READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

地雷の国カンボジアを薬草の国へ! 小学校に薬草園を作って村を救いたい!

高田忠典 CaTHA(カンボジア伝統医療師協会)

高田忠典 CaTHA(カンボジア伝統医療師協会)

地雷の国カンボジアを薬草の国へ! 小学校に薬草園を作って村を救いたい!

支援総額

770,000

目標金額 532,665円

支援者
54人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
9お気に入り登録9人がお気に入りしています

9お気に入り登録9人がお気に入りしています
2015年01月19日 16:44

小学校のハーブが商品化

プロジェクトの「花いっぱい運動」で植えたハーブを原料としたハーブティーが発売されました。現在日系大型スーパー、AEONモールで試飲会実施中です。 ハーブの売上金は、薬草園の維持…

もっと見る

2014年11月22日 20:28

「小学校の薬草園」国際学会にて発表

フランスの研究機関や各国の大学が主催でBiodiversity & Health Symposium(生物多様性と保健シンポジウム)が先日カンボジアで開催されました。 http:/…

もっと見る

2014年11月07日 19:04

「小学校の薬草園」伝統医療国際会議にて紹介

マレーシアの首都クアラルンプールで開催された第8回伝統医療国際会議のカンボジアの伝統医療を紹介するブースで、小学校の薬草園プロジェクトが紹介されました。 インド、ヨーローッパ、…

もっと見る

2014年09月18日 14:15

良い事をすると良い事がある

(活動が紹介された新聞を読む、村長とバニーさん) 「小学校の薬草園」のあるシェムリアップ州プレアントン村から伝統医療師バニーさんと村長がプノンペンの事務所を訪問しました。 …

もっと見る

2014年09月06日 16:39

終わりと始まりの報告。

地雷の国カンボジアを薬草の国へ! 小学校に薬草園を作って村を救いたい! 皆様からのご支援とご指導のおかげで、素晴らしいプロジェクトを実施することができました。みなさまと一緒に作…

もっと見る

2014年09月03日 12:02

小学校の薬草園を再訪問

薬草園が完成し、ワークショップ開催から2ヶ月経ったクーレン山の小学校を訪問しました。 定期的な連絡はとっていましたが、はたして村の人達が薬草園のメンテナンスをしているのか、草ぼ…

もっと見る

2014年09月01日 20:45

カンボジアの有力新聞にて紹介されました

カンボジアの有力全国誌「プノンペン ポスト」で『学校の薬草園』の取り組みがカラーで紹介されました。

もっと見る

2014年09月01日 20:17

ASEAN伝統医療国際会議で、学校の薬草園プロジェクトが紹介

ASEAN11カ国の政府代表と各国WHO代表 2009年から年に1度、ASEAN11カ国の政府伝統医療者実務者とWHO(世界保健機構)が一同に集まり、伝統医療の活用について情報…

もっと見る

2014年08月22日 18:43

薬草の「評価」について

『植物が持つ力を人々のために役立てたい!』可能性を秘めた植物を南太平洋の孤島からアマゾンの密林まで世界中を歩いて探し出し、産業を興すことを専門とする『プラントハンター』渡邊高志教授…

もっと見る

2014年08月21日 18:42

小学校薬草園ワークショップ⑥

クーレン山は、かつてクメール王国時代の石切り場でした。砂岩の大地に覆われているため小学校の校舎の校庭は砂の土壌で水も無く、どことなく森に囲まれる中、殺伐とした光景の中で子供たちが遊…

もっと見る

2014年08月21日 17:43

小学校薬草園ワークショップ⑤

一般に、国際支援活動が行われている一定期間、それはもう素晴らしい活動が実施地域で行われます。しかし、支援活動は恒久的なものではありません。ましては長期の支援活動は地域に「援助慣れ」…

もっと見る

2014年08月21日 13:42

小学校薬草園ワークショップ④

薬草園をつかって「村人・村を管理する役人・村の医療に関る人材 が伝統医療および地域の薬草について正しい情報を共有する」というのが本プロジェクトの一番の目標でした。 この目的のた…

