READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

雑種の雌犬の不妊手術で1匹でも多くの殺処分される命を救いたい

角新一

角新一

 雑種の雌犬の不妊手術で1匹でも多くの殺処分される命を救いたい

支援総額

468,000

目標金額 300,000円

支援者
105人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
23お気に入り登録23人がお気に入りしています

終了報告を読む


23お気に入り登録23人がお気に入りしています
2016年08月26日 12:46

ネグレクトの問題にも

雑種の不妊手術を推進することによって得られることは、殺処分を減少させるだけではなく、アニマルホーダー、レスキューホーダーの発生を未然に防ぐ効果もありそうだと書きました。

 

それだけではありません。

ネグレクトの問題にも大きく寄与しそうな気がします。

 

ネグレクトは、犬に対してさほど愛情のない者の元にまで、犬が行き渡っている状態と見ることができると思います。

 

もし、犬の個体数自体を正常化させれば、そのようなものの手に渡りにくくなり、犬に対して深い愛情を持つ飼い主の下で暮らす犬が増えると思います。

 

犬に対する愛情が薄い人間にとって、それでも入手の方法はいくらでもあるでしょう。しかしその場合でも、今以上にネグレクトは人の厳しい目に晒されやすくなっていると思います。目立つわけです。

 

これは、不妊手術を先行させると自然と飼育モラルの向上に繋がる・・・つまり啓発になる可能性を意味します。

 

殺処分が多いのも、アニマルホーダーの問題も、ネグレクトの問題も、その一つ一つの根っこは、過剰繁殖と繋がっていると思うのです。

一覧に戻る

リターン

3,000

985a7c09e53a222654dff8cb2c5f6fa801ca2267

わんちゃんの写真のお礼のポストカード

ご支援いただいたお金で手術を受けた、わんちゃんの写真のお礼のポストカードを支援者様のお名前を入れてプレゼントさせていただきます。

支援者
105人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

プロジェクトの相談をする