以前よりお知らせをしておりました『おかえり沼牛駅改修御披露目会』につきまして、改めてお知らせいたします!

 

 

◆日時:平成28年11月6日(日曜日)10~15時
◆場所:旧深名線沼牛駅舎(字下幌加内)
◆内容:記念式典、駅舎一般公開、幌加内産手打ちそば販売、
    特製沼牛駅弁販売、特製限定記念品販売、パネル展示など

 

皆様からのご支援により、無事沼牛駅舎保存維持のための改修がもうまもなく完了いたします。時期的には大変寒い時ではありますが、87年前の11月8日…深名線が幌加内まで開通し、沼牛駅も開業した時と同じ時期にあたります。この地に“鉄道がやってきた”昭和4年当時のことを想像しながら、古き良き雰囲気を残し綺麗になった『沼牛駅』の姿をぜひご覧いただければと思います。

 

 

 

イベントでは、改修記念式典のほか、当駅舎を廃止以後長年維持管理されてきた当会の代表でもあります坂本勝之による「幌加内産手打ちそば」の販売提供、また昨年大好評で一瞬で完売してしまった「特製沼牛駅弁(創作キッチンたまさぶろうさん)」も個数限定で販売いたします。その他、鉄道部品のお店「ぽっぽや」さん、幌加内そば工房坂本なども出店予定です。またその他企画も準備中ですので、決定し次第追ってお知らせいたします。

 

御披露目会チラシ(PDF)

 
この度の多くの皆様からのご支援により、まずは「保存維持のための改修」を実施いたしました。目に見えない建物の土台部分の修繕から、激しく傷んでいた窓や壁の修繕、道東地方のふるさと銀河線「上利別駅」の古材を再利用した出札口カウンターの復元など、さまざまな部分の修繕が行われました。実際にお越しいただいた際には、“綺麗に修繕された部分”と“昔から手つかずの部分”をぜひ見比べていただければと思います。今回の改修では手を付けきれなかった点も多々ありますが、それも含めて「いまの沼牛駅舎」の雰囲気を感じていただけると幸いです。

 

 

 

新着情報一覧へ