プロジェクト概要

古典音楽を無償公開するアーカイブを多くの方々にご活用いただきたい!

 

初めまして、特定非営利活動法人 KFアーカイブの中西泰裕と申します。私たちは約三年間、古典音楽のパブリックドメイン化された音源資料をデジタルアーカイブしてインターネット上で無償公開を実施してまいりました。

 

KFアーカイブのシステムは、系譜の発想により、音楽家の関係を基礎として、音楽史を再構築します。音楽家には、作曲家としての作品、演奏家としての音源が関連づけられます。作品には、筆写譜・出版譜・音源などの資料が関連づけられます。

 

KFアーカイブには、日本伝統音楽[雅楽や能楽など]や西洋古典音楽[古代から現代まで]のあらゆる作品が登録されます。日本伝統音楽や西洋古典音楽を世界に発信するべく、日本語・ラテン語・フランス語・英語など多言語対応です!

 

KFは系譜を意味して、資料をアーカイブすることから名付けられました。皆さま、先ずは、KFアーカイブのホームページ上でクリックされシステムをお使い下さい。

 

https://www.kf-a.org

 

KFアーカイブのホームページ

 

KFアーカイブは、音楽家が研鑽したり、研究者が研究したり、愛好家が愛聴したり、思い思いにお使いいただけます。

 

音楽作品の記録[楽譜]、演奏方法の伝承[音源]が電子化され、系譜の発想で整理されますから、作品参照画面である音楽作品に関係する楽譜資料や音源資料を一括参照や比較検討でき、教育・講義・研究などでも有効に活用できます。


私たちは、パブリックドメイン資料を中心に全世界から収集しております。皆さまから音源の寄付を受け付けております。

 

音源資料の収集方針は、録音から半世紀経過した歴史的音源[初出盤やそれに準ずる1940年代後半から60年代前半のLPレコード]、また、文化的価値がある音源[特に音楽史関係やSP・LP時代に活躍した巨匠の録音]です。

 

古典音楽を無償公開するシステムの維持、パブリックドメイン音源のレコードの購入など、KFアーカイブの持続と発展には、皆さまの温かいご理解が不可欠です!

 

皆さまのご支援を心よりお願い申し上げます。

 

 

デュファイの音楽家参照画面

 

 

KFアーカイブでは、全世界の方々が、

貴重な音源や楽譜をクリック一つで聴いて、調べて、楽しめます。

 

KFアーカイブでは、世界各地に散在する古典音楽の第一資料[筆写譜・出版譜・音源]をクリック一つで参照できます。

 

音楽資料に付随する登録情報から様々な径路で到達でき、登録変更など情報管理も容易です。洗練した文化の資料を集成、音源をDSDで保存して、アーカイブを無償公開して、情操教育や研究活動に活用して、古典を現代の社会に還元します。


例えば、バッハのフランス組曲第2番(BWV 813)は、三種の鍵盤楽器[チェンバロ・クラヴィコード・モダンピアノ]で演奏されて比較できます。

また、無伴奏チェロ組曲第3番(BWV 1009)は、異なる演奏者が弾いた音源を並べて聴き比べることができ、音楽家の個性がよく分かります。

 

アンナ・マグダレーナ・バッハの浄書譜[BWV 1009](1720年)
[Berlin, Preuzische Staatsbibliothek, Mus. Ms. Bach P 269]

 

KFアーカイブに資料を登録しますと自動で資料と情報が関連づけられ、所定の位置に所属され、瞬時に共有できます。音楽家の全作品に関連する筆写譜・出版譜・音源などを参照したり、特定の作品に対する演奏家の解釈を楽章ごとに比較したり、レコードを自動で再生したり、クリック一つでシンプルな動きで直観的操作できる情報管理が特色です。

 

KFアーカイブはシンプルなシステムで文化発展の過程を体験でき、芸術家の育成に用い、愛好家が情操を深め、幼稚園から大学院まで教育で活用できます。系譜の発想で歴史の総体を伝承の事実で構成して、データベースを構築する発想は、「音楽系譜学」という新領域を開拓します。哲学・科学・文学など他分野にも適用できる普遍性と発展性がございます。

