A5c25a55fffe7acf1e677d9bb59887b4f6dba253


料理班の紹介です。料理班は「飲食ブース」と「料理ブース」を担当します。

飲食ブースでは、大人気のとんかつレストラン『かつ太郎』様にご協力いただき、脳フェス特製メニューを準備いただいています。(詳細はお楽しみに!人気につき限定数のご用意となります。お早めにお越し下さい。)

料理ブースでは、脳卒中当事者である有名パティシエご協力のもと、見た目も可愛くて美味しい本格的などら焼きとスコーンを作る「体験型ワークショップ(人数限定)」と、

車椅子のセラピストが片手で工夫して作る日常料理「ワンハンドキッチン」の実演を予定しています。

突然の病気により「できない」事、「むり」な事がどうしても増えてしまう脳卒中。

以前の自分との違いに戸惑い、苛立ちや無力感に苛まれてしまう経験を重ねると、気持ちも身体もどんどん固くなってしまいます。


ワンハンドキッチンを担当する梶原は、そんなときこそ、是非やってみていただきたいのが料理だ、と言います。一番身近な「食」への関心と取り組みから、新しい自分の動き方・使い方を知るきっかけにもなった、ともいっています。

福祉用具ではない、100円均一で手に入るような便利グッズで、どんな工夫をして作るのか、片手でも作れるという料理がどんなものなのか、是非皆さんの目で確かめに来てください。

クラウドファンディング終了まで後2日、イベントへの応援をよろしくお願いします。
新着情報一覧へ