クラウドファンディングとははじめるさがす
寄附型
成立

希望する学校へ社会貢献教育「寄付の教室」を届けたい

大石俊輔(日本ファンドレイジング協会)

大石俊輔(日本ファンドレイジング協会)

希望する学校へ社会貢献教育「寄付の教室」を届けたい
寄附総額
1,960,000

目標 1,500,000円

寄附者
107人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
5お気に入り登録5人がお気に入りしています

終了報告を読む


5お気に入り登録5人がお気に入りしています
2018年08月01日 21:00

#3 応援メッセージ 岡康平さん

社会貢献教育ファシリテータ―であり、青年海外協力隊員としてマラウィに赴任前は、弊協会でも1年間のインターンシップをして頂き、主にこの社会貢献教育の事業作りを一緒に担って頂いた、岡康平さんから応援メッセージを頂きましたのでご紹介いたします!

 

右手前が岡さん

【私の取り組み紹介】
初めまして!青年海外協力隊として、アフリカ・マラウイで活動している岡と申します。私がこれまで関わった社会貢献教育活動に関して、簡単にご紹介させて頂きます。

そもそもとして、学生の頃より、寄付による視野の広がりに楽しみを感じ、この取り組みに関わらせて頂いています。母校の部活動の後輩など、学校の生徒に対して寄付やNPOを知ってもらう・考えてもらう機会を提供しています。

社会との接点がなかなか持てない学生生活において、世の中の課題や、公務員や会社勤めとは異なる生き方があるといった、より視野が広がるきっかけになればと考えながら活動しています。

 

【受講者の感想】
私が「寄付の教室」を行った母校の部活動顧問より以下のような感想をもらいました。

 

普段の勉強会ではめったに質問が出ないが、今回の講義では質問が出たり、個別に聞きに行く生徒がいて驚いた。普段あまり見せないが、将来、世の中のために何かしたいと考えている生徒は多いのだと気づくことができた。

 

【アクションを起こしたいと思う子どもたちを増やした】
生徒の感想文を読み、多くの生徒が社会課題に対して何かしたいと思っていることを実感しました。また、少額でもできる寄付や、自分は何らかのアクションを起こすだけで、寄付が生じる仕組みがあることを知ってもらい、「明日から~をして自分も力になりたい。」といった意見をよく目にしました。

取り組みを通じて、世の中のことを知りたい・関わりたい・力になりたいといった思いを知り、このような取り組みがますます広まればと感じています。

一覧に戻る

ギフト

5,000円(税込)

「寄付の教室」を作るのはあなたです。応援サポーター募集!

■社会貢献教育事業年次レポートの送付

寄附者
57人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年6月

10,000円(税込)

歓迎!あなたも今日から「寄付の教室」応援団員メンバー!

■社会貢献教育事業年次レポートの送付
■現場見学へのご招待
※別途日時や定員等々は調整させていただきます。
※現場見学が一部不可能な場合もございますので、予めご了承ください。
※見学先までの交通費等々は別途ご負担ください。

寄附者
41人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年6月

30,000円(税込)

エールを送ろう!あなたは今日から「寄付の教室」応援団長

■社会貢献教育事業年次レポートの送付
■現場見学へのご招待
※別途日時や定員等々は調整させていただきます。
※現場見学が一部不可能な場合もございますので、予めご了承ください。
※見学先までの交通費等々は別途ご負担ください。
■開催校の子どもたちからの御礼のメッセージと開催報告の送付

寄附者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年6月

100,000円(税込)

いよいよ「寄付の教室」愛され校長先生に

■社会貢献教育事業年次レポートの送付
■現場見学へのご招待と授業内でのご挨拶
※別途日時や定員等々は調整させていただきます。
※現場見学が一部不可能な場合もございますので、予めご了承ください。
※見学先までの交通費等々は別途ご負担ください。
※授業内でのご挨拶について遠方につき、参加が難しい場合には別途お名前といただいたメッセージとお写真をご紹介いたします。(ご希望の場合)
■開催校の子どもたちからの御礼のメッセージと開催報告の送付

寄附者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年6月

1,000,000円(税込)

社会貢献教育の英雄「寄付の教室」LbGレジェンド

■社会貢献教育事業年次レポートの送付
■現場見学へのご招待と授業内でのご挨拶
※別途日時や定員等々は調整させていただきます。
※現場見学が一部不可能な場合もございますので、予めご了承ください。
※見学先までの交通費等々は別途ご負担ください。
※授業内でのご挨拶について遠方につき、参加が難しい場合には別途お名前といただいたメッセージとお写真をご紹介いたします。(ご希望の場合)
■開催校の子どもたちからの御礼のメッセージと開催報告の送付
■Learning by Giving(LbG)プログラム(25時間相当)を学校に届け、生徒たちがご寄付の一部をNPOへ寄付
■LbGの授業及び、寄付贈呈式にご招待
■代表理事・鵜尾により社会貢献教育に関する講演(60分相当)

寄附者
0人
在庫数
2
発送予定
2019年6月

プロジェクトの相談をする