 

KFアーカイブシステムの有効活用

 

 

系譜の発想により、事物が関連して成立する構造を

全体からも部分からも把握できます。

 

系譜は、事物の関係を考察して、事物の意義を探究する手段です。文化における伝承の関係を結線[リンク]で表示して、人間は結点[ノード]に位置されるネットワークとして、全体を把握しながら、要素に着目できます。


系譜は、人類の文化の起源や変遷を把握する方法です。文化は先行する発想に新しい解釈が付加されて継承されました。大きな激動も小さな変化が集まりです。文化を伝承して変遷する人間の関係を積み重ねて、歴史の総体が見い出されます。


文化の起源を伝承する古典の資料が、伝承の過程を追跡する系譜の地図に配置されます。文化は変種に分岐したり、統合したり、主流に収斂して継承され、偉大な業績にはあらゆる系統が流れ込み成立して、そこから流れ出して発展します。

 

ドメニコ・スカルラッティ[フランスの銅版画](1753年頃)

 

系譜で人間の関係が明瞭になり、著名な人物に冠せられた業績が、無名の人物が担われていた事例が発掘されます。縦軸[世代関係]は時間[師弟関係]、横軸[親族関係]は空間[交友関係]に対応します。巨視的視点[歴史の変遷]が、微視的視点[人生の変化]にも発見され、自己相似構造[フラクタル]で文化の継承が稠密に観察されます。過去に遡り、現代に下り、伝承の連続[関係]や断絶[相違]が直観され、ある発想に一貫する道理を発見できます。


系譜の発想でコンピュータ上にアーカイブを構築して、人類の浩瀚な知的財産の参照が容易になります。情報は使われてこそ、価値を増します。いつでも、どこでも、だれでも、アクセス可能にすることが、KFアーカイブの使命です。

 

モーツァルト一家[Louis Carrogis de Carmontelle画](1763年)

 

 

天才が発見して創造した瞬間を追体験してこそ、

々が発見したり創造したりする原動力となります。

 

古典には数千年の長大な歴史で人類が直面して社会が経験した事件が豊富に記録されますから、現実の事例から探求する機会を提供します。先人の思考や発想があらゆる局面で活かされ、激動の社会を生きる人生の指針となるからです。


古典は異なる観点を提供して、現代を新しい観点で理解できる発想になります。広く見わたして、深く掘り下げて、成熟した意見が形成されるからです。事物の関係に内包する本質を直感して、存在の意義や成立の経緯を深く認識できます。


人類の文化は、伝統の根幹を捉え直して、新規の文化を生む営みです。理性と感性が調和して、高度に洗練した文化は、知性の鋭さと感性の豊かさが互いに深く結び付き、文化を生み出す源泉となり、人間性や創造性を育み続けてきました。


先人が研鑽を積み重ね到り得た極致は古典に結実しました。研鑽の軌跡を丹念に分析して、天才の思考様式や発想方式を体得して、何かを創造し新しい発見する力を養えるからこそ、人類共有の知的財産に普遍的価値がございます。

 

カペー弦楽四重奏団

 

新たな境地を披いてきた天才は、先人の作品や先行の研究などを読み込み、自己の感情や関心で表現する能力を高め続け、ある瞬間に着想を認識して、論理を構築して、表現を洗練させ、後世に語り継がれる業績を打ち立てました。

 

天才の思考は、未知の事象に遭遇すると、既知の経験を経由して、最適な類推を導出します。新境地を開拓する際、類推が閃きとして現われます。古典が記録する天才が思考した過程から、独創が発生した起源を明瞭に把握できます。

 

古典を味わい、創造が開かれます。先人の思考や感激に共感して、真意を機敏に察知する感覚が養われるからです。音楽は限られた音高と符号で構成されますから、多くの解釈を味わう経験が、自らの個性や解釈の素地となり活かされます。

