この新着情報ページでは、概要ページで掲載しきれなかった本書寄稿予定者の情報を一部公開させていただきます。

 

六人目は、現役学生の部で寄稿予定、超行動派休学生の草原さんです!

(2018年3月、アフリカ一人旅、エチオピアにて撮影)

 

名前:草原 美咲(大阪工業大学工学部応用科学化学科4年次3年)

 

~「自分の進路が分からない」だから私は休学を選んだ~

 

はじめまして!学生寄稿予定者の草原美咲です。

私は大学2年生のときに自分の卒業後の進路に迷ったこと、また台湾の大学へ1週間訪れ英語は学問ではなくツールであると痛感したことがきっかけで休学を決めました。

休学中は留学を叶え英語を学んだ後、アジア、アフリカを中心に周り国際協力を学ぶ、様々な働き方を見にいく旅をしました。

そして現在では元々所属していたNPO法人World   Theater Projectに戻り、自分なりの国際協力との関わり方、将来どう生きて生きたいかを見つけ、自身のやりたいことを叶えるため団体を立ち上げその活動に励んでいます!

 

−本書を通して伝えたい経験や想い、意気込み等

私は多くの人は周りが大学行くから大学行こう、周りが就活し始めたから就活しようと何故そうするのか自分で考えないまま進路を決めているのではないかと感じています。

学生時代に自分がどうしてもやりたいことはないですか?学びたいことはないですか?自分の目で見て、確かめてみたいことはありませんか?

私はありました。そして休学中に全て叶えました。

学生という時間の価値に気付けていない学生がたくさんいると感じます。学生は自分のやりたいことを叶えるチャンスがたくさん詰まった期間です。

もう一度学生という時間の使い方を見直してほしい、時間が足りないなら休学を考えてみてはどうか。だから休学という選択肢を伝えたいです。

これらを私の実際叶えたこと、叶えて感じ、学んだことを交えて伝えたいです。

 

−最後に一言

私は本書を読むことで自分の進路を自分自身で考え、選択し、行動し、自分が納得する進路に進める人が増えると考えています。「休学という選択肢を持っていたら・・・」と後から後悔する前に休学という選択肢をどうしても伝えたいです

共感してくださいましたら是非、こ協力お願い致します。

新着情報一覧へ