皆さまこんにちは。湿度の高い日本の梅雨時期お変わりありませんでしょうか。また、地震が頻発し不安な心境で日々を過ごされていらっしゃる方もおられるでしょう。被害にあわれた方、怪我をされた方の復帰と心の平安をお祈りいたします。

 

私事ですが9月中旬を目途に帰国することになりそうで、それを見越してリクルートしていた大江里佳さんが、6月中旬無事にルワンダに到着され今後ミヨベの近くに駐在して下さることになりました。

出勤早々から引継ぎを行い、職業訓練の準備が具体的に進んだことで7月から始められることになりました。

大江さん、これまでに約計3年のルワンダ滞在経験がありその間にルワンダ語を身に付けられたので、このプロジェクトを私よりも有益にコミュニティーに入り込んで引っ張って行って下さることと期待しています。

 

 

出勤2日目には、刺繍の訓練をお願いしている組合への訪問会議に参加してもらい、具体的な話を組合の女性たちのなかで決めることができました。訓練に来てもらう組合の方々も普段の業務時間を削ってミヨベに来ていただくのでご本人たちの意志を直接確認できたことは有意義でした。ミヨベのコミュニティーに教えに来て下さることも積極的で多数の希望者が出たことも嬉しいことでした。組合をサポートしているフランス人のVeroniqueからもこのプロジェクトに参加できることは、双方にとって良い機会であり、一緒に協力出来て嬉しいとのことでした。

 

組合の現況として海外からの受注生産で順調に成長してきているものの、ここまで達するのには5年以上の時間がかかっていること、組合が成長していく過程で直面してきた困難、半年の訓練で身に付けられることは、本当に基礎程度であることなどをお聞きして改めて職業訓練の継続が求められるのだと感じました。そして、地道な一歩一歩が大事なのだということを心に刻みました。

 

 

続けて、控えた職業訓練に必要な道具の準備に入りました。今まで事務所内の他のプロジェクトも抱えている現地スタッフを通訳に拘束することが難しく、なかなか進んでこなかった交渉や物資調達などなど様々なことが里佳さんの到着によりエンジンがかかりました。

 

 

具体的な活動計画をきちんと引継ぎ、帰国した後も密に連絡を取り合って報告を続けて参ります。

27日、今日もミヨベに向かっています。現時刻9時前、ミヨベが含まれるギチュンビ市大分登ってきました。晴れていますが肌にあたる風はひんやり心地良い空気です。行って参ります!

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