プロジェクト概要

ボストンにいる日本のママに楽しく安心して出産できる母子手帳を作りたい!

 

初めまして、NPO法人「mama's hug」の山本加世と申します。今までベビーマッサージを通じて多くの人にTouchの普及活動を行っております。夫の転勤でボストンに生活をすることになり、現地で「ボストンマタニティーサポートグループ」に所属しています。そこで初めて知ったのはアメリカには母子手帳がないこと。ボストンに住んでいる日本人のママたちのために母子手帳を作りたいです。

 

しかし、初期のデザイン・印刷費などの費用が足りません。海外にいる日本人のママが安心して出産・育児するため、皆様のご支援いただけないでしょうか。

 

(ママたちが安心して出産するため活動しています。)

 

ボストンにいる日本人のママ達に特製の母子手帳を提供したい!

 

母子手帳は胎児の様子や妊娠の経緯の記録のほか、予防接種や病歴、なによりこどもの成長の証でもあります。妊娠が分かってから子どもが中学生になるまで必要となります。アメリカでは母子手帳は必需品じゃあないのです。病院にリクエストすれば、データーを提出してくれますし、すべてオンラインで記録されているのです。でもプリントアウトしたものは一つにまとめていても、紛失をしてしまったり、日本に帰って、次の妊娠の際に状況がわかりにくく、困るらしいのです。

 

現在海外渡航者向けの母子手帳はありますが、私は記録だけではなく、日本とアメリカの違いや、アメリカで受けられるサービスや常識などを入れ、そして私が所属する日本の団体の得意分野でもある、Touchの技術を加えた、不安を笑顔に変えられるような母子手帳をボストンに住んでいる日本人のママ達のために作りたいと考えました。

 

しかし、初期のフォーマットデザイン代と印刷費がすべて自ら捻出ことが難しいです。皆様のご支援をお待ちしております。

 

(ママ達がTouchの良さを体感している様子です。)

 

今までの経験を活かし、アメリカに短期在住の日本人のママたちをサポートしたい!

 

夫の赴任でボストンに来て、この場所で何をしようかと考えました。Touchを伝えることは当たり前のことだったのですが、ここにいる日本人のママが何が困って、どんなものが欲しいかのリクエストを得るために「ボストンマタニティーサポートグループ」に所属をして活動を始めました。

 

まず最初にびっくりしたのは「母子手帳がない!!」という事実。でも正直当たり前のように手にしている私にとってはあまり重大さがわかっていなかったのですが、病院では、頼めば記録を紙でもらえるというものの、どのような妊娠期を迎えて、胎児の大きさ、健康状態がわからず、出産してからは予防接種の記録がなかったり、なによりほかの子供と(日本の)同じようなものを残せないという声がありました。

 

私が住んでいるブルックラインという街は病院街で、世界中のお医者さんがここで研究をするために留学をしてきます。なので、日本人でも永住や転勤のように長い時間をここで過ごさない人が多く、だいたいが2.3年という短い期間です。

 

そして、その短い間に妊娠、出産をまだ慣れないアメリカで経験する人が多いのです。アメリカでのサポートや病院のアポイントの取り方、出産までのプロセス、この土地での常識、日本から親の呼び寄せなど、知る事だけでも安心することがたくさんありますし、受けられるサポートもあります。日本人のママ達に楽しく海外での出産をして、日本に帰っても困らない記録だけではない、親子のへその緒のような繋がる母子手帳を作りたい!

 

(産まれる前のマタニティーTouchを行う様子です。)

 

Touchの技術について

 

私たちが伝えているTouchは昔で言う「痛いの痛いのとんでいけ~」という迷信を「脳科学・皮膚科学・心理学」を総合させたオリジナルの「Touch学」をベースに医学的にも意味があることを伝えるためにデザインしました。そしてベビー向け・キッズ向け・マタニティー向け・思春期向けのタッチケアを作り、インストラクターの輩出もしています。

 

産まれる前のマタニティーTouchでは妊娠時の不快や不安の軽減、出産時の痛みや出産後の不安や痛みなどに変化を出しています。ベビーのTouchは夜泣き、便秘、肌トラブルの改善に役立ちます。あとママにも気持ちの余裕が生まれて子育ての不安やストレスからも解放さらます。

 

母子手帳にはこのTouchケアについて記載します。それにより妊娠時期からTouchケアを知ることで、ママの気持ちに余裕をもちながら、あかちゃんを迎える準備をすることができます。

 

(ママ達がベビーマッサージを勉強しています。)

 

ボストンにいる日本人のママ500人に母子手帳を届きます。

 

現地の産婦人科の医師・助産師・の協力の下必要な情報を収集、実際に現在妊娠中、出産後のママのリクエストを募る。それにmama's hugの経験からくる知識をたっぷり入れます。配給は協力をお願いしている日系スーパーや店舗での無料配布を考えています。(未交渉)

 

母子手帳に記載予定コンテンツ

 

・日本語訳のついた問診票(自分の状態を伝えられるように)

・アメリカの病院でリクエストできるサービス

・アメリカの出産常識や用語

・公的機関へのTo doリスト

・病院の予約の取り方

・入院、出産までの流れ

・病院のシステム

・アメリカでの帝王切開

・産前産後のママのケア(タッチケアなど)

・パパができるヘルプ

・ボストンでの日本人サークル・サービス・ヘルプ

・スーパーの特徴と出産までの買い物リスト

・公園リスト

・ナーサリー・お稽古などのスクール情報

 

現在のラフです。

 

引換券について

 

インカ社オーガニックホホバオイル

mama's hugではベビーマッサージの時にこのオイルを使用しています。皮膚を清浄にして傷やトラブルから修復してくれ家族のTouchの大きな味方となるオイルです。

 

 

 

mama's hugオリジナルキャンドル

私たちの地元小田原のキャンドル作家la forêt verte さんに私たちの活動をイメージして作ってもらいました。

 

 

ボストンレッドソックスワールドシリーズ記念ボール

2013年ワールドシリーズ優勝記念ボール