プロジェクト概要

2年前に美容室をオープンするも病気で休業
リハビリを乗り越え、美容室を再開したい

 

はじめまして、愛媛県で美容室「Rush」を経営している大城戸里美と申します。子どもの頃から、同級生のお母さんが経営されていた美容室を見よう見まねで手伝うほど、美容室が好きでした。

 

昔ながらの全寮制の学校に入学しました。その後、今では考えられない厳しい店に入店し、厳しい修行の後、憧れの美容師になることができました。出産育児との両立にも奮闘しながら、美容に関して本気で向き合い仕事をしてきました。

 

お客様との会話を楽しむことも、ヘアスタイル作ることも、勉強して新しいことを取り入れていくことも好きでした。人がきれいになってく瞬間が、一番喜びを感じる時間です。


そして平成27年には、ついに自分の店をオープンさせることができました。しかし喜びもつかの間、その直後に脳梗塞を患ってしまいました。緊急手術のおかげで命は取り止めたのですが、後遺症で右半身麻痺が残りました。


一時は「美容師はもうだめだ」と諦めましたが、やっぱり大好きな美容の仕事に復帰したいと思い、リハビリを続けてきました。

 

復帰にあたり、病気を経験した私だからこそ出来ることがしたいと思い、体の不自由がある方でも気軽に利用しやすいサロンをつくることにしました

 

車椅子の方や体の不自由な方が来店しやすいように、美容室の玄関の改装が必要ですが、資金が足りておりません。

 

私は、不自由さを抱えている方にも、おしゃれを楽しんでいただくことで、自信を持って生活する一助になりたいと思っています。皆様どうかご支援・応援のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

入院中、元気をくれた「美容の力」
美容師としてもう一度ハサミをとりたい

 

脳梗塞を患い、30年携わってきた美容師という仕事を一時は諦めました。娘が美容師のたまごなので、娘がいずれ美容師として活躍できればよいと自分を納得させました。

 

さらに病気になったことで、人の目が気になり、以前のように堂々と生活できない自分がいました。そんな中、白髪染めを院内でしてもらう機会がありました。白髪があるのとないのは違うなあと、気持ちが元気になるのを感じました。美容の魅力を再確認する瞬間でした。諦めていた「美容師」に、やっぱり復帰したいと思いました。

 

当初、退院には5か月かかると言われていました。家に早く帰るためにがんばろうと思い、1日3時間のリハビリに加えて自主リハビリにも取り組みました。

 

装具なしでは自分の足で立てない、右手は体にくっついたまま。お箸も持てず、左手でスプーン。そんな状態から、戦いの日々が始まりました。

 

健康なら、指を動かすために「どうやって」とは考えませんよね。脳梗塞の後遺症では、単純な動作ひとつひとつが難しく、「どうすれば動くか」を考えなければなりませんでした。担当医に「一度壊れた脳は元に戻ることない」と言われた時はショックでした。できない自分が情けなく、涙も出すぎて、悲しいはずなのに、笑ってしまう。自分でもおかしいのかなぁ…と思うくらいでした。


それでも、来る日も来る日も1日3時間の地道なリハビリを続けました。リハビリは、今日したから今日結果が出るものではなく、日々の積み重ねです。振り返ると、当初はビクとも動かなかった手、指、足指が少しずつ動くようになっていました。

 

その結果、予定より早く3か月で退院することができました。

 

 

 

2年間のリハビリ
美容師として施術ができるまでに

 

家に帰ってからも苦労の連続でした。階段に手すりつけてもらったり、お風呂場の出入口を改造したり、布団をベッドに変えたり、家の中を整備するところから始まりました。外症があるわけではないため痛みを分かってもらいにくいのが現実で、もどかしさを感じ、家族にあたってしまうこともありました。これも、病気にならないと分からなかった大変さでした。

 

復帰を決めたものの、当時は「これで復帰できるのだろうか」と悩みました。美容師として再びハサミを握るためには、通常のリハビリだけでは足りません。退院してからは、訪問リハビリで週2回、手だけを集中してリハビリしてもらいました。筋力をつけるために、体操系のリハビリにも自主的に取り組みました。

 

今だから言えるのですが、リハビリ担当の方は大変な患者さんだなと思っていたそうです。なんせ、おもちゃのハサミでさえ使えなかったのですから。我が子たちを練習台に施術を試みてみるものの、時間もかかり、思うようにできなくて喧嘩になり、泣くこともありました。

 

それでも諦めずに2年間リハビリを続け、以前より時間はかかりますが、また美容師として施術ができるまでに回復しました。足は短い装具をつけて靴を履き、部屋の中であれば杖がなくても自由に歩けるようになりました。

 

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

 

自身の経験を活かし、
おしゃれをして元気な気持ちになれる場をつくりたい

 

もう一度美容室を再開するにあたり、普通の美容室ではなく、体に不自由がある方にも、おしゃれを楽しんでもらえるサロンをつくりたいと思い立ちました。病気になって車椅子生活を余儀なくされても、ヘアカラーをしたり、パーマをかけたり、おしゃれができれば気持ちが元気になります。

 

私自身も入院中に、おしゃれをすることで前向きな気持ちになれました。体の不自由を経験した私だからこそできる、利用しやすいサロンをつくっていきたいと思っています。お客様とのコミニケーションも、大切にしていきたいと思っています。


今回は皆様からご支援をいただき、車椅子の出入りができるように駐車場から入口までのスロープを整備しようと考えています。また、移動しなくていいように移動式シャンプー台1台購入する予定です。

 

<資金使途>
・駐車場と入口の改装工事費用(スロープ改装):25〜30万

・チラシ制作費:20〜30万
・クラウドファンディング手数料:15万

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

<お店情報>

店名:ヘアサロンRush

住所:愛媛県松山市土居田町249-5大城戸ビル1階
営業時間:10時~16時
料金:カット1000円・パーマ5000円~・持込み2000円・カラー4000円・ヘッドスパ2000円~

 

奇跡的に助かった命を大切に、もう一度がんばってみたい

 

健康だったのにある日突然身体が不自由になる。脳梗塞で倒れたことで、元気な時には気づかなかった、体の痛みや心の痛みに気づくことができました。なってみないとわからない痛さや苦しさ、さまざまな葛藤がありました。


奇跡的に助かった命を大切に、病気を経験して気づいたことを活かして、時間がかかっても、もう一度やり直してがんばってみたいと思っております。

 

小さな美容室ですが施術もさることながら息抜きの場になればと思っています。人と話すこと、美容の仕事が大好きな私です。新たな美容室を通していろいろな方と巡り会いたいと思っています。皆様のご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 


このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)