もっと見る

2014年07月23日 12:06

小学校薬草園ワークショップ③

薬草園を視察するシェムリアップ州保健局副局長。実は意外にも••••••。 ワークショップには、シェムリアップ州の保健局副局長も駆けつけてくれました。実はこの副局長、クルクメ…

もっと見る

2014年07月13日 09:15

小学校薬草園ワークショップ②

校門の傍に配した「クーレン薬草園」の標識を囲んで記念撮影 これまでカンボジアで仕事をしていて、特に感じることのひとつですが、一般に何事にものんびり屋の国民性であるカンボジア…

もっと見る

2014年07月09日 12:11

小学校薬草園ワークショップ①

カンボジアは本格的な雨期を迎えています。先日首都プノンペンでも、帰宅時間のラッシュアワーに突然のゲリラ豪雨に見舞われ一時交通がマヒする事態に。 そんな中ですが、薬草園に定植され…

もっと見る

2014年06月27日 12:53

大人のための薬草授業

土曜日の午後、児童たちが楽しそうに教室の中をのぞいて談笑しています。何を見ているのでしょう? 保護者50名に学校に集まってもらい「薬草(伝統薬)と西洋薬の使い分け状況」について…

もっと見る

2014年06月23日 16:37

薬草ネームプレート設置

目標の85品種中、65種類の薬用植物を、環境局の理解のもと周囲の森から収集、薬草園に移植しました。各植物の名前(カンボジア名と学名)と使用部位、効能について記載された文字盤を設置し…

もっと見る

2014年06月10日 13:19

舗装路と花壇

雨の季節もこれで安心 クーレン山は、60km離れたアンコール寺院群建立に欠かせなかった良質な砂岩の産出地としても知られています。従って、外見は大きな森に包まれていますが、いたる…

もっと見る

2014年06月03日 13:22

薬草の展示方法を工夫中

収集した各薬草に名札をつけていきます。名札には、植物の名前(カンボジア名とラテン名)と供に、使用する部位と効用も表記します。英語とカンボジア語両方を表記するため児童たちは英語の勉強…

もっと見る

2014年06月02日 17:11

「薬草見本園」造園中!

森での薬用植物採集(環境局の許可をとっています) クーレン山周辺の雄大な大自然。多くの薬効を持った植物が自生しています。 古来より人々は森の恵みによって生かされてきました。学校…

もっと見る

2014年06月01日 09:45

ハーブの取扱い学習中!

花を育て村から出荷するハーブの取扱い方法についてご指導を頂くため、シェムリアップの街にあるハーバルコスメ「Kru Khmer」さんの工房を訪ねました。 学校に水を引くための燃料…

もっと見る

2014年05月26日 19:33

プロジェクトを広める

半期に一度のカンボジア伝統医療師協会ワークショップが、国内の伝統医療関係者を招き行われました。この日は年に一度クルクメールを守護する薬師如来の法要も行われます。お坊さんたちはすべて…

もっと見る

2014年05月24日 17:34

苗床の設置

熱帯の温暖な気候は植物の生育に適していますが、日中の直射日光は発芽したばかりの若葉にの天敵です。サンプル薬草園の隣に直射日光を遮るグリーンネットで覆った苗床のスペースを設けました。…

もっと見る

2014年05月21日 14:06

動画:ワークショップその2

カンボジア北東部には、独自の文化を守りつづけている少数民族がいます。部族間の問題をはらんでいますが、人々の健康増進を担う伝統医療の世界では、地勢学的にはクメール族と似た伝統医療の知…

もっと見る

2014年05月17日 14:45

サンプル園 国立伝統医療局

カンボジア政府保健省は、日本でいうところの厚生労働省に相当します。カンボジア国立伝統医療局も1982年に設立された専門機関。アジアの殆どの国の政府機関には国内の伝統医療を管轄する専…

もっと見る

2014年05月08日 17:19

「水」が学校に来た!

以前、説明いたしましたように村には公共の水道設備がありません。小学校に水を確保するためには、必要な時に購入した(ガソリンエンジンで動く)「電動汲み上げ機」を川辺に運び、必要なだけの…

もっと見る

2014年04月28日 16:47

薬草園造園中!

4月に正月を迎えるカンボジア。都市部の人達も出身地に帰省し家族団らんで新しい年を祝います。 日本と同様、長い正月休みボケがカンボジアを襲います。しかし、そんな中でもクーレン山の…

もっと見る

2014年04月15日 10:32

自分たちで資材購入

雨期が近づいてきました。薬草を定植するには雨期であることが望ましいのですが、雨期になる前にブロックやセメントを使う苗床や棚、グリーンネットを張る作業を進めておく必要があります。 …

もっと見る

2014年04月12日 16:05

水道をつくる

近くの川底には史跡「千本リンガ」が見られる クーレン山は豊富な水を蓄えた山として知られています。森を進むと各所で湧き水の吹き出す沼が多く点在しています。小学校の傍にもシェムリア…

もっと見る

2014年04月02日 09:57

先生たちのミーティング

6人しかいない先生たちとワークショップに向けてのミーティング 薬草園造園とワークショップの開催に向け、クーレン山を訪問しました。今は雨期に入る前の1年で最も蒸し暑い季節。電気も…

もっと見る

2014年03月27日 09:00

抜き打ち訪問!?

先月ワークショップを行ったカンポット州の小学校を、予告なしの抜き打ちで訪問してきました。“イベントをしました。はいおしまい。後はほったらかし”となっている状況も予想に入れ、少々ドキ…

もっと見る

2014年03月12日 00:33

動画:薬草園ワークショップ

カンボジア伝統医療師協会CaTHAでは、保健省伝統医療局と協力して3つの州の小学校で「小学校の薬草園」ワークショップを計画してきました。 まずは、南部カンポット州で先日行ったワ…

もっと見る

2014年03月05日 07:04

みんなで準備

シェムリアップ州における本プロジェクトの実施を前に、日本財団の協力を得て、2つの小学校で薬草園のワークショップを実施します。 まずは、カンボジア南部のカンポット州、カンポンクレ…

もっと見る

2014年02月27日 00:16

安全性の確保にむけ

「自然の薬草を口に入れて大丈夫なの?」 プロジェクトの実施を前に解決しなくてはならない問題です。カンボジア国立医科大学にある薬学研究所では、自生している数種類の薬用植物について成分…

もっと見る

2014年02月15日 13:07

奇跡のハーブ石鹸

プロジェクトへの支援の引換券(10,000円以上)として紹介させて頂いていたカンボジア産「高純度天然ハーブ無添加石鹸/Rabbit石鹸」をRabbit Radiance Co.,L…

もっと見る

2014年02月12日 21:48

雨期は車で通えない村

とにかく子供達が元気です。 モンドルキリ州は、カンボジア東部のベトナム国境地帯で、国内で最も開発が進んでいない地区です。標高700mの高地にはブノン族という少数民族が多く住んで…

もっと見る

2014年02月07日 09:37

心のケアを伴う伝統医療

「伝統医療は心のケアを伴っている」 昨夏カンボジアを訪問し「ポルポト政権下の虐殺が人々のメンタルヘルス(精神保健)に与えた影響について」というい研究テーマに取り組まれた中央大学のグ…

もっと見る

2014年02月07日 01:05

カンボジア=地雷?!

