READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

陸前高田で今後もボランティア受入を継続させ復興に貢献したい!

佐藤貞夫(NPO法人パクト)

佐藤貞夫(NPO法人パクト)

陸前高田で今後もボランティア受入を継続させ復興に貢献したい!

支援総額

2,674,000

目標金額 2,500,000円

支援者
212人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
17お気に入り登録17人がお気に入りしています

17お気に入り登録17人がお気に入りしています
2015年01月29日 13:06

スポンサー広告も今日が最終日!

皆様クラウドファンディング「READY FOR?」へのご協力誠にありがとうございました。
スポンサー広告も今日が最終日

お陰様で目標金額を達成することができサポートステーション
も存続できます。本当にありがとうございました。
最終日の今日はReady For?にご協力頂いた、ある支援者様からの心
温まるメールをご紹介したいと思います。少し長くなりますがお読み頂
ければ幸いです。

keroyonさんからの応援メッセージ
2015年01月21日

 達成おめでとうございます!!!目標額を達成した時,お話ししようと思っていたことをお話しさせて下さい。佐藤さんにとっては大した話ではないと思いますが,私自身の議として,伝えておかなければいけないことだと思うので,どうか聞いて下さい。
 私は今回,2回にわたって寄付をしました。実は,私が寄付した1回目の10万円は,私のお金ではありません。震災発生後,知り合いの方から託されたお金でした。私は岩手に住んで22年経ちますが,震災前年までの2年間,新潟県上越市に住んでいました。その時に私と妻が通っていた美容院の美容師さんが,震災の直後,「岩手で困っている人のために役立てて」と10万円の大金を私たちに送ってきたのです。ご存じの通り,新潟は,中越地震で間をあけずに2度も被害を受けています。間近で,復興支援の様子を見聞きしていたその方は,本当に必要な方の所に,必要な形でお金が使われていない,という疑心があったようです。確かに,そうかもしれません。遠く離れた新潟からでは,どんな方がどんな支援を必要としているのかわかりにくいので,岩手に暮らす信頼する私たち夫婦にお金を託したい,という申し出でした。2年間,髪を切りにきていたお客さんのことを信じて,自分の大事なお金を託すなんて,私には到底できない思い切った支援の仕方だと心から感銘を受けました。(よし,その思いをつなげるぞ。)と決意し,新聞・テレビの情報を敏感に捉え,ネットで調べまくり,自治体にメールを出し,何度か現地にも足を運び...という具合に情報を集めてきました。しかし,いざとなると...この大切な大切な思いのこもった他人様の大金をどこに使ったらよいのか...。責任が重すぎて,簡単には使うことができなくなってしまったのです。いや,それは,初めのうちのことです。私の言い訳です。私自身が,日々の忙しさに紛れ,支援先を探しきれていなかったのです。折角の熱い思いのこもった10万円なのに,私はそれを,全然生かすことができずに,どんどん時が過ぎていきました。こうしている間にも,このお金を必要としている人がいるはずなのに,支援先を見つけられなかったのです。10万円がまだ手元にある,ということを,その美容師さん(中川さんといいます。)に正直にお伝えした時,「私は,藤原さんにあげたんです。だから,気にしないで下さい。何だったら,藤原さんが使ってしまって下さい。」とおっしゃりました。何て人なんだろう,と。私には言えない言葉だし,私にはやれないことです...。そうこうしているうちに,もう震災から3年が経とうとしていました。もちろん,このお金のことを忘れることはありませんでした。絶えず,私の心の一角に大きな存在感を放ち,重くのしかかっていました。だからこそ,今回,佐藤貞夫さんのHPにたどり着いたのだと思います。HPを読んで,(これだ!)と思いました。すぐにうちの家内に「ここでどうだろ?」と相談したところ,家内も私と同じ思いを持ってくれました。(よかった,,,見つかった,,,。)心からそう思いました。しかし,残された日数と必要な金額を見比べた時,(目標額の達成は,かなり厳しいな。)という気がしていました。毎日,いや,数時間おきに,金額が増えていないか,HPをチェックしたりしていました。(目標額は遠いなあ。やっぱりだめかな。)と,ずーっと不安でした。私がはじめて,(もしかしたら,達成できるかも...)という気持ちになったのは,一昨日くらいでした。そして,今朝。目標額を達成したことを知らせるメールが入り,仕事中でしたが,ガッツポーズをとってしまいました。佐藤さんは,きっと私に「ありがとうございました。」と言うでしょう。実際,そう思っていると思います。でも,「ありがとうございました。」と言いたいのは,私の方なんです。ようやく,私自身が納得のいく支援先にたどり着けたことに感謝しています。このような大事な活動をこれまで続けてくれていたことに感謝します。支援させてもらい,ありがとうございました。そう,言わせて下さい。そして,この寄付金の出資者が,私ではなく,上越市の美容師の中川さんであるということを,伝えさせて下さい。引換券として受け取ることになるであろう物品は,全て,私の方から中川さんに転送致します。
 大変な長文になりました。くれぐれも,お体に気をつけて,息の長い活動をしていって下さい。お読み頂き,ありがとうございました。

★このメールには本当に勇気づけられました。スタッフ皆感動し涙を流すスタッフもおりました。自分たちだけじゃない・・みんな繋がっているんだと再認識させられました。
我々も今後は今まで以上に襟を正し、内外のチカラを併せ復興を目指して行きたいと思っております。皆様にはより一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い致します。

ありがとうございました。

 

一覧に戻る

リターン

3,000

・サンクスレター
・団体パンフレット

支援者
88人
在庫数
制限なし

10,000

・サンクスレター
・団体パンフレット
・サポステTシャツ

支援者
93人
在庫数
制限なし

30,000

・サンクスレター
・団体パンフレット
・サポステTシャツ
・陸前高田のお土産詰め合わせ

支援者
32人
在庫数
制限なし

100,000

・サンクスレター
・団体パンフレット
・サポステTシャツ
・陸前高田のお土産詰め合わせ
・サポステスタッフから支援者様へのビデオレター(DVD)

支援者
4人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする