こんばんは。しまこみ編集部です。

釣りというと欠かせないのが釣り道具。

ルアーで言うところのタックルというやつです。

 

 

 

タックルの話というのは釣りを楽しむうえでは必須のジャンルです。

私の場合はタックルに関しての方向性がちょっと変わっているのですが・・・

 

たとえばロッドについては折れた竿からガイドリング(SiCというちょっとよいもの)を取り外して、安いけど折れにくい竿に移植したり、普通は使わない10ft(約3m)長さのエギングロッドを使ったりという具合です。

天邪鬼な部分がありますね・・・。

 

 

 

あと、最新の高級リールよりも古いリール(オールドリール)に萌えたりですね・・・

そんな調子で作品に生かせるのか?というのはあります(汗)

 

 

ただ、タックル選びは「魚の側から考える」という私なりの鉄則があります。

 

 

たとえば近年ではPEラインというポリエチレン製の伸びが少ない感度の良いラインがルアーの主力となりつつあります。

糸は細いのでよく飛ぶといわれていますし、伸びがないのでルアーがダイレクトに動くという利点もあります。

 

一方で従来のナイロンラインはなんとなく初心者向けのイメージがありますが、実はナイロンなりの利点も多く、魚の側から考えたときに良い面もたくさんあるのです。

 

たとえば沖縄だとマゴチやオオクチユゴイのように激しいヘッドシェイクをする魚では、伸びが少ないPEラインでは対応が難しく、多少の伸びがあるナイロンラインのほうが勝手が良い場合もあります。

 

飛距離に関しては同じ強さならばPEラインのほうが細くて飛ぶのですが、風にあおられやすいという弱点もあったりします。

力任せでキャスティングが上手くできていない中堅アングラーも結構多く、糸の種類以前の問題という事もありますから、一度キャスティングを見直すのも良いかもしれません。

 

ルアーの選択に関しても「これが釣れる」という情報よりも「なぜ効果的なのか」を考えることが多く、さらには魚の生態からルアーをチョイスするというのも、私なりのこだわりであり、釣り漫画の物語の骨組みとして描きたい分野です。

魚や自然のことを深く知ることで、釣りという遊びがさらに豊かになります。もちろんタックルを買いあさるという楽しみもありますけどね(笑)

 

 

初心者からマニアまで「なるほど、そういう発想があったか」と思える情報満載の釣り漫画として描いていきたいと思います。

 

おかげさまで現在47%、残り16日のチャレンジとなりました。

皆様のご支援、よろしくお願いいたします!

新着情報一覧へ