プロジェクト概要

新たなファッションショーへの挑戦

 

はじめまして!こんにちは、私は女子美術大学2年生の中元恵美と申します。この度私たち女子美術大学杉並キャンパスの生徒で、ファッションショーの枠を超えたファッションショーに挑戦するべく、各学科から新たなことに挑戦したい学生が有志で集まり『Ms.Mirage』というアートパフォーマンス団体を立ち上げました。良質な「ねむり」の大切さを観客に伝えたい!と思い、女子美術大学杉並キャンパスの生徒でファッションショーの枠に嵌らない、インスタレーションアートを実現させます!

 

ショー開催のご支援をお願いします!

 

(今回のショーのイメージです)

 

今年度の女子美術大学の美術祭、『女子美祭』にて、新感覚なファッションショーをメインに、ショーに連動した物販出店、展示などを行います。

 

ショー日程:10月25日(土)

   時間:12:00〜

 

物販出店では、端切れを使ったアイマスクや、実際ファッションショーの衣装で使ったアクセサリーなどを販売致します。

 

 


ジャンルの違う表現が出来るからこそ、新たな表現がここに生まれる

各学科のコラボレーション

 

私たちが通う杉並キャンパスには

 

・ファッションテキスタイル表現学科

・メディア表現領域

・ヒーリング表現領域

・アートプロデュース表現領域

 

の4つに学科が分かれており、授業内に4つの学科がコラボレーションする授業があります。その授業で普段関わらない他学科の友人が増え、みんな何かに挑戦したいと思っていることがわかりました。実践経験を積みたい、そして、人々に私たちの作品をみて欲しい。作品を見て若さ漲るパワーを!明日に繋がる元気を!社会で頑張る人々に感じてほしい!そういった気持ちでこの企画を立ち上げ、未来のアーティストが集まりました。

 

 

(▲衣装の布もシルクスクリーンという技法で柄を付けます)

 

(▲ヒーリング学科による空間演出の授業風景)

 

各学科に特色があり、学生も個性色々、得意なことも好きなものも様々!しかしその技術を持ち寄ると、小さなアイデアから大きな作品が生まれるのです!

現在20人程のメンバーがショーに向けて作業しています。これからさらに学生を巻き込んで濃密なショーを作っていきます!

 

(▲ファッションテキスタイル学科のプレゼン風景。制作したワンピースに映像を投影しています。)

 

なぜ「ねむり」なのか。

 

ファッションショーの枠を超えた様々な表現に挑戦したい!という設立メンバーの思いからこの企画を立ち上げましたが、まずコンセプトを決めた方がショーもまとまるだろうと私たちは考えました。

日々私たちの身近にあって、誰もが共感できるテーマ。練りに練った会議の結果辿り着いたのが「ねむり」でした。

 

日々私たちが毎日繰り返す日常の中で欠かせないのが「睡眠」です。

このファッションショーはみなさんにもその空間に入り込んで貰い、質の良い睡眠をとった後のようなヒーリング効果を体験して貰いたいと思います。

 

素材、環境の大切さ。それをショーという形で表現することで、皆さんに視覚的、聴覚的に。五感をフルに使って感じて貰いたい!そして日々の疲れを忘れて、楽しんでほしい。その想いを伝えたい一心で、ただいまショーを構成中です。しかし私たちは有志団体なので、学校からの援助が何もありません。

時間が迫っている中、制作に集中したいのですが資金ゼロからのスタートです。

 

20着程の衣装制作に使用する布代が9万円。

空間演出の材料費が2万円。

パンフレット制作費用、その他材料代3万円。

計15万円が足りません。

 

見に来てくれた観客の方々。働いている人を癒し、明日の元気、毎日の元気に繋げたい。そういった若いエネルギーを皆様へ発信するべく開催する「ねむり」というテーマを掲げたファッションショーです。アートを通して届けるためにご協力いただけないでしょうか。


最新の新着情報