MECPの撮影・スタッフを担当しております、金井です。 
他のメンバーとは違い私は一般の私大に通っており、楽器においては一切学んだことがありません。 
各回約2時間というわずかな時間に何をしたか、何が起きたかをデータに残す事が私の役目です。 

 

写真は記録であり、記憶の断片です。 
良くも悪くも簡単に歪められ、「過去」を伝えるのみです。 

音楽も同様に記録であり、記憶の断片ですがしかし、 
同じ空間を共有することで演奏者の「今」を伝えることができます。 
このことだけは紛れもないほんとうだとシャッターを切るたびに感じています。 

 

現在は端末さえあれば誰でも動画や写真を瞬時に拡散できる時代ではありますが 

ライヒの記憶、歴史の断片を今の若者がつなぐ姿を 

より克明に皆様にお伝えできるよう微力ながら精進して参ります。 

 

このプロジェクトが達成されるよう、引き続き温かいご支援ご協力をお願い致します。