クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

名古屋市の生活保護世帯の子どもたちに無料の学習会を実施したい

新倉春美

新倉春美

名古屋市の生活保護世帯の子どもたちに無料の学習会を実施したい
支援総額
258,000

目標 120,000円

支援者
47人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
6お気に入り登録6人がお気に入りしています

6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2014年05月17日 12:21

中学生は頑張っています!

みなさま

こんにちは。NPO法人こどもNPOです!

私たちは生活保護家庭の子どもたちを対象とした学習サポート事業を行っています。7月から名古屋市の委託としての学習サポート事業が始まりますが、4月~6月までの自主事業として開催する期間の資金を集めています。今まさしく資金が必要なのです!

学習に来ている子どもたちは、これまであまり学習に対して積極的でなかった子がほとんどですが、高校に行きたい、勉強ができるようになりたい、という気持ちを持って学習に取り組んでいます。以下に現場からのレポートをお届けします!

 

 

4月から英語の基礎からの学習を始めた中3のAちゃん、Bちゃん、中2のCくん。

「be動詞と一般動詞ってなに?どう違うの?」
「3単現のSって聞いたことあるけど、よく分からない!」
など、何となく知ってはいるけれど、使い方が分からないものがたくさんあるようでした。
まずはホワイトボードを使った授業形式で、サポーターと一緒に少しずつ整理をしていき、その後、それぞれ問題に取り組みます。

最初は「やりたくない!」と言っていた子どもたちが、徐々に真剣に、前に出る姿勢に…。
一緒に取り組んでいくことで、お互いに分からないところを教え合う姿も見られるようになっていきました。

5月になって、4月にやった内容の復習をして、次に進もうと始めてみると、今まで定着しきれていなかった部分が定着し、みんなで取り組むまで知らなかった、人称による動詞の使い分けまでできるようになっていました。
終了後、「来週も英語やりたい」と言ったAちゃん。実は始まる前に英語を拒否していました。先々週欠席した為、自信がなかったようです。自分だけ遅れているかもという不安もあったのだと思います。
ですが取り組んでみると、今までにサポーターが説明した部分を自分の言葉で説明できたり、覚えた部分が増えていたりということでやる気が出たようです。

何度も何度も繰り返し、仲間とサポーターと一緒に考えながら取り組み、少しずつ頭の中を整理していく。それとともに少しずつ自信がつき、学習への意欲が高まっていくのだと思います。
「すごく分かりやすい!」と言ってくれる子どもたちと一緒に、サポーターであるわたしたちも日々勉強です。どんな風に説明したら分かりやすいかな、次はこのやり方にしてみようかな…

子どももサポーターも、お互いに学び合い、成長していけたらと思います。

 

 

以上が現場からのポートでした。子どもたちだけでなく、子どもたちと関わる大学生サポーターたちも日々成長しています。まだまだみなさまの力が必要です!ぜひご支援をお願いします!

 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

お礼メール
機関紙最新号

支援者
33人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

上記2点に加え、
こどもNPOオリジナルTシャツ(色はお任せください)
学習サポート見学

支援者
14人
在庫数
5

20,000円(税込)

上記4点に加え、
子どもたちとサポーターからのお礼の寄せ書き色紙

支援者
0人
在庫数
5

プロジェクトの相談をする