プロジェクト概要

母国ガーナの貧困をなくしたい

マンフィーと青年基金NGOの代表のマンフィーと申します。

 

私の故郷は、西アフリカに位置するガーナの首都アクラからバスで8時間程の小さな村です。私は若い頃、ニュースで日本の経済成長を見て、日本からたくさんのものを学び、母国ガーナ、そして、貧しい故郷を豊かにしたいと決心し、渡日しました。

 

私の母国ガーナは貧困に苦しんでいます。

 

子どもを助けたくても治療費がなく、子どもの死を待つしかない親たち。教育を受けられない子どもたち。

 

日本では考えられない現状がガーナにはあります。私たちはこの現状を変えたいと思い、日本のみなさんからの募金と物資の寄付で活動を続けてきました。まずは日本という国へ深い深い感謝を申し上げます。

 

私の願いは母国ガーナが経済発展を遂げて、貧困がなくなることです。

 

「貧困をなくし、未来を変える。」

 

そのためには子どもたちへの教育が最も大事だと考えています。これまでに、現地で救急車や井戸などのインフラ整備に加え、小学校も開校するなど支援を行ってきましたが、肝心の子どもたちが勉強するための文房具が不足しています。

 

そこで、このプロジェクトを通じて、文房具の購入という形で、皆さまにガーナの教育への支援をお願いできればと考えています。

 

子どもたちが教育を受ければ、ガーナの貧困問題を解決していく力になります。ぜひ、一人でも多くの子どもたちが学びの機会を得られるよう応援をよろしくお願いします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

インフラ支援から、教育の支援へ

マンフィーと青年基金NGOは私の家内をはじめ、ガーナからの留学生、そして複数の日本人スタッフで構成されています。みんな無償のボランティアスタッフで、本業を抱えながら活動しているので、活動の限界があることが課題です。

 

しかし、これまでに救急車2台を日本から寄附し、井戸を5基掘削しました。様々な方のサポートを受けながら、徐々にですが、生活インフラの整備を進めることができています。

 

日本からは服や文具などさまざまな寄付をいただいており、これらの活動は多くの日本人の方々の協力によって実現できました。

 

2016年には念願の小学校「Monphy Education Complex」を開校し、現在約400人以上の子どもたちが学ぶことができています。


日本語の授業もあり、年に1回、ガーナから優秀な生徒を、日本に無償で留学させるプログラムもあります。今年も8月から3ヵ月間、3人の留学生が日本にやってきます。

今は小学校しか開校していませんが、将来的には、中学校、高校と展開し、日本語や日本の技術、教育を伝え、日本への就業という形でサポートできれば、と考えています。
 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

4割の子どもたちは貧困により教育を受けられない

ガーナの小学生の年齢の子どもたちの約6割程度が学費を納めて教育を受けています。しかしまだ4割程度の子どもたちは学費が支払えず、教育を受けられていません。

 

中学校まで通う子は多いですが高校へ進学する子どもはわずかです。卒業後の仕事がない、という子どもも多くいます。

 

都市部と地方では貧富の差が拡大してきており、場所によっては1日1食しか食べられない地域もあります。その日暮らしで、子どもたちは物売りに勤しむしかなく、その結果、学費が捻出できないのです。教育が受けられず、生活を向上させることができない。負のスパイラルが続いています。

 

この負のスパイラルを断ち切るために私たちがやれること。それが未来を背負っている子どもたちへの教育です。

 

学びたい、国を変えたいという、意欲的な子どもたちへの教育の機会を確保するのは、大人である私たちの責任であり、支援をしたいと思う人たちで支えていかなければなりません。

将来のガーナを支える子どもたちに学びの機会を

教育現場で必要なものはまさにこのプロジェクトを通じて募集する文具類です。ノートと鉛筆などの文具類は非常に貴重です。今までは、支援物資に頼り、何とか賄うことができていましたが、学校を開校してから、生徒数が増え、支援物資では間に合わせることができなくなりました。

 

そのため今回のクラウドファンディングを通じて、皆さまからいただいたご支援で、約400人の生徒達への文具類一式を購入し、生徒全員が勉強できる環境を整えたいと思います。

 

対象はガーナの首都アクラからバスで約8時間北上したところにあるンコランサ村という田舎町の生徒です。子どもたちはとにかく明るく活発で元気です。そして学ぶ意欲にあふれています。

 

この子たちの中から、将来のガーナを変える子たちが出てきてくれることを信じています。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

貧困をなくし、未来を変える

物を与えるだけの支援は永遠に終わりません。しかし、教育によって、現地の人たちが自ら問題を解決する力を備えれば、支援をし続ける必要はなくなります。

 

今回のこのプロジェクトで支援した子どもたちの中からチェンジリーダーが誕生し、日本とガーナが強く太い絆で結ばれる日を楽しみにしています。

 

ご支援いただける方々には、リターンを通して、ガーナの文化、風景を感じ取っていただきたいです、そして、ガーナを変える行動が、結果的に支援者のみなさまの財産となれば幸いです。

 

ぜひ、これを機会に、発展途上国の現状、同じ地球上で今も起っている現実を知ってください。支援していただくことによって、新しい価値観に触れ、新しい気づきを得、ご自身の考え方や生き方にプラスになることもあるだろうと思います。

 

それぞれができる範囲で構いません。

 

一緒に行動しましょう。

 

そしてもう一度本当に本当に、ありがとうございます。

 

 

※本プロジェクトのリターンのうち、【お名前掲載】に関するリターンの条件詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)