READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

地域活性化の鍵はこどもたち!商店街でリアルな職業体験を!

町田 佳路

町田 佳路

地域活性化の鍵はこどもたち!商店街でリアルな職業体験を!
支援総額
207,000

目標 200,000円

支援者
22人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
6お気に入り登録6人がお気に入りしています

6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2014年05月15日 21:48

僕の大事なおじさん

母の日、久しぶりに実家に帰りました。
実家に帰るといつも思い出すことがあります。
 

それは僕が「まち」を考えるきっかけになった大事なおじさんです。
 

そのおじさんは近所に住む、僕が所属する野球チームのコーチでした、
ご存知かと思いますが、少年野球のチームって
みな近所のお父さんたちがボランティアでやってますよね。
そんな土日の野球だけに限らず、そのおじさんは僕と僕の兄弟、
そしてその友達に毎週プールを教えてくれていました。
 

毎週、おじさんの仕事が終わる時間にプールに集合し、
2時間弱、水泳を教えてくれました、4年くらいでしょうか。
 

当時はだいたいクラスの半分以上が
有料の水泳教室に通っているような状態でした。
でも、僕らはタダで教えてもらっていました、
 

最初は下手でしたが、気づけば学年で2番目に早くなっていました。
もちろん僕にかぎらず、みなそれくらいに上達していました。
 

このおじさんが小学校を卒業するときに僕に言いました。
「俺が教えてあげられるのは、ここまでだ。
これ以上うまくなりたければ、ちゃんとした先生のところに行きなさい」
と。
 

その時はよくわかりませんでした、
でも今になって分かります。
 

こういうキッカケを子どもたちに与えていく。
その中で自分の力を知っていて、
出来ることをでっかく見せずにありのままに伝える。
 

結局、僕はプールは辞めました、
それはきっとプールが好きなんじゃなくて、
そのおじさんが好きだったんだと。
 

そういう風景、まちにいっぱいにならないかなというのが僕の思いです。
 

今でも思い出すんですよね、
そのおじさんの声とか水着姿とか、怒られた姿とか。。
 

そういうきっかけにこの「リトルアキナイ」がなっていくといいなと思っています。


今日は写真はありません。
それでも覚えてることってみなさん、ありませんか??

一覧に戻る

リターン

3,000

■「リトルアキナイ銀行券」の裏側にメッセージを頂きます。そのメッセージが子どもたちの誰かに届きます。支援者さまの名前入りです。
■お礼のお手紙を大森コレカラカイギよりお届けいたします。
■支援者さま用のメーリングリスト登録と定期的な進捗状況のアップデートを行います。

支援者
9人
在庫数
21

5,000

3,000円に加えて
■WEBサイトに支援者様のお名前を記載させて頂きます。

支援者
6人
在庫数
24

10,000

5,000円に加えて
■夏より制作予定のイベントオリジナルムービーの最後に支援者様のお名前を記載させて頂きます。

支援者
10人
在庫数
15

100,000

10,000円に加えて
「リトルアキナイ」イベントをあなたのやって欲しいまちで実現するためのパッケージを提供いたします。ノウハウも全て提供します。

支援者
0人
在庫数
2

プロジェクトの相談をする