プノンペン在住の方に、シェムリアップ(アンコールワットがあるところ)のタクシー運転手を紹介してもらいました。
一大観光地のアンコールワットでも、タクシーのチャーターは1日30ドル程度。東京の30分分が1日の料金です。


ちなみに、私はカンボジアは2度目で、前回は2008年。当時、トゥクトゥク(オート三輪)のチャーターが1日$10でした。
彼は日本語も喋れて、機転も利く。仲良くなって、家まで連れて行ってもらいました。
掘っ立て小屋のような家に、ブラウン管のテレビが2台。
彼の目標はガイドになることだけど、国公認のガイドになるには$2000払ってテストを受けないといけないらしい。それでも1日のガイド料は$30。
費用対効果を考えると、ちょっとどうかと思ってしまう価格設定です。そもそも、1日$10の稼ぎの人間が$2000を払えるかという大問題があります。

「これからココに大きな道ができるから、日本人観光客がいっぱい来るようになるから大丈夫!」と言っていましたが、残念ながらシェムリアップの道の広さと外国人観光客の人数は全く関係ないです。日本人を連れてくるのは、飛行機です。

たとえ、日本語が喋れても、多くの日本人と会っていても、カンボジアで運転手をしているだけでは、見えている世界が違う。飛行機に乗って外国に来るということがリアルに想像できていないんだな…と思いました。

私は「もしかしたら、これから日本人観光客は少なくなるかもしれない。でも、中国人観光客は確実に増えるから、中国語を勉強しておくといいと思う」ということだけ伝えておきました。

彼は、今頃なにをやってるのかな…。シェムリアップに中国人観光客は増えたかな…日本人観光客は…なんて、ビジネスとは直接関係ないことも調べてこようと思います。
その結果は、セミナーやレポートでご紹介しますね!

新着情報一覧へ