残り あと 1日。 本プロジェクトを計画するにあたり「地雷の国を薬草の国へ」というキャッチコピーを掲げてきました。おそらく多くの方が「カンボジア」=「地雷」という公式を頭に浮かべら…

もっと見る

2014年02月06日 17:44

日本財団ホームページから

スポンサー募集終了までカウントダウンスタート。残すところ僅か53時間です。 国内最大NGO『日本財団』のホームページにカンボジア伝統医療活用事業についての記事が掲載されました。…

もっと見る

2014年02月02日 13:07

みんなでメンテナンス

応援募集期間まであと6日です。最後まで応援お願いします。 薬草園のメンテナンスのため、溜池から水をくみ出します。 すでにCaTHAの会員と小学校が独自に「薬草園」を設置している…

もっと見る

2014年01月30日 09:34

もっともっと「薬草園」

スポンサー募集期間も10日を切りました。 12月に全国の伝統医療師(クルクメール)の定期ワークショップでは「小学校の薬草園」計画を紹介したところ。地方のクルクメールの間でも大きな反…

もっと見る

2014年01月23日 12:57

薬草を活用した他の国際協力

タイで普及されている「伝統配置薬キット」 現地の豊富な天然資源を活用した途上国保健医療への国際協力は、すでに各国で始まっています。その幾つかを紹介します。 1.伝統医療「置…

もっと見る

2014年01月21日 12:45

カンボジア伝統薬を体験

常夏のカンボジアですが今年は寒冷注意報がでるほど朝夕の異常な冷え込みを体験しています。もちろん日本のマイナス30℃といった状況ではなく「裸で寝るには寒い」というレベルです。その冷え…

もっと見る

2014年01月20日 16:41

プロジェクト実行者紹介

本プロジェクトの実行者として厚かましくも私の名前が記載されていますが、実際にカンボジアでプロジェクトの準備を進めているのは、私ではなくCaTHA(カンボジア伝統医療師協会)事務局ス…

もっと見る

2014年01月19日 01:20

理解しづらいプロジェクト?!

プロジェクトへの支援者の方から学校薬草園プロジェクトは、「一般の方に理解してもらうのが難しいではないか」というご意見をいただきました。 確かに、近年身近で起きた大きな震災やアフ…

もっと見る

2014年01月16日 21:06

伝統医療師協会FBページ紹介

CaTHA(カンボジア伝統医療師協会)facebookページで、カンボジア伝統医療師、クルクメール達の活躍を見て下さい。 以下、小学校にて子供達と薬草園づくりの光景です。

もっと見る

2014年01月14日 01:57

飲みやすい伝統薬?!

カンボジア伝統医療の主な薬は、煎じ薬や薬用酒。「良薬口に苦し」と言いますが確かに美味しいとは言えず、ましてや子供の口には合いません。村では子供達のための肺炎や下痢に効果のある薬に高…

もっと見る

2014年01月09日 20:37

地域企業との連携強化

「薬草園」を造ることをきっかけに、村にハーブや薬用植物を取扱ったソーシャルビジネスを興すということも本プロジェクト計画のひとつですが、ソーシャルビジネスを興し継続していくためには、…

もっと見る

2014年01月07日 12:29

カンボジア教育の現実

クーレン小学校は村にある唯一の教育施設です。中学に進学するには遠く離れた街まで通わなければなりません。実は中学に進学できる児童は良い方で、多くは高学年に至る前に家計を助けるため小学…

もっと見る

2013年12月22日 16:20

プノンクーレン入山

高い木々が連なる森を抜けていく 今回、READYFORでの経過状況を村の関係者に報告すべく、実施予定地プノンクーレン(クーレン山)を訪問。プノンペンからシェムリアップまでバスで6時…

もっと見る

2013年12月14日 13:55

「写真」

先日行われた伝統医療師のワークショップで、本プロジェクトのことをスライドで紹介した。あらかじめ実施予定地クーレン山のクルクメール・バニーさんに学校の写真を数枚撮っておくよう電話で頼…

もっと見る

2013年12月09日 23:50

全国のクルクメールが集合。

政府保健省を招いての討論会 カンボジアには公的な伝統医療のための教育機関がありません。政府は日本の支援で伝統医療師研修を4年間主催してきた。卒業生達がは職業組合CaTHA(カン…

