READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

地雷の国カンボジアを薬草の国へ! 小学校に薬草園を作って村を救いたい!

高田忠典 CaTHA(カンボジア伝統医療師協会)

高田忠典 CaTHA(カンボジア伝統医療師協会)

地雷の国カンボジアを薬草の国へ! 小学校に薬草園を作って村を救いたい!

支援総額

770,000

目標金額 532,665円

支援者
54人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
9お気に入り登録9人がお気に入りしています

9お気に入り登録9人がお気に入りしています
2013年11月11日 18:59

カンボジア伝統医療ってなに?

遺跡のジャンルで「世界遺産アンコールワット」の知名度は、ピラミットに続く世界第2位。アジアで言えばダントツ1位と言えるのではないでしょうか。カンボジアがどこにあるかは知らなくても、アンコールワットの名前は知っている、という人も多いのではないでしょうか。アンコールワットの他にもプレアビヒア寺院群も世界遺産に登録されていてクメール帝国の栄華を今に伝えています。

「いやいや、カンボジアの歴史は、そんな華やかなだけじゃないんだよ。」と呟くあなたはカンボジアの良き理解者です。200年に渡り植民地時代にあり、1970年代後半からはクメールルージュに始まり1990年代後半まで続いた長い内戦時代を経験しています。

「その他、カンボジアと言えば、伝統舞踊、影絵、シルク、陶器。。」。そこまで言われてしまったら私もお手上げです。あなたは真のカンボジア通と言えるでしょう。

Q:では、カンボジアの「伝統医療」をご存知ですか?

A:はい、お答えしましょう。

一般に「世界3大伝統医学」と呼ばれているものがあります。中国伝統医学、インドのアーユルヴェーダー医学、アラブ圏のユナニ医学 の3つです。世界中にある伝統医学は、この3つのいずれかの影響を受け派生していると言われています。例えば日本の伝統医学「漢方」も、中国伝統医学が、5世紀に大陸から日本に伝わり日本で独自に発展したものです。

カンボジア伝統医学は、アンコール王朝時代(9~15世紀)に、当時交易が盛んだった南アジアから伝わったアーユルヴェーダー医学と、地勢的に中国医学を吸収し、そして土着の信仰や仏教の儀礼と融合し独自に発展されてきたものです。クメール帝国最盛期には、当時の支配地域(現在でいうインドシナ全域)に102カ所の病院が設けられた事が伝えられています。したがって現在のタイ、ミャンマー、ラオス、ベトナム南部には、カンボジアと大変似た体系の伝統医療があります。

カンボジア伝統医療の中にも、日本でも知名度のあるタイの伝統医療と同じように、マッサージ療法や蒸気療法もありますが、一番用いられているのは、熱帯の天然資源(おもに薬用植物)を原料とした煎じ薬や、薬用酒、塗り薬、を使った薬餌療法です。

クメール帝国時代から長きに渡って、これらの伝統医療の知識を伝承してきた人々は、クル・クメールと呼ばれ、現在も全国各地にフツーに存在し、医療アクセスの悪い遠隔地で村人の医療と健康を支えている存在です。

クメールルージュ時代のカンボジアは、中国の文化大革命同様(それ以上)、伝統文化が破壊された時代でした。この時期に伝統医療に関する文献も殆どは消失してしまいました。大量の知識人と呼ばれる人々も虐殺されています。しかし、物資が枯渇する中で伝統医療と知識人クルクメール達は、圧政下にも関らず重宝されました。その時代を経験した彼らは、クメールルージュ軍の統率下で使役として森から薬草を調達し、薬を作る仕事を課されています。「現代薬が手に入らなかった」とう事実の裏側で、当時国内の殆どの国民が伝統薬の恩恵を受け生き延びてたといっても過言ではありません。

現代社会において、薬の効果を調べる試験には、国に認可された倫理委員会から許可が必要です。カンボジアの伝統薬に関しては(悪い言い方になりますが)実際に現代薬の使えない環境の中、10年以上の長い間、多くの国民に利用される事で、その効果は体感され今日に伝えられている、という他の国や地域にはない特徴を持っているのです。

一覧に戻る

リターン

3,000

お礼のメールと活動報告書(PDF)をお送り致します。
また、皆さまのお名前をCaTHA Facebookファンページにてご紹介させていただきます。

支援者
18人
在庫数
制限なし

10,000

上記にプラスして日本人石鹸職人によってカンボジアで2ヶ月間もの行程をかけて造られている「高純度天然ハーブ無添加石鹸」1個(2,700円相当)をお送り致します。

支援者
21人
在庫数
29

20,000

上記にプラスして、小学校の薬草園に植える「各薬草のサインボードに皆さまのお名前」を明記させていただきます。企業様、研究機関、店舗のロゴ等を入れる事も可能です。

また、プロジェクト現場を視察する3泊4日のカンボジアツアー(アンコールワット観光、交流会、付き)への招待券をお送り致します(費用は自己負担です)。
※日程は2014年5月ゴールデンウィークを検討しています。

支援者
14人
在庫数
35

100,000

上記にプラスして、子供達が書いたイラスト入りの手紙と写真をお送りいたします。

支援者
2人
在庫数
8

プロジェクトの相談をする