このプロジェクトでは継続的な支援を募集しています

多くの猫を幸せにするためのご支援を〜(マンスリーらぶサポ)

多くの猫を幸せにするためのご支援を〜(マンスリーらぶサポ)
このプロジェクトでは無期限で寄付を募集しています。「毎月」のコースで支援した場合、すでに完了した決済をキャンセルすることはできませんが、将来の決済を解約することができます。

マンスリーサポーター総計

55
このプロジェクトでは無期限で寄付を募集しています。「毎月」のコースで支援した場合、すでに完了した決済をキャンセルすることはできませんが、将来の決済を解約することができます。

    https://readyfor.jp/projects/lovelab?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note
2022年10月29日 17:20

【残り2日】サバ白くんのお話。

多くの皆様に応援して頂きまして誠に有り難うございます。

現在挑戦中のクラウドファンディングが残り2日となりました。

第一目標額を達成し、ネクストゴールに向けて頑張っております。

小さな命を救うために、皆様のお力をお貸しください。

宜しくお願い致します。

 

今回は、一昨日に保護されたサバ白くんのお話です。

夜の22時頃にお店の電話が鳴りました。

若い男の子からのご相談でした。

道路に横たわる今にでも息絶えそうな子猫を保護して動物病院に連れて行きました。子猫は重度の低体温症と脱水症状だったそうで獣医さんに治療をしてもらい。子猫は鳴いてフラフラはしているものの歩けるようになりました。

けれど、自分は大学生でペット不可のアパートでどうしてもこの子を飼えないんです。でも、どうしても助けたいんです。と熱い思いを話してくれました。

サバ白くんは大学生が保護して病院に連れて行ってくれなかったら、消えていた命です。大学生の的確な判断がサバ白くんの命を救いました。

私たちの活動は微力ですが、大学生が繋いでくれた命を更に繋ぐためサバ白くんの受け入れを決意いたしました。

 

私たちは、毎日、様々な方々からご相談を受けます。

保護猫を保護し助けたいという、熱いご相談も多くある反面、残念ながら人間の身勝手な理由も多いのが現実です。

正直、私たちはご相談を受けるたびに、胸が熱くなったり悲しくなったりします。その度に私たちの微力さを痛感いたします。

 

私たちの活動は、ゴールが見えない活動です。

日々、小さな命を救い幸せへと繋ぐ事と同時に、望まれない小さな命を無くし保護猫という言葉が無くなる未来へ向かい活動をして参ります。

 

この活動が継続できるように、皆様のあたたかなご支援を宜しくお願い致します。

【ネクストゴール400万円挑戦中!】

プロジェクトページのURLはこちらです。
https://readyfor.jp/projects/love-lab2
残り2日
支援募集終了 2022年10月31日 23:00

 

「人も猫も共に幸せに暮らせること」を日々願いながら活動をしていま

記事をシェアして応援する

    https://readyfor.jp/projects/lovelab/announcements/238875?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

あなたにおすすめのプロジェクト

注目のプロジェクト

もっと見る

新着のプロジェクト

もっと見る