みなさん、こんにちは!

 

本日は、ネクストゴールで設定した以下の支援の必要性について説明させていただきます。

 

〈ECD&Fセンターの養鶏サポートプログラム〉

 

一つは、養鶏のサポートです。このECD&Fセンターが2015年に建てられたとき、同時に鶏を育てる施設とひな鳥及び餌の支援がありました。

 

その時のひな鳥が大きくなってきたが、卵を産まなくなってしまったので売ってしまったとのこと。せっかく養鶏のための施設はECD&Fセンターの裏にあるので、それを持続して生かしていけるようにします。

 

今回は、ひな鳥を200羽提供しますが、一度に購入するのではなくて数段階に分けて購入し、段階ごとに成長したチキンを売るように指導をします。卵を産む鶏を常に確保しながら、卵の他産まなくなった鶏を売ることで得た収入で、次のローテーションでひな鳥を買うために貯蓄するようにします。

 

センター建設当初に支援されたものを有効に使えるような指導が必要です。ネクストゴールの支援によりそれが可能になりました。

 

また、卵を産む鶏を飼うことで子どもたちの給食に茹で卵を入れ、貴重な蛋白源接種が可能になります。

 

明日は、ネクストゴールで設定した最後の項目として、〈訪問ベースのセンターに絵本提供〉についてお知らせします。

 

新着情報一覧へ