みなさま、いつも温かいご支援をありがとうございます。

プレイセンターをご存知でしょうか?ニュージーランドで保育園や幼稚園と並んで広く普及した保育機関のひとつで、その特徴は運営から保育までを親が担うというものです。

 

プレイセンター☆こどもスペース四日市は、ニュージーランドのプレイセンター活動をお手本に、体験ひろば☆こどもスペース四日市のミッションに基づき設置された保育プログラムであり、2005年より活動しています。

 

子どもたちが自由に遊ぶ『あそびの場』と、親が子どもの発達やあそびについて学ぶ『まなびの場』から成り立ち、子ども達が、たった一度しかない子ども時代のはじまりの時である乳~幼児期を安心できる環境でより豊かに過ごすために、また親も仲間や子どもと共に育つ喜びを得、ゆっくりと育ち合う関係を築くことをめざした活動です。

 

ウッドデッキ改修工事の間、プレイセンターもお休みでしたが、新しいウッドデッキで初めてのプレイセンターが行われました。

 

0歳児も外へ出て、新しいウッドデッキを堪能したようですよ。

ブログに子どもたちの様子をアップしましたのでぜひご覧ください。

http://yellow.ap.teacup.com/kodomosupesu/1021.html

 

残り日数16日の挑戦となりました。

目標達成のため、あと393,000円が必要です。

わたくしたちの活動に、共感、賛同していただける

皆様からのご支援を心かお待ちしております。

新着情報一覧へ