平成29年2月21日

 

これまでにご支援くださった方々、本当に有難うございます。

資金だけでなく、沢山の応援メーッセジを頂き、とても心強く感じています。

 

さて、出版プロジェクトの進捗についてご報告いたします。

先日、出版社との第1回編集会議を持ちました。印刷、製本の担当会社も決定しました。

特に製本に関しては、開きやすく、傷みにくい形の「クーターバインディング」という形式を採用することにしました。

 

また、新しいアイデアも生まれました。

今回出版する『図書の修理とらの巻』を一般の本とは別に、「未綴じ本」を作成し、ご希望の皆様に講座を開いて、ご自分で「世界に1冊しかない本」を手作り(製本)するというものです。

製本は熟練の技ですが、中世以前のシンプルな綴じ方ならば、一般の方にもしっかりとした物を作ることが出来、なおかつ、図書の修理にも役立つ技です。また、本の構造に関してもさらに深く理解して頂けると思います。

 

リターンの「講座ご招待」ご希望の方には、従来の修理講座か、新しい製本講座のお好きな方を選んでいただけるようにします。

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