅館組合加盟施設に限ります。
※有効期限は、発行から6ヵ月間です。

●湯ヶ島文学散歩(ガイド付き)「おぬいばあさんカレー」付き
※現地集合となります。
●「しろばんば」の紙切り絵はがきと手ぬぐいセット
※地元の紙切り絵作家 水口千令氏 作
●「上の家」パンフレット ※修理後の写真入りです。
●伊豆市観光協会天城支部のホームページ及び「上の家」内にお名前を掲載 ※ご了承いただいた方のみ掲載いたします。
●生誕110年記念事業「教科書で読んだ井上靖」
※編集:一般財団法人 井上靖文学館 
発行:伊豆市教育委員会

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年8月
このリターンを購入する

50,000

alt

C|【リターン不要の方向け】「上の家」保存応援コース

●お礼のメールを送付
いただいたご支援金は、リターン費用がかからない分、サービス手数料を除いて全て活動内容に活用させていただきます。
●伊豆市観光協会天城支部のホームページ及び「上の家」内にお名前を掲載 ※ご了承いただいた方のみ掲載いたします。

※リターンをお届けしないかわりに、いただくご支援をできるだけ多くプロジェクト実施のために使わせていただくコースです。

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年8月
このリターンを購入する

100,000

alt

【全力応援】「上の家」内にお名前を掲載(小)

「上の家」内にお名前を掲載(小)
※ご了承いただいた方のみ掲載いたします。

※リターンをお届けしないかわりに、いただくご支援をできるだけ多くプロジェクト実施のために使わせていただくコースです。

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年8月
このリターンを購入する

300,000

alt

【全力応援】「上の家」内にお名前を掲載(大)

「上の家」内にお名前を特別台紙に掲載(大) 
※ご了承いただいた方のみ掲載いたします。

※リターンをお届けしないかわりに、いただくご支援をできるだけ多くプロジェクト実施のために使わせていただくコースです。

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年8月
このリターンを購入する

プロフィール

 伊豆市観光協会天城支部は、旧天城湯ヶ島町エリアの観光振興を担っています。伊豆半島のほぼ中央部に位置し、豊かな自然と豊富な温泉に恵まれたところです。  この地を舞台とした、川端康成の「伊豆の踊子」、井上靖の「しろばんば」、松本清張の「天城越え」など有名な文学作品があり、文人墨客が多く訪れているところです。  それらのことから、「森と文学と湯の国」がキャッチフレーズとなっています。  ほたる祭り、ハイキングツアー、川遊びができる水恋鳥広場の営業などのイベント開催のほか、観光客の方が安全で快適に散策できるように支障木の伐採・紅葉植栽など環境整備にも取り組んでいます。

あなたにおすすめのプロジェクト

辻堂諏訪神社人形山車 北町の山車を修理したい

小川 尚彦小川 尚彦

#まちづくり

78%
現在
392,000円
支援者
38人
残り
75日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする