プロジェクト概要

 

東京五輪へ向け伐採された木々をコカリナとして蘇らせ、子ども達とともに美しい音色を奏でたい!

 

こんにちは、NPO法人日本コカリナ協会です。私たちは、木製の楽器「コカリナ」を通じて、地域にとって想いの残る「木」を楽器として復活させる活動をしてきました。

 

これまでにも、東日本大震災で、津波後、火災に巻き込まれた石巻市の松や、陸前高田市で「奇跡の一本松」ただ1本を残して津波に流されてしまった松原の松なども楽器として、これから先も忘れずに残していけるよう、コカリナとして作り、地域の子ども達へ配布してきました。

今回、2020年の東京オリンピックの開催に向け、取り壊された国立競技場周辺の木々が伐採されることとなり、戦前・戦中・戦後と東京を見守ってきた木をただ伐採するのは悲しいと思い、その木を使用したコカリナをつくることとなりました。

 

▲国立競技場千駄ヶ谷門の大ケヤキ

 

樹齢100年を超え、多くの人の思い出の中に残る場所を、これからも忘れずに残していく一つのきっかけとして、小学校を通じて多くの子どもたちへ寄贈していきます。


そこで今回、皆さんからのご支援をいただくことで、その製造数を増やし、より多くの子どもたちへ届けることができるため、クラウドファンディングに挑戦することにしました!どうぞご支援のほど、よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

コカリナとは?

 

 

 

コカリナ(木の笛)はもともと東欧のお土産屋で売られていた民族楽器でした。それを、黒坂黒太郎が、音程・音色を進化させ、楽器として精度を高め「コカリナ」と命名しました。
 

その後、改良が加えられ、多くの音域を演奏できる様々な種類のコカリナが開発され、音楽的にも豊かな表現ができる楽器となっています。

 

また、コカリナは、木だけで作られ、また、さまざまな木から製作できるため、環境保護のシンボルとして、そしてご神木や記念木をコカリナにして、三世代で演奏すつなど町おこし等にも広く活用されています。

 

 

木で作る楽器だからこそ、その制作過程でストーリーがあるのが特徴です。演奏する時にはコカリナそのものに込められた想いを、まるで歌を歌うように込めて演奏されています。

 

 

 

 

木製の楽器だからこそできる、想いを形にのこしてきた活動。

 

1998年の長野オリンピック表彰式でも、演奏されたコカリナ

 

長野オリンピックの時も、オリンピック道路建設のために伐採された木がありました。その木からコカリナをつくり、地元の子ども達が表彰式会場などで演奏しました。

「通学路でいつも見ていた木が伐採され、悲しかった。それがコカリナになって戻ってきてとても嬉しかった。」

多くの子ども達からこのような感想をいただきました。

 

▲1988年1月1日 日本経済新聞より

 

▲長野オリンピックでの演奏

 

 

忘れてはいけない記憶と共に、震災で流された「松」

 

東日本大震災では、石巻市で津波後、火災に巻き込まれた松、そして陸前高田市で「奇跡の一本松」ただ1本を残して津波に流されてしまった高田松原の松たち。

 

そんな被災松をコカリナに蘇らせ、石巻市と陸前高田市の子ども達に約1800本のコカリナとして寄贈しました。

 

▲「石巻アカマツ読売新聞」記事 2011年7月26日

 

2012. 3,11被災松コカリナによる「浜辺の歌」

約80名のコカリナアンサンブルによる被災松コカリナの演奏(於:大賀ホール) 

 

 

3年前から続けてきた「国立競技場の木」の活用

 

2015年1月から国立競技場の建替え工事が始まりました。神宮外苑の森の中にある国立競技場は沢山の樹木に囲まれていました。その樹木は移植も行われましたが、伐採されなければならない木もありました。

 

国立競技場建替えのために伐採される神宮の森の木達も、戦前・戦中・戦後と東京を見守ってきた木です。今回いただいた木は桜、カエデ、松、ケヤキ、椎、樫などの大木で、中には樹齢100年は軽く越えていると思われる大ケヤキもあります。


それらの木は1964年の東京オリンピックだけでなく、その前の1958年アジア大会といった日本のスポーツの発展を陰ながら支えてきた歴史であり、さらには72年前の学徒出陣の声を聞いてきた木達です。

 

2015年には国立競技場の木を使ったはじめてのコカリナができ、国立競技場の近隣校、新宿区立四谷第六小学校、渋谷区立千駄谷小学校の4年生以上の子ども達にコカリナを寄贈し、吹き始められました。

 

その後2018年9月までに、2校以外にも、江東区第四大島小学校、新宿区養護学校の子ども達などに、約1300本のコカリナを送り、子ども達は学校の行事や地元のイベントでコカリナ演奏を披露しています。


また、東京芸術劇場(池袋)・紀尾井ホール(東京)・カーネギーホール(N.Y.)などで開催された「コカリナコンサート」でも子ども達は「国立競技場の木のコカリナ」の演奏を披露しました。

 

▲FUJISANKEI COMMUNICATIONS INTERNATIONAL,INC のページに遷移します。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
▲これまでにも多くの子ども達に届けてきました。

 


なお、このコカリナは、本体は国立競技場の木でできていますが、中栓(吹き口に埋めてある木)には陸前高田市で被災し流された高田松原の松の木を使用し製作しています。被災地の復興を祈念する思いもこれらのコカリナに込めています。
 

 

多くの子ども達が奏でるコカリナの演奏が、これからも思い出を残す一つの形に。

 

東京2020まで2年を切り、もっと多くの子ども達に国立競技場のコカリナを演奏してもらいたいと思い、今回このプロジェクトを企画しました。プロジェクトが実現すれば、これまでの5校に加え、福島の子どもたちにもコカリナを寄贈する予定です。


国立競技場の木は、近隣の子ども達だけでなく、国立競技場や神宮外苑での様々なイベントに参加された多くの方にとって、懐かしい思い出とともに生きてきた木だと思います。

 

2019年9月には江東区ティアラこうとう大ホール、2020年2月には、墨田区すみだトリフォニーホールでのコンサートが決まっています。東京2020へむけて、たくさんの場所で、国立競技場の木の美しい音色を響かせ、多くの方に聴いてもらいたいと思っています。

 

プロジェクト予定

コカリナ完成(予定):2019年5月31日迄 完成予定

制作個数      :500本

寄贈先(予定)   :

新宿区内小学校(3校)、新宿区養護学校、渋谷区内小学校、江東区内小学校、福島県南相馬市小学校等

寄贈後の活動(予定):

2019年9月ティアラこうとう・2020年2月すみだトリフォニーホールで開催されるコカリナコンサートへ出演など

 

日本コカリナ協会HP:http://www.kocarina-k.or.jp/

黒坂黒太郎HP:http://www.kocarina.net/

黒坂黒太郎ブログ:http://blog.goo.ne.jp/kocarina96/

 

 

神宮外苑絵画館前で演奏した様子。後に見えるのは建設中の新国立競技場。

 

 

日本の心を表現した一つの形。世界中の人たちを音楽でおもてなし。

 

2015年から「国立競技場の木のコカリナを吹く会」というものを立ち上げ、約700名のメンバーが国立競技場の木のコカリナを吹いています。このメンバーには、戦中・戦前生まれの方たちで結成されたコカリナ合奏団「LIFE」も含まれています。

子ども達だけでなく、幅広い年齢層のメンバーが、これまでもコンサートや学校や地元のイベント等で演奏しています。
 

東京2020には、世界中からたくさんの人が東京にやってきます。

一度役目を終えた木からつくったコカリナが奏でる音楽は、日本にしかない、「もったいない精神」と、自然を敬う気持ちを形にした「  おもてなし ・・・・・  」になると思っています。

コカリナは子どもからお年寄りまで、だれでも気軽にはじめることのできる楽器です。世代を超えて1つのものを創り上げる経験は、子ども達にとっても得がたいものになると思います。

 

 長野オリンピック以来、長野では多くの方がコカリナを楽しんでくれています。

 

 

リターンのご案内

 

ご支援いただいた皆さんへ、今回つくるコカリナに関わるものをお届けしたいと思っています!一部内容を記載しますので、どうぞご支援・ご声援よろしくお願いします。

 

■黒坂黒太郎、作詞曲の「世界中の友達に平和を」という曲の楽譜

 

■コカリナライブCD

子ども達と一般のコカリナアンサンブルがコンサートで演奏した「世界中の友達に平和を」「大樹の祈り」「歓びの歌」が収録された特別ライブCD

(黒坂黒太郎の直筆サイン付き)

 

■コカリナ演奏のCD
主に国立競技場の木のコカリナを使用して録音したCD「青春の森」(全16曲)

(黒坂黒太郎の直筆サイン付き)

 

■コカリナ
国立競技場の木のソプラノコカリナは、子ども達にプレゼントするものと同じコカリナをお送りします!


■「コカリナ公認講師コンサート」チケットペアご招待券
日時:2019年3月30日(土)開演14時(場所:東京紀尾井ホール)


■あなただけの黒坂黒太郎&矢口周美コンサート
黒坂黒太郎(コカリナ・ギター)と矢口周美(うた・オートハープ)の2名で伺います。

※都内以外の地域は、交通費および宿泊費を別途ご負担いただく場合があります。

※基本的に音響を使用しない会場を想定しています。

※音響設備等が必要な場合は別途費用がかかります。

詳細については、お問い合わせください。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

ご支援マニュアル

 

ご支援方法について、マニュアルを転記しておりますので併せてご利用ください。

■ご支援前のアカウント作成の流れ

メールアドレスでの作成はこちら 

Facebookアカウントでの作成はこちら

 

■ご支援の流れ

こちらをクリック

 


 

問い合わせ先

 

リターン内容や、その他お問い合わせについては以下までご連絡ください。

 

問合せ先:NPO法人日本コカリナ協会

TEL  :03-6909-3383

E-mail :koca@crux.ocn.ne.jp

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)