 

KFアーカイブは、文化を一方的に享受する段階を通過して、先人の真意を伝承する活動を実施して、人間の気概や見識を養うことを通じて社会に還元します。揺るぎない意志を有して、隙のない思考を為せる人物へと研鑽できるからです。

 

ショパンのマズルカ[マリラ・ヨナス演奏]

 

 

皆さまとKFアーカイブを日本から世界へ発信してまいりたいです。

 

 

今後とも、一人でも多くの方々が、

人類共通の知的財産を通じて、

 

先人の思考や天才の創造に触れられますよう、

皆さまのお力をお願い申し上げます。

 

 

♪収録音源のご紹介♪

 

『源氏物語絵巻』「鈴虫二」[五島美術館蔵]

(龍笛を奏でる夕霧) 雅楽

 

『観世正本』第九冊「景清」[観世清廉訂正](1910年)

謡曲「景清」[観世元滋]

 

グレゴリオ聖歌 Viderunt omnes[Sankt Gallen 359, 40]

 

ウィリアム・バードのミサ曲集

 

ルイ・クープラン[Bauyn手稿]

 

コレルリのヴァイオリン・ソナタ[作品5](1700年)

 

 

♪支援金使途内訳♪

 

・古典音楽を無償公開するシステムの保守費用・SSLサーバー証明書・メールサーバー料[半年分](862,704円)

 

・音源収集費用(パブリックドメイン音源[LPレコード]の購入)

 

 

♪リターンのご紹介♪

 

 

【3,000円】当法人の会員権と閲覧制限解除のアクセス権[半年分]​

 

▶特定非営利活動法人 KFアーカイブの賛助会員権と一日当たりのダウンロード制限を解除できるアクセス権[半年分]を差し上げます。KFアーカイブシステムに登録された音源をお好きなだけ再生してお楽しみ頂けます。

 

【10,000円】古典音楽を味わう会にご招待

 

▶KFアーカイブの使用方法をご説明します。古典音楽を鑑賞する観点をご提案します。先人の演奏を楽譜に突き合わせながら聴き進めて、感動を与える仕組を発見して鑑賞できます。

 

▶西洋の古典音楽や日本の伝統音楽から、各時代または音楽家ごとに特色あるテーマを選定して、多角的な観点や文化的な要点を通じて、主体的に認識を深めて、音楽を味わい楽しむ集いにご招待します。

 

▶古典の構造を分析して、先人の発想を把握して、人類の文化発展の軌跡を追跡して、人間の思考様式や発想方式を把握する過程をお伝えして、先人の知恵を活用する方法をお話しします。上記の賛助会員権とアクセス権の特典も附属します。

 

【50,000円】 古典音楽を味わう会のリクエスト、または、法人用閲覧制限解除のアクセス権[半年分]

 

▶個人の方からご支援を賜りましたら、「古典音楽を味わう会」のリクエストをお受けします。上記の特典も附属します。


▶法人の方からご支援を賜りましたら、法人全体で使用可能な閲覧制限解除のアクセス権[半年分]を差し上げます。

 

【100,000円】講演会のリクエスト

 

▶企業や団体の方からご支援を賜りましたら、その事業所や営業所に伺いまして、「古典音楽を味わう会」のリクエストをお受けしてお話しします。上記の特典も附属します。

 

▶古典文化や芸術作品の解説に留まらず、現実的なテーマに合わせ、幅広い領域の事例を交えて、人類の文化に内包される人間性や創造性につきましてお話しします。

 

古典音楽では、作り手・担い手・聴き手が共感して真意が伝達されます。人類の文化が成立する根本となる発想への認識が深まります。文化を味わい深めることは、存在意義や社会環境などを問い、分かることを楽しみとすることです。

 

皆さまと末永く親睦を深めたく存じます。

 

平成28年2月29日

特定非営利活動法人 KFアーカイブ会長 中西 泰裕


最新の新着情報