クラウドファンディングとははじめるさがす
寄附型
成立

宇宙開発の未来のために!宇宙ゴミ観測人工衛星打上げへの挑戦!

宇宙機ダイナミクス研究室(九州大学工学研究院)

宇宙機ダイナミクス研究室(九州大学工学研究院)

宇宙開発の未来のために!宇宙ゴミ観測人工衛星打上げへの挑戦!
寄附総額
2,574,000

目標 2,000,000円

寄附者
149人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
18お気に入り登録18人がお気に入りしています

終了報告を読む


18お気に入り登録18人がお気に入りしています
2018年09月19日 19:51

【残り9日! 現在44%!】電流電圧センサを動かしてみました

こんばんは、電源系担当の荒川です。

 

電流電圧センサを買ったので、さっそく試してみました。

電源系では、太陽電池を使って発電した電力を人工衛星の各機器に適切に分配し、電力に余裕があれば内蔵したバッテリーへの充電を制御しなければなりません。

そのためには、太陽電池の発電量やバッテリーへの充電量などを測定し、人工衛星の頭脳にあたるマイコンでデータを取得する必要があります。

 

今回使ったセンサはストロベリー・リナックス社が製造・販売しているINA226PRCというセンサモジュールです。電流と電圧を測定し、デジタルデータに変換してくれます。大きさは切手くらいでしょうか。

そのままだと他の部品と接続できないので、使う前に数か所はんだ付けします。

 

説明書を見ながら配線していきます。付属の説明書が日本語で書かれていて、図を使って丁寧に解説してあったので非常に分かりやすかったです。

たくさん穴の開いた板のようなものは「ブレッドボード」と呼ばれるもので、電子部品部品を挿すだけで接続できます。はんだ付けが不要なため、回路を試作するのに便利です。

写真左下の青緑色の板はマイコンです。マイコンは人工衛星における頭脳のようなもので、プログラムを書きこむことでセンサからデータを取得したり、モーターを制御したりしてくれます。今回使ったのはArduino microと言って、実際に私たちの衛星で使用するのと同じシリーズのマイコンです。

 

配線が終わったらプログラムを書きこんでいきます。今回作ったプログラムは、センサからデータを取得し、電圧と電流に換算してパソコンに送信する、というシンプルなものですが、果たしてきちんと動くでしょうか……

 

 

初めこそ計算ミスがあったものの、何回か見直すうちに正しく動くようになりました!

乾電池を接続すると、電圧と電流がパソコンに送られてきます(乾電池にしては電圧が低いですが、ダイオードと呼ばれる部品を繋いでいるためです)

 

せっかくなので太陽電池も繋いでみましたが、あいにく外は曇り……

仕方がないので研究室にあった懐中電灯で照らしてみました。

結果は……いちおう発電はしてくれますが、発電量は本来の値よりも遥かに小さいです。この懐中電灯も相当明るいのですが、やはり本物の太陽とは比べ物にならないようです(波長の違いもあるかもしれませんが)

本物に使用する宇宙用太陽電池は1枚数万円~と非常に高価ですが、今実験に使っている物は数百円で購入できるので、汚れたり傷ついたりを恐れず晴れた日の屋外でどんどん実験していきたいと思います。

 

 

最後に、クラウドファンディングの期間も残り9日ですが、これからも諦めずに努力する所存です。皆様どうかご支援をよろしくお願いいたします。

一覧に戻る

ギフト

5,000円(税込)

【未来の宇宙開発を担うQ-Liを応援!】

◆寄附金受領証明
◆お礼のメッセージ

寄附者
37人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年3月

10,000円(税込)

【未来の宇宙開発を担うQ-Liを応援!】報告書付き

◆寄附金受領証明
◆お礼のメッセージ
◆研究開発報告書

寄附者
56人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年3月

30,000円(税込)

【未来の宇宙開発を担うQ-Liを応援!】メンバーご案内の天体観測会へご招待

◆寄附金受領証明
◆お礼のメッセージ
◆研究開発報告書
◆研究室メンバーがご案内する天体観測会へのご招待

寄附者
8人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年3月

50,000円(税込)

【未来の宇宙開発を担うQ-Liを応援!開発現場への見学会ご招待

◆寄附金受領証明
◆お礼のメッセージ
◆研究開発報告書
◆研究室メンバーがご案内する天体観測会へのご招待
◆開発現場への見学会ご招待

寄附者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年3月

100,000円(税込)

【未来の宇宙開発を担うQ-Liを応援!】試作機・衛星本体へのお名前

◆寄附金受領証明
◆お礼のメッセージ
◆研究開発報告書
◆研究室メンバーがご案内する天体観測会へのご招待
◆開発現場への見学会ご招待
◆試作機・衛星本体へのお名前記載

寄附者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年3月

300,000円(税込)

【未来の宇宙開発を担うQ-Liを応援!】試作機・衛星本体へのお名前

◆寄附金受領証明
◆お礼のメッセージ
◆研究開発報告書
◆研究室メンバーがご案内する天体観測会へのご招待
◆開発現場への見学会ご招待
◆試作機・衛星本体へのお名前記載

寄附者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年3月

1,000円(税込)

学生限定【未来の宇宙開発を担うQ-Liを応援!】

◆寄附金受領証明
◆お礼のメッセージ

※こちらは学生限定のリターンとなります。

寄附者
41人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年3月

プロジェクトの相談をする