☆引き続き職業訓練は行われています☆

新着情報のアップデートに間が開いてしまい申し訳ありません。

この度、9月下旬に夫の任期終了に伴い家族で日本に帰国して参りました。

今日は、最後の訪問の日のことをお知らせします。

 

私が最後にミヨベに訪問したとき、その日もいつもと同じように訓練をしていました。

長老の奥さんが、「私の名前はアナスタシアって言うの。忘れないでね。」と言って最後にまた最高の笑顔でぎゅっと抱きしめてくれました。何度もお別れのハグをしてまたね、とみんなにもお別れ。これが、転勤生活では切り離せない離任時の悲しい別れですが、ミヨベを去るのはひと際辛く、涙が止まりませんでした。2年間で恐らく30回目に近いくらいの訪問でした。それぞれの朝の景色がその日によって違ったことが思い出されました。

 

刺繍を習っているグループ。一番右の黄色いバンダナをしたお母さんがアナスタシアさん。

 

I have safely come back to Japan with my family the end of September. Today I am going to write about the last visit. 

When I visited Miyove for the last time, people were doing skills training as usual. The wife of the chief said, "I'm Anastasea, don't forget my name!!" and I answered"Off course not!" with a big hug. Hugged many times with also other people in the community.  

This is the hardest part of living abroad and moving back. However I had been feeling one of the most difficult time to leave Miyove and could not stop crying in the car. Always scenery from the window changes depends on each morning, I remembered each shot on the last day which was almost 30th time of my visit to Miyove.

 

洋裁を習っている男性の様子
​​​​​
生後約2週間の赤ちゃんを連れながらの訓練

 

訓練での技能を商品化するには、材料費の購入や戦略的な面で必要なこと、組合として収入を得ていくまでにどれくらいかかるのか、デザインはどのようなテイストにしていくのかなど多くの問題はありますが、住民たちの意欲は留まるところを知らず、石鹸・ワセリン作りがようやく10月8日から始まりコミュニティーはますます活気づいています。

 

To sell as product is still far way to go, as we still have to settle the situation such as how we manage to pay for additional materials without starting getting incomes, and  how we are far for generating incomes and how we work with the design. For now they started the training of making soaps and vasseline. Community people feel so happy to have opportunities to work on that.

 

9月よりギチュンビに入ってくれた大江里佳さんから毎週レポートが届き、細かい情報のやり取りは直接アプリケーションを使って密にコミュニケーションを取り合っています。

細かいところに目を向けるには、きめ細かなコミュニケーションが必須になること、そして彼女は時間を掛けてそれをしてくれているため、ECD&Fセンターでの問題、住民それぞれの家庭内での問題に気づき、何が出来るのかを正に住民や職員に寄り添って活動してくれています。

 

左:幼児教育施設ECD&Fセンター長マルタ 右:大江里佳さん

 

Satoka Oe who started to live in Gicumbi located 30 minites away from Miyove sends weekly report every week, and we are also communicatiing small tasks with me using mobile application each other for exchanging information tightly.

We found each conversation between her and the villagers are really important. That would be the sorce of information for making better solusion. She actually trying to search those small issues in the community and think how we can support for the better activity. She really lives together with the community so that she can notice their voice or demand along their basical daily life.

 

この日は、新生児の健診をするということで、新生児とお母さんが集まってくれていました。おでこに花びらを載せると、しゃっくりが止るという迷信があるそうな。

 

 

 

NPOルワンダの教育を考える会では、このような活動がギリギリのところで可能な一方その駐在員に対して十分な待遇でないことが、現実であり組織としての成長が求められるところだと感じています。ミヨベの活動をどのように継続させていくのか、どういった形で来年4月以降の活動を支えていくのかを職業訓練の進捗状況と達成レベルを見ながら大江さんからの情報を中心にNPOと共に考えていかなければなりません。

 

NPO-TER can afford to hire her at the lowest level, but the allowance is not enogh, so I think it's time to think about how we improve as the organization. We have to  think about how we continue to support activities in Miyove after April 2019 seeing the situation and the training level of achievement together with Satoka and NPO staffs. 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています