活動実行可能額まで残り376,000円になりました!残り12日!



English senteces are below

*************************

 はじめまして。私の名前はナマラ・アレン・ジャゲンダです。ナンサナ自治区の議員を務めています。

現在はマトブ財団のWomen Empowerment Projectにも関わっており、この活動は今私たちが向き合っている最も重要な問題に直接的に影響を与えると信じています。



 リーダーとして、母として、妻として、そして働く女性として私がなぜこの活動に携わっているか、またなぜこの活動が私たちの地域にとって重要なのかをこの場で皆さんにお伝えしたいと思います。



 このプロジェクトの目的は女性たちの可能性を高め、小規模ビジネスを通して企業家になるための教育の中で彼女たちの才能を評価することにあります。



 私は女性のリーダーとして、人生を諦めた女性たちを多く見てきました。そして、この事は私を日々悩ませています。これらの問題は無限にあり、家賃の滞納、健康問題、家庭内暴力、子供たちの教育費問題などです。

そんなシングルマザーたちにたとえ十分なお金を渡したとしても、絶望の底にいる彼女たちを日々の心の傷から解放することは出来ないとみなさんは知るでしょう。



 私たちは政府へ地方自治体の発展のための構想を訴えて来ましたが、まだ実現には至っていません。私がマトブ財団のシングルマザーたちへの取り組み知ってから関係を築くのには時間はかかりませんでした。理由は簡単です。



1.私自身が女性であり、様々なプログラムで地域の女性たちを力付けることが出来る立場にあるということ。



2.リーダーとして日々彼女たちのような女性に関わる機会があり、彼女たちがこれらの問題で私を頼ってくれているにも関わらず全ての問題を解決出来ていないことにいつも心を痛めていたため。



3.ナンサナ地区のシングルマザーの置かれている状況が日々深刻になり、地元テレビ局にて多くのストーリーが紹介されるようになっているらしいということ。



4.私自身が母であり妻であり、子供たちを養えないことがどれだけの失望を与えるかを知っているため。



5.私の家族と夫は家庭を持ちながら働くという私の決断をとても尊重してくれています。このことは家族の絆をより強め、地域における女性の立場を向上することに繋がります。なぜなら、もし女性が男性と同じ立場に立つことが出来れば互いに尊敬し合う環境をつくることができ、これこそがこのプロジェクトの目指すものでもあります。



6.私たちはすでにいくつかの家庭で活動を実践しており、良い結果が出ています。私個人の政治活動の一環として2年前に10の家庭への支援を行い、現在彼らはそれを資金として生活することが出来ています。

私はマトブ財団の活動が良い成果を出し、さらに大きな影響を与える事が出来ると確信しています。



 私が最後にみなさんに伝えたいことは、地域社会をより良くするために『問題が起きていることを当たり前だと思わない』ということが成功に繋がるということです。私たちはより大きな問題解決ができ、強く、そして高度なスキルを持った女性たちを必要としており、そのためには彼女たちが経済的な支援を必要としていることを明確にしなければなりません。

 そのためにはマトブ財団がプロジェクトの実施試験を出来るよう多くの人に声を大にして呼びかける必要があります。みなさんの支援がこの活動を成功に導いていることに心から感謝します。



最後までお読みいただきありがとうございました。



ウガンダ共和国

ワキソ県ナンサナ自治区議員

ナマラ・アレン・ジャゲンダ



************************



Hello Everyone, my name is Namala Allen Gyagenda, a Councillor at Nansana Municipality. I also work closely with the Matovu Foundation on this Women Empowerment Project and I do believe that the design of the program directly tackles the most placing problems that we are currently facing.

 

As a leader, a mother, a wife, and a business woman; I would like to share with you the reasons why I joined this cause and why I think it is very important for our community;

 

This project is designed to help women enrich their potential and recognize their talents while grooming them into becoming entrepreneurs through small scale businesses.

 

Being a female leader, I receive hopeless women who have nearly given up on life and this bothers me every single day. There problems are unlimited; failure to pay rent, their poor health conditions, mistreatment due to domestic violence, lack of school fees for kids etc etc and sometimes I fail to respond to some of them. You see a very desperate single mother whom even if you give some good amount of money, cannot take away the daily pain she is having at heart.

 

We have tried to call upon the government to develop these communal development schemes but this has not happened yet. When I learnt about The Matovu Foundation’s approach to supporting these mothers, it was very easy for me to connect with the cause because;

1. I am a woman so I easily connect with any program designed to empower women like myself in the community.

2. Secondly, as a leader, I do receive these women on a daily basis and I always feel bad because however much they trust me with their problems, I can hardly solve all their problems.

3. Third, the situation of single mothers in Nansana is becoming worse every single day and apparently, many of these stories are even covered by local TV stations to address the problem.

4. Forth, I am a mother and a wife, I know what it feels to fail to provide to children and the frustration it come with.

5. I am a business woman and even though I am married, I also make decisions in my home and my husband respect me so much. One of the ways to even improve family relations is actually to uplift the status of women in the community because if they can sit on the same table with men, then it sets grounds for mutual respect and this is what this project is trying to achieve.  

6. Lastly, we have tried this approach in very few homes and it has actually worked. Personally, during my political campaigns, I supported 10 families and even today as I write this, they are living on the capital I provided two years ago and when I look at The Matovu Foundation’s project, I am confident that it is designed very well and will even have a bigger impact.  

 

I therefore conclude by saying that a major part of success involves ‘never setting for less’ In order to improve our communities, we need women who are strong, skilled, and able to solve a bigger part of their problems and we shall realize this if we empower them financially. I therefore call upon everyone out there to support The Matovu Foundation secure the fund for the pilot project and your support towards making this project successful is sincerely appreciated.

 

Thank you so much for reading this.

Councillor Namala Allen Gyagenda,

Nansana Municipality, Wakiso, Uganda.


新着情報一覧へ