もっと見る

2013年12月04日 01:48

花いっぱい運動

目標額半分まで達成致しました!前半戦を応援してくださった方、リンクしてくださった方、お友達に紹介してく下さった方、ありがとうございます。5合目からが勝負です。気を引き締めて参ります…

もっと見る

2013年11月30日 18:26

村人自作のプロジェクトです。

コンポンクレイ村長。クルクメール ウートン氏 このプロジェクトの自慢は、何より外国人の視点で私が考えた企画ではなく、地方の現実をよく知る村人自身が考え、生み出し、そして既に実行…

もっと見る

2013年11月26日 08:30

ワークショップの準備

前回のワークショップの様子。薬師如来像の建立式を行いました。 極寒(!?)の日本からカンボジアに戻りました。今回の日本への視察は、この事業を進めていく上で実り多いものでした。会…

もっと見る

2013年11月21日 11:36

学術論文 クルクメール

英国の名門リーズ大学で、カンボジア伝統医療師(クルクメール)の研修について研究されている 西川厚嗣 医師 の論文(要旨)を紹介します。 国の保健医療システム強化に伝統医療師(ク…

もっと見る

2013年11月19日 23:38

伝統薬と西洋薬の使い分け。

ホームページに載っている「伝統薬と西洋薬の使い分け」の図が読めない。 という苦情をいただきました。以下、CaTHAのFacebookページにて拡大した図をアップいたしました。 …

もっと見る

2013年11月19日 22:40

日本の「薬草園」を視察。

今、日本です。日本には4つの季節がありますが、カンボジアには2つの季節しかありません。「暑い季節」と「すごく暑い季節」です。 というのは冗談ですが、寒さ知らずの気候に慣れ汗腺の閉じ…

もっと見る

2013年11月18日 15:52

お振込でのご支援も可能です

多くの方々から応援のメッセージを頂いております。ありがとうございます。気づけば「いいね!」の数も99。あと1つで3ケタに突入。ひきつづきご声援宜しくお願い致します。 「支援…

もっと見る

2013年11月15日 21:15

クルクメールってどんな人?

11月15日日本時間20:15の時点で目標額の14%達成です。開始から沢山の方から励ましの言葉を頂いております。改めてお礼申し上げます。 熟練のクルクメールと村人、治療につかう伝統…

もっと見る

2013年11月11日 18:59

カンボジア伝統医療ってなに?

遺跡のジャンルで「世界遺産アンコールワット」の知名度は、ピラミットに続く世界第2位。アジアで言えばダントツ1位と言えるのではないでしょうか。カンボジアがどこにあるかは知らなくても、…

もっと見る

2013年11月10日 17:31

ごあいさつ

実行者でCaTHA アドバイザーの高田忠典です。 はじめての投稿です。まずは私がこのプロジェクトに携わるように至った動機についてご説明させて頂きます。 私はこれまで、日本古来より伝…

もっと見る

リターン

3,000

お礼のメールと活動報告書(PDF)をお送り致します。
また、皆さまのお名前をCaTHA Facebookファンページにてご紹介させていただきます。

支援者
18人
在庫数
制限なし

10,000

上記にプラスして日本人石鹸職人によってカンボジアで2ヶ月間もの行程をかけて造られている「高純度天然ハーブ無添加石鹸」1個(2,700円相当)をお送り致します。

支援者
21人
在庫数
29

20,000

上記にプラスして、小学校の薬草園に植える「各薬草のサインボードに皆さまのお名前」を明記させていただきます。企業様、研究機関、店舗のロゴ等を入れる事も可能です。

また、プロジェクト現場を視察する3泊4日のカンボジアツアー(アンコールワット観光、交流会、付き)への招待券をお送り致します(費用は自己負担です)。
※日程は2014年5月ゴールデンウィークを検討しています。

支援者
14人
在庫数
35

100,000

上記にプラスして、子供達が書いたイラスト入りの手紙と写真をお送りいたします。

支援者
2人
在庫数
8

プロジェクトの相談をする