プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

 

 

 

日本語指導が必要な子どもは全国に37000人。
ひとりも取り残さず、ITのちからで日本語教育を届けたい! 

 

 

はじめまして。NPO法人青少年自立援助センターの田中宝紀(いき)です。外国にルーツを持つ子どもたちに日本語教育を提供し、18か国・400名を超える子どもの進学をサポートしてきました。

 

全国の公立学校には、日本語がわからない子どもが37000人以上います。(文部科学省2014年)幼少期に海外にいたり、家族との会話が日本語でないためです。授業ではただ座っているだけになり、友達をつくることが難しい。日本語教育が必要な子どものうち7000人は、人手不足から指導が受けられていません。

 

 

このような「言語難民」とも呼べる状況の子どもたちに、日本語の授業を届けたい! そのための、オンライン授業のサイト運用に必要な250万円を集めています。


日本語を勉強したい全国の子どもに機会を提供するため、みなさんの力をどうか貸して下さい。

 

 

きっかけは、フィリピンでひとり暮らしの高校時代。
話しかけられたのが温かかった。

 

小中学校時代いじめに苦しんだ私は、父親の勧めで16歳のとき、単身でフィリピンの公立ハイスクールに留学しました。言葉も文化もわからないフィリピンの田舎で、たったひとりの「外国人」であった私を支えたのは、現地の方々のやさしさとあたたかさでした。一歩町に出れば、見知らぬ誰もが私に声をかけてくれるほどで、安心して過ごすことができました。

 

(海外でひとり暮らしの自分を、支えてくれたフィリピン学生)

 

帰国後、フィリピンにルーツを持つ中学生と出会ったことが、全ての始まりです。彼女は来日後すぐに中学校に転入したものの、日本語がしゃべれずに不登校状態に陥っていました。

 

はじめて垣間見た、日本に暮らす外国にルーツを持つ子どもの現状に、私は衝撃を受けました。あんなにあたたかで、やさしさに溢れたフィリピンからやってきた子どもが、日本でこんなに冷たい環境に置かれているなんて、寂しくてたまらないのではないか、と。そしてこうした子どもたちはきっと、彼女ひとりではないのではないか。

 

そう考えた私は、急ぎその年の内に、外国にルーツを持つ子どもに特化した日本語教育事業を立ち上げました。そしてその事業が原点となり、現在運営している『YSCグローバル・スクール』で、400名を超える子どもたちを支えることができたのです。

 

(YSCグローバル・スクール)

 

「まわりはみんな、敵だと思ってた。でも、日本語ができるようになって、友達だとわかった」

 

そう話すシン君はスクールの卒業生。高校生の男の子です。

 

10才の頃に来日し地域の小学校に入りましたが、日本語がわからない間は、クラスメートが笑っているだけで、自分の悪口を言っているのかと思っていたといいます。言葉がわからないことで、不安がつのり、周りの人を信じられずにいました。

 

シン君は日本語を学び始めると、持ち前の明るい性格も手伝って短期間で友達とのコミュニケーションが取れるようになりました。すると、クラスメートは決して自分の事を馬鹿にしたり、いじめようとしていたのではないことがわかったのです。

 

小学校、中学校と友人に囲まれて過ごしたシン君は、今年の春に高校入試を受け、見事全日制高校に合格することができました。今では高校生として新たなスタートを切り、すでにたくさんの友人と共に高校生活を楽しんでいます。

 

(YSCの卒業生、シン君)

 

(スクールでは、6年間で400名以上の子どもに日本語を教えてきました)

 

 

遠方にいるひとりぼっちの子どもまで、日本語の授業を届けたい

 

昨年、私はREADYFORで困窮家庭・外国人ひとり親家庭の子どもたちのための無償支援枠を創出するプロジェクトを実施しました。プロジェクトは無事に成立し、171名もの方々にご支援いただいたおかげで、18名分の無償枠を創出することができました。

 

しかし、私たちのスクールは調布よりさらに西にあり、簡単に通えない子どもがいます。週6日、往復2時間かけて通う子どもがいたり、交通費から通学を断念する子どももいます。どうしたら、スクールに通えない子どもまで授業を届けられるでしょう?

 

オンラインで授業ができれば、日本中にいる7,000人の無支援の言語難民の子どもに授業を届けられます。さらに、オンラインならコストが少ないので、予算の限られた自治体でも導入が可能です。

 

 

そこで今回導入したいのが、オンラインライブ授業のNICO WEB(ニコウェブ)です。

 

 

教わる機会のなかった子どもまで、授業を届けるNICO WEB 

 

NICO WEBでは、画面越しに先生と直接話しながら日本語を学べます。遠方の子どもたちは、YSCグローバル・スクールで同時刻に行われている授業を受講します。

 

(日本語授業をリアルタイムで配信します)

 

YSCグローバル・スクールには上図のようにパソコンが2台あり、スクールの生徒、先生が、遠方の子どもと顔を合わせて会話できます。受動的に配信を見るのと違い、質問や会話のやり取りができるため集中が続きやすいです。

 

NICO WEBは、子どもの居場所にもなります。日本語がしゃべれずにひとりぼっちだった子どもが、日本語を学ぼうとする仲間と顔を合わせて一緒に勉強できるからです。

 

(遠方の子どもが、教室にいる先生・生徒と顔を合わせて学べます)

 

NICO WEBでは、子どもたちに以下のような授業を提供します。

 

<実施内容>

 

1)日本語授業のライブ配信

・高校進学準備プログラム(公立高校進学のための入試対策および放課後学習プログラム) 週5日、最長10ヶ月

など

 

2)授業のアーカイブ化

授業を録画し、欠席した際のキャッチアップに。

 

3)その他

・子どもや支援者が交流できるSNSを設け、生活環境の改善をサポート。

・外国人保護者や支援者を対象とした専門家によるオンライン対面相談。

 

このNICO WEBの開発、運営費用の総額は700万円。助成財団への申請などを通して資金調達を行っており、あと250万円が必要です。

 

<資金の利用用途内訳>

 

オンラインプラットフォーム構築 50万円(全体の一部)

機材購入 70万円

交通費(導入・運用サポート/現地調査) 34万円

人件費(ウェブサポート、広報等) 96万円

 

無支援状態で苦しんでいる、ひとりでも多くの子どもたちに、1日も早く十分な教育機会を提供するために、スタートアップの資金が必要なのです。

 

 

言葉がわかれば、日本と世界をつなぐ人になれる

 

(外国にルーツを持つ子どもたちと共に、多様性が豊かさとなる社会をつくりたい)

今回のプロジェクトを通して、専門家による日本語教育機会が提供されれば、日本語も勉強もわからず、教室でただ座っているしかなかった外国にルーツを持つ子どもたちが、スムーズに学校生活に適応することができるようになります。

 

また、同じ境遇の仲間との出会いは孤独感を和らげ、不登校に陥りやすいと言われている子どもたちの心を支えてくれるでしょう。

 

こうして外国にルーツを持つ子どもたちが、元気に安心して日本の学校で学びつづけることができるようになれば、将来、2言語以上を操り、日本と海外とをつなぐ架け橋として活躍することができる可能性が高まります。

 

インターネットを活用したこのプロジェクトは、これまで予算や人材が不足していることで言語難民の子どもたちを支えることができなかった自治体や学校にとっては、低価格で質の高い支援を実現するきっかけにもなり得ます。

 

この支援モデルを確立し、波及させることで、日本国内に暮らす日本語指導を必要としている全ての子どもたちに、適切な支援機会を提供することができるようになるかもしれません。今回のプロジェクトを、無支援状態の外国にルーツを持つ子どもたちをゼロにするための、大切な第一歩にしたい。そう強く願っています。

 

(生徒のアナ・マリーさん「夢は、日本の銀行で働くこと」)

 

 

リターン

 

 

■3,000円

【子どもたちからのありがとう】

子どもからのサンクスメッセージをメールにてお送りします。メッセージが送れるのも、頂いた支援のおかげです。

 

 

 

■10,000円

【卒業式へご招待&カフェ・ドゥ・ジャルダンのカステラ】

3,000円のリターンに加えて、

①スイーツの名店”カフェ・ドゥ・ジャルダン

オリジナル「アメリカンカステラ5個入り」をお送りします。私たちのスクールのある福生(ふっさ)で生まれた絶品カステラです。

②7月に行われる子どもたちとの終業式にご招待します。(都内です、交通費はご負担ください)

 

 

 

■30,000円

【NICO WEBで、授業参観!】

10,000円のリターンに加えて、

①実際に子どもたちが受けている授業にNICO WEBを通して体験参加できます。

子どもたちの会話練習をサポートしてください。

②復興支援として熊本県内の名産品1点をお送りします。

 

 

■50,000円

【NICO PROJECTアンバサダーパッケージ】

30,000円のリターンに加えて、

①今回の企画資料、そして言語難民に関する現状と課題を、

現場のデータや写真と共にまとめた特別リーフレットをご提供します。

②NICO WEBトップページにお名前orバナーを掲載します。

 

 

■100,000円

【支援者のあなたが記事になる】

50,000円のリターンに加えて、

①このプロジェクト新着情報内で、リターン購入者様または企業様をご紹介します!

②プロジェクト実行者、田中との対談およびその様子を記事化します。

言語難民の子どもたちへの支援実績になります。

 

上記以外にも、ご支援が全てNICOプロジェクトのために使われるコースもご用意しております。(10,000円、30,000円、50,000円、100,000円)

 

 


最新の新着情報