READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
寄附型

子供達の成績を改善するため、カンボジアに算数ドリルを配りたい

子供達の成績を改善するため、カンボジアに算数ドリルを配りたい

寄附総額

18,000

目標金額 500,000円

3%
寄附者
6人
残り
38日
プロジェクトの寄附にすすむ(※ログインが必要です)
0お気に入り登録0人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった寄附金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。寄附募集は3月27日(金)午後11:00までです。

0お気に入り登録0人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

▼日本とは大きく違うカンボジアの教育環境、オリジナルの算数ドリルを配りたい。

 

皆さんこんにちは。

ページをご覧いただきありがとうございます。

 

私は、学生団体「IVYyouth」代表の富樫航と申します。

私たちは、国際協力NGO「IVY」を母体として、山形、仙台を中心に活動しております。

IVYyouthは、東北での世界の平和のため、国際活動の活性化と若者の経験の幅を広げる事、活動を通しての自己成長を目的に2010年に設立された団体です。

 

今年で10年目を迎える団体で、これまでずっとカンボジアの教育支援について携わっており、国内での議論を通して、実際にカンボジアに足を運び現地での調査、支援を行ってきました。

その結果、約10000冊以上のオリジナル算数ドリルをカンボジアの子供達に渡してきました。

 

急速な経済発展により、10年前とは大きく変わっているカンボジアですが農村地域ではまだまだ発展途中で、子供たちの教育環境も満足とは言い難い状況です。

今年もそんなカンボジアの農村部の子供たちに算数ドリルを配る必要性を感じ、このプロジェクトを立ち上げました。

 

カンボジア農村部の留年者が多い学校9校にオリジナルの算数ドリルの配布を行います。

配布するドリル530冊の印刷費、現地での活動費にご協力いただけないでしょうか。

どうかご協力よろしくお願いいたします

 

 

 

▼子供たちの将来の選択肢を広げるために!!!!!!

 

カンボジアの小学校にも日本のような学校に通わなくてはいけない義務教育が存在します。

しかし、日本と大きく違う点は留年制度があるという事です。

学期が終わるタイムイングで進級に関わるテストが行われ、そのテストである一定の成績をとらないと留年してしまうのです。

 

何故、留年をするのか調査をすると学校に行かないで遊んでる、風邪をこじらせて学校に行けない、勉強についていけない、親の手伝いがある、などでした。

カンボジアでは歴史的背景より、教育に関してあまり関心のない親、先生も少なくありません。

なので、子供たちが学校に行かないことに対して否定的にはとらえなかったりすることもあり、それが留年してしまう一因でもあります。

 

しかし、今後生きていく上で小学校レベルの教育は必要不可欠です。

特に農村地域のようなところでは、「何ヘクタールの土地に、、、」「何グラムの、、、」

などの計算は絶対にできなくてはいけません。

 

基礎的な学力を身に着けていないと将来の選択肢の幅を狭めてしまうことにもなります。

また、自分が親になった時に、子供への教育の関心が薄れ留年してしまうという負の連鎖を断ち切りたいです。

 

そこで、教育環境の負の連鎖を断ち切るため、子供たちの将来の選択肢の幅を広げるため

私たちは、まず留年する子供を減らす事を目標に活動することを決めました。

 

支援する小学校の選定では留年する子供を多く減らしたいという理由から、留年者が最も多い州、またその中でも最も留年者が多い郡、学校を選び、最終的にはカンボジア、コンポントム州、プラサットバラン郡に属する9校を支援学校として選定しました。

 

支援校9校

  • Krobao小学校
  • Salavisai小学校
  • Baray小学校
  • Tropaeng Knong小学校
  • Bos Veng小学校
  • Donug小学校
  • Smornh小学校
  • Veal Thnol小学校
  • TROpaeng Thmor Thmey小学校

 

▼オリジナルの算数ドリルを配るだけではないんです。!!!

 

上記で算数ドリルを配るために、皆さんにご協力をお願いいたしました。

しかし、算数ドリルを配るだけではありません。

 

これまでの支援も算数ドリルを配るのと同時にIVYyouth子供たちに勉強を教える学習会をやってきたり、自分たちが考えた授業内容を先生たちにやってもらう学習会をやってきました。

 

今回は、支援校9校の先生全員と話し合いをします。

先生とIVYyouthが作成したドリルについて議論したり、他にも支援校9校の子供たちにIVYyouthが作成したテストをやってもらいその採点を一緒にし、その結果を見ながら意見を交わします。また、子供の家庭にお邪魔して家庭状況調査も行います。

▼実は3年間の計画なんです。

 

過去にも皆さんにご協力をしていただきました。

実はこの支援内容は3年間の期限付きの計画になっています。

 

ちょうど今、1年半を経て半分過ぎましたが、今後も算数の留年者が減るように支援を続けていく予定です。3年後に、3年間支援した子供達と他支援していない子供達を算数の成績、留年率等を比較して本プロジェクトの成果を測ります。その成果より、支援の延長、または他のプロジェクト変更をするか決定します。

 

留年することなく、3学年まで進級することができれば基礎学