一般社団法人KunKunの代表、田中さんの活動には以前よりとても感銘を受けていました。温かく心和む表現を通して伝えるメッセージは、小さなお子さんにも届く、優しくて前向きな発信です。

 

人と動物が幸せに共生できる穏やかで平和な社会は、愛と思いやりによって築くことができるのだと思います。


一人一人が、そのことに気づくことができたら、大切な命を守れるやさしい社会が実現できるはず。
そして、社会の中で弱い立場である動物たちを、傷みと苦しみと悲しみから守ってあげられるはずです。

 

このプロジェクトは、そんなやさしい社会の実現に貢献してくれる素晴らしいものだと思います。

 

 

実は、迷子になってしまった犬や猫を探さない人が大変多いのです。特に自然の豊かな地方では、「そのうち帰ってくるだろう」と、のんびり構えている飼い主さんが多いようです。中には、探し方がわからない、という人もいて、対応が遅れてしまう場合もあります。


自治体によって迷子の保管・公示期間は異なりますが、収容可能頭数を超えてしまうと殺処分になってしまうことも。それが故に一刻も早い対応が求められます。

そんな最悪の事態は絶対に避けなければいけないし、飼い主として、その命を守る責任と義務があります。

 

残念なことに、毎年発表されている殺処分数には、迷子と思われる犬や猫たちもたくさんいるのです。
このような悲劇を招かないためには、飼い主さんがしっかりと知識を持ち、適切な行動を取れるように備えておかなければなりません。

 

このプロジェクトが、多くの皆さんの支持を得て、動物たちの尊い命を守るために広く活用されることを心から願っています。

 

杉本 彩

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