しまこみ編集部です。

ハンドメイドルアー製作の続きです。

 

 

下地作りで5回コーティングしたあと

 

 

艶々になります。

これの背中にペーパーナイフで刻みを入れて

 

 

真っ黒に塗ります。

乾燥したらペーパー掛けすると

 

背中に鱗模様が浮き上がります。

 

コーティング材に干渉しない塗料を塗って、専用の薄め液でふき取る方法もあります。ガンプラの墨入れの方法ですね。

若干黒い部分が残っていますが、ダメージ受けている小魚っぽくなるので残していてもOKです。

 

 

ルアーの形をトレースしたアルミのダクトテープを

 

 

ボディに貼り付けます。

親指の腹や、ハサミのグリップなど滑らかなプラスチック部品でこすると綺麗に張れます。

以前は薄いアルミはくを使っていましたが、難しいわりにメリットが少ないので、最近からダクトテープを活用しています。

 

 

貼ったアルミにペーパーナイフできざみを入れて、鱗模様を再現します。

 

 

 

ただの木片が魚みたくなってきていませんか?

さらにコーティングと塗装を繰り返し、より魚らしく仕上げていきます。

新着情報一覧へ