プロジェクト概要

子供達を内部被曝から守るために、放射能市民測定所を始めたい!!

 

はじめまして。私は気仙沼に暮らす2児の母です。

私は個人で、野菜や土壌の放射線濃度の測定を依頼していました。

その結果、食品は果樹系や山菜から放射性物質が出たり、土壌は局地的に放射線量の高いホットスポットが多数あることも発見されました。

これでは、安心して食事をすることも、子供達を遊ばせることも出来ません。

何が、どこが危険なのか分からなければ、対策を打つことも出来ません。

そのためには、誰もが気軽に通うことのできる放射能市民測定所が必要です。

 

本当は測定器の購入を考えていたのですが、まずはリースをします。今回、クラウドファンディングが成功した暁には第二弾として、購入費用の募集もしたいと思っています。まずは、第一弾絶対に成功させたいです。ご協力をお願いします!

 

(放射能測定器を使用しているところ)

 

ご支援いただいたお金で、トレーラーハウスを畑に隣接させ、放射能市民測定所にします。
この畑は子供達が農業体験をしたり、思いっきり遊ばせられる場所にしたいと考えています。そして、安全な食べ物、子供が安全に遊べる場所を作って行きたい思います。

放射能情報を共有する事で、子供を守れることはもちろん、気仙沼の食品の風評被害なども食い止めることが出来るのではないかと思います。
育児をしている方々、気仙沼の食をお仕事にしている方、気仙沼に旅行に来る全世界の方、全ての人が安心出来るような情報を提供していきたいです。

 

(測定所となるトレーラーハウスです)

 

(放射能測定所にするためにトレーラーハウスを移動させるため、気仙沼の賛同者の方々が砂利を敷く様子)

 

震災後、子供に何を食べさせるのが安全で、外で遊ばせたいけれども土遊びさせていいものだろうか。という疑問が震災後ずっとありました。

口には出さないけれども、その様に思っている方は物凄く大勢居て、「家庭菜園の野菜を孫に食べさせられない」、「魚を食べるのが怖い・・」、「ホットスポットって気仙沼にもあるのか?」など色々な声を聞くことがありました。

 

産直などで委託している方などは、「生の柿だと放射能測定しなくても良いけど干し柿は放射能測定して下さい。費用は1検体当たり2万円です。と言われたんだけれども、干し柿、2万円分売るくらいないよ・・」と気仙沼のおばあちゃんは言っていました。
この様に様々な意見を聞く機会があり、気仙沼に誰もが気軽に来れる市民測定所が必要だ!と思うきっかけになりました。

 

(放射能測定した畑での様子。子供を連れて農作業出来る様な環境を作りたいです)

 

今までは、私個人で、仙台の市民測定所「小さき花SSS」に委託し気仙沼の農産物、海産物、畜産物、土壌、灰などを測定してきました。

気仙沼の灰はボイラーで燃やした木の灰を測定したのですが、約18,000bqという高線量だということが分かりました。

薪を使うことで内部被曝のリスクが高くなると言う事も伝えていかなければなりません。放射能測定したデータを市民で共有することによって、気仙沼の子供の内部被曝を防ぎ、土壌汚染も少しずつ解消し、気仙沼の食品が安全だと言う事を大勢の方々に知っていただきたいと思っています。

 

気仙沼での放射能被害を食い止める、子供に安全な生活を送っていただくために、震災後のストレスを少しでも軽減させることができると思います。子供が育っていく場所に安全・安心な食べ物や遊ぶ場所がわかるようにしていくことが第一です。

市民全体で、放射能の情報を共有し、みんなで子供達を守っていきたいと考えています。

 

具体的な内容は以下のとおりです。

 

【小さき花 市民の放射能測定室】http://www.chiisakihana.net/
と連携して放射能測定室を気仙沼でも始めています。

計画としては、気仙沼の生産者さんや、飲食店の方などが安心して農産物、海産物を使えるように放射能測定を行う。
  ・家庭菜園した野菜や、土壌の放射能測定。
  ・出来るだけ低価格で、放射能測定する!

   という事自体の敷居を低くして気軽に来れる明るい放射能測定所にする。
  ・放射能測定したというマークの普及。気仙沼市のお店で連携する!
  ・安全な場所で子供を遊ばせる。

 

 

(放射能測定して安全だよというマーク)

 

 

引換券は

サンクスレター+放射能測定情報の冊子+気仙沼の加工食品

+気仙沼で採れた農産物などです。食品は全て放射能市民測定所で放射能測定を行い、安心して食べられる物をお送りしたいと思います。

 

サンクスレター+放射能情報の冊子

応援して頂いた皆さんにお送りします。この、放射能情報を皆さんに見て頂くことにより放射能の事を考えて頂くきっかけになったり、気仙沼の事も知って頂く機会にしたいと思います。

 

気仙沼の加工食品

放射能測定された安心・安全な物をお送りしたいと思います。

 

麦茶
 VOARLUZで行っている、『おいしい麦茶を育てようプロジェクト第一弾』で出来た麦茶。土づくりから初めて、麦を育て、収穫し、鉄鍋で煎って、おいしい麦茶が完成しました!もちろん、放射能測定も済んでいて、不検出!安心して飲んでいただけます。

 

(気仙沼で採れた苺をジャムにしたものです。無添加で放射能測定済み!)

 

気仙沼産農産物

 気仙沼で栽培された、農薬や化学肥料などを最小限に抑えたおいしい野菜です。

 

数珠玉ブレスレット
 気仙沼の畑の片隅に自生していた数珠玉(イネ科の植物)を商品化したものです。
 花言葉は、祈り・恩恵・果たされる想い。
 塗料などもついていないので、お子様が口に入れても安心です。

 

 

今、私達は何も無い状態からのスタートです。支援者の方がいる事で、未来ある子供達を守るために放射能市民測定所をスタートする事が出来ます。たくさんの方々に「気仙沼に放射能測定所を!」に参加して頂くことにより、情報を共有して頂き、おいしい気仙沼の食べ物を多くの方々に発信していくことが出来ます。

 

気仙沼が安全・安心である事を市民が確認出来る用に。そして、情報を発信していく為には皆さんの応援が必要です。よろしくお願いいたします。


最新の新着情報