一年ぶりに、気仙茶の製茶工場が稼働しました!

昨年に続き、今年も、東京のしもきた茶苑の大山泰成さんが、茶摘みや製茶の支援にいらしてくださいました。

今日は、製茶工場で、仕上げの火入れを始め、いろいろなご支援をいただき、昨日の大大茶摘み会で摘んだ葉が、今年初めての気仙茶に出来上がりました。

夕方からは、大山さんによる、静岡各地の様々なやぶきたの緑茶を使っての、ミニ鑑定講座、そしていよいよ今年最初の、私たちの手摘み茶を試飲しました。

味わいは・・・一晩置いて軽く萎ちょうしたからか、果実味のある香りがふっと香り、口に含むと、爽やかな渋みとまろやかな甘み、さらにおそらく在来特有の、長い甘みの余韻が続くお茶でした!

これも、茶師十段大山さんのご支援の賜物です。感謝・感激の味わいでした。

今年のお茶は、柔らかい新芽が集まった、美味しいお茶になりそう。

これから続々と作られるお茶も、楽しみになってきました。

リターンで、今年の新茶をお送りする方々には、美味しいお茶をお届けできるよう、これからも茶摘みを頑張って参ります!