READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

津波被害で「沈黙した町」岩手県大槌に地域メディアを創る

松本 裕樹

松本 裕樹

津波被害で「沈黙した町」岩手県大槌に地域メディアを創る

支援総額

2,496,000

目標金額 1,500,000円

支援者
196人
募集終了日
2012年10月1日
196人 が支援しました
プロジェクトは成立しました!
9お気に入り登録
9人がお気に入りしています

9お気に入り登録
9人がお気に入りしています
2012年09月29日 11:40

築50年の民家に拠点引っ越し

復興支援ボランティアの無料宿泊所として旧大槌北小校舎2階に今春開設された「大槌きらりベース」が30日で廃止されることになり、私たちの活動拠点「NewsLab♡おおつち」も29日、同校舎2階「3年1組」教室を引き払って、大ケ口地区の住宅団地内にある古い民家「トトロハウス」(仮称)に引っ越しました。
 

新拠点は、旧拠点から北西約1.2キロの距離にある築50年の民家を借りました。間取りは4LDKと広く車庫も付いています。これまで電源やネット回線に苦労してきましたが、トトロハウスは電気・水道・ガスが整い、10月早々に光回線も引く予定で、『大槌みらい新聞』の安定的発行や飛躍を図る上で盤石な備えです。ただトイレは汲み取り式です(^_^;

NewsLab♡おおつちは7月30日、「3年1組」教室に開設。学生インターン15人や現役記者のボランティアが猛暑の大槌に連日駆けつけ、きらりベースに宿泊しながら活動してきました。皆さんや町民の方々の支援・声援を支えにして『大槌みらい新聞』を創刊することができました。
 

大槌みらい新聞発祥の地でもある「3年1組」教室の黒板から「NewsLab♡おおつち」の文字を消し去る際、寂しさがこみ上げてきましたが、新たな拠点で気持ちも新たにして頑張りたいと思います。

Readyforのスポンサー募集受付は10月1日夜11時まで残り時間わずかとなりました。引き続き多くの方のご支援をお待ちしています。

学生が大槌で半年間活動します新メディア支援募集、今宵まで
一覧に戻る

リターン

3,000

alt

・大槌みらい新聞の創刊号をお送りします

支援者
62人
在庫数
制限なし

10,000

alt

・大槌みらい新聞(毎月発行)を創刊号から4ヶ月分(合計4号)お送りします
・大槌みらい新聞のステッカーをお送りします

支援者
108人
在庫数
制限なし

30,000

alt

・大槌みらい新聞(毎月発行)を創刊号から半年分(合計6部)、毎月お送りします
・大槌みらい新聞の創刊号に名前(twitterのIDとアイコン)を掲載します
・ステッカー

支援者
21人
在庫数
制限なし

100,000

alt

・大槌を支援する思いを編集部がインタビューさせていただき、大槌みらい新聞の特別号外として発行します

支援者
6人
在庫数
制限なし
プロジェクトの相談をする