みなさま、こんばんは。

 

 

このプロジェクトのご支援募集期間も残すところ8日となりました。

改めて最後まで拡散・ご支援ご協力をお願いいたします。

 

ご支援頂きましたみなさまのそれぞれの想いを受けてネクストゴールの達成を同時に、プロジェクトの準備を進めてきました。

 

そして、今日は一つ大きな一歩を進めるため、スタッフと一緒にギチュンビ市長との面会に間に合うよう6時にキガリを出ました。

 

市長に、ミヨベでのプロジェクト内容の行動計画とそこに至った経緯をご説明しました。

 

前回私がお会いしたのは10月の初めてのミヨベ訪問の朝だったのですが、ミヨベの状況にショックを受けて日本にこの状況をご説明することが、私にできることだと思い、このプロジェクトによってミヨベの人たちを知った日本の皆さんから頂いたご支援でこのプロジェクトができるようになったことをお話しました。

 

市長からは、その流れとまたその迅速さに感謝のお言葉を頂きました。

 

ECD&Fセンターは、やはりまだまだ改善が必要な状況であり、私たちNPOにミヨベの人たちの自立支援を目指して取り組む活動を任せて頂けるとのことで、Goサインを出して頂きました。

 

 

今朝のプロジェクト説明を終えて現地でのプロジェクトを行う許可も正式に出たのでいよいよ始まる、との思いが沸き上がり帰りの道ではスタッフと握手をして帰路につきました。

 

その後も事務所で会議を開き、再度これからのことを内部で確認して次のステップに進みます。

 

 

 

新着情報一覧へ