プロジェクト概要

アジア各国で活動するプロボノ運営団体がここ東京に結集する「アジア・プロボノラリーTOKYO2014」を開催したい!

 

初めまして!NPO法人サービスグラントの嵯峨(さが)と申します。サービスグラントでは社会的・公共的な目的のために、仕事の経験やスキルを活かしたボランティア活動をする「プロボノワーカー」を、課題を抱えるNPOとマッチングするプログラムを提供しています。このたび、アジア各国でプロボノの運営に取り組む団体の皆さんからの嬉しい発案を受けて、来る2014年10月27日~29日の3日間、東京を舞台に、アジア各国のプロボノ運営団体が集まる国際イベント「アジア・プロボノラリー 2014」を開催することになりました。しかし参加する各団体はそれぞれの国で活動するNPOで、基本的に、資金的には決して潤沢とは言えない状況です。

 

アジア各国がお互い助け合うような関係を築くきっかけをつくるために、日本国内の滞在費用については、なるべく日本側で賄い、と考えています。どうぞ皆さまのご支援よろしくお願いします!

 

(今年2月にサンフランシスコで開かれたグローバル・プロボノサミット)

 

 

今世界的に広まり始めている、職業上のスキルや経験を活かしたボランティア活動「プロボノ」

 

「プロボノ」とは、社会的・公共的な目的のために、職業上の経験やスキルを活かして取り組むボランティア活動のことです。社会課題解決の担い手として、NPOやNGOなどの非営利セクターの活躍に期待が集まる世界的トレンドの中、非営利セクターの基盤強化に欠かせない存在として「プロボノ」が注目され、世界各国で、プロボノの実践が広がりを見せています。
 

(2004年の年末、まだスタートしたばかりのサービスグラントの様子)

 

今でこそ「プロボノ」という言葉が日本でも広まりつつありますが、ここまで来るにはたくさんの苦労の連続がありました。2005年の初頭、まだプロボノという言葉の認知もない中、サービスグラントの活動はスタートを切りました。実績もない活動ゆえに、特に資金的な裏付けもなく、乗りと勢いで活動を始めましたので、基本的には手弁当のプロジェクトでした。

 

それでも、NPOのニーズに迫る中で見えてくる社会課題や自分自身の気づき、今までに提供したいくつかの支援実績の成果が認められ、2009年に日本財団さんから支援を受けることができました。これを機に、サービスグラントをNPO法人化し、日本国内におけるプロボノの広がりに寄与してきたと思います。

 

(今現在、アジア各国ではプロボノブームが起きています!)

 

米国のような寄付文化の土壌があまりない中で、現在の状態を実現している日本のサービスグラントの状態は、おそらく、アジア各国でプロボノに取り組む団体の皆さんにとって、その一筋縄ではいかなかったこれまでの経緯を共有し、また、今のサービスグラントの運営方法をお伝えすることは、身近なアジアの国の実例として、共感を持って参考にしていただけるようです。

 

(こんなにたくさんの方々に「プロボノ」が注目されるようになりました!)

 

日本を含むアジアでは、今プロボノムーブメントの真っ只中。韓国、中国、シンガポール、インド、サウジアラビアなどで、プロボノ運営団体が立ち上がり、それぞれの国・地域で、企業とNPOとの新しいコラボレーションが始まっています。

 

こうした動きを受け、世界各地のプロボノ運営団体が一堂に会する場として、今年2月に「Global Pro Bono Summit 2014」サンフランシスコで開かれ、その場に集まったアジア各国の団体のみなさんから、こんな声が上がりました。

 

「日本は、米国に次いでプロボノに取り組み、世界的にも先駆けて数多くの実績を残している。日本のプロボノを見に行こう! そして、アジアにおけるプロボノによる協働に向けて議論を深めよう!」

 

(アジア各国で、プロボノ運営団体が立ち上がっています)

 

アジア各国のプロボノ運営団体が東京に!

10月末に「アジア・プロボノラリー 2014」開催決定!

 

このような、アジア各国のプロボノ団体の皆さんからの嬉しい発案を受けて、来る2014年10月27日~29日の3日間、東京を舞台に、アジア各国のプロボノ運営団体が集まり、意見交換し、情報発信し、相互交流する場「アジア・プロボノラリー 2014」の開催を決定しました。

 

アジア・プロボノラリー2014では、例えば、次のようなプログラムを予定しています。

○ アジア各国のプロボノ運営団体の皆さんを囲んでの交流イベント

○ 多数の皆さまが参加でき、アジア各国のプロボノの状況が分かるフォーラムイベント

○ アジア各国の連携を確認する覚書や協定書の締結、宣言の採択

○ プロボノの支援を受けた東京周辺のNPOへの視察・訪問

○ 日本のマスメディアとの勉強会

○ 日本企業との意見交換会

 

 

 

(より多くの方に参加してもらえるよう日々準備を進めています)

 

 

アジア各国がプロボノを通じて社会課題解決のため助け合うような関係を築く第一歩となるフォーラムを開催するために。

 

このイベントの開催に当たって、アジア各国から日本に来ていただくコストについては参加者の自己負担としています。しかし、参加者(そのほぼすべてがNPOで、資金的には決して潤沢とは言えない団体が多いのです)にとっては相当の負担となるはず。そこで、アジアからのゲストの日本国内の滞在費用は、なるべく日本側で賄いたいと考えています。
 

READYFOR?で皆さまからの支援は、「アジア・プロボノラリー 2014」を開催するために、次のような用途に活用させていただきたいと考えています。

 

○ フォーラムや交流会などのイベント会場費

○ アジア各国ゲストのみなさんの宿泊費

○ 東京都内における移動費

○ 通訳の経費

 

このイベントを通じて、日本からアジアへ、アジアから日本へ、といったような、国境をまたいだプロボノの仕組みづくりの第一歩を踏み出したいと考えています。

 

近い将来、日本人がベトナムで、中国人が日本で、アジア各国がお互い行き交いながら、プロボノを通じてそれぞれの社会課題解決に力を貸し、助け合うような関係が築けたら・・・。そんな将来のアジアの連携を目指したいと思います。みなさまの応援、どうぞよろしくお願いいたします。

 

(アジアの皆さまに日本に招待するために。ご支援よろしくお願いします。)

 

引換券について

■サンクスメール

ご支援をいただいた皆さまに、気持ちばかりではございますが、御礼のメールを送らせていただきます。

 

■イベント開催に向けたメールマガジン

イベント開催に向けた準備状況などについて、ご支援いただいた皆さまに逐次情報提供させていただき、当日に向けたワクワク感を共有できればと考えています。

 

■「アジア・プロボノラリー 2014」特別招待券

以下のイベントのいずれか1回にご参加いただけます。

○ 10月27日(月)夜に予定されている交流会イベント

○ 10月29日(水)夜に予定されているフォーラムイベント後の懇親会

※ 代理での引換券取得や、ご本人以外の方へのプレゼントも可能です。

 

■アジア・プロボノラリーに参加した各国のプロボノ運営団体からのゲストの直筆による寄せ書き色紙

プロボノ運営団体のゲストの皆さんによるサインを集めた色紙です。イベント終了後に、皆さまに郵送させていただきます。

 

■サービスグラント特製ステッカー

10,000円以上のご支援をいただいた皆さまには、サービスグラントの特製ステッカーも合わせてプレゼントさせていただきます。

 

■イベント運営ミーティング参加権

支援者という枠を超えて、私たちと一緒にイベントと作っていく経験をしませんか?

 

■サービスグラント代表嵯峨との食事会にご招待

今後のプロボノについて、ぜひ一緒に話しましょう!


最新の新着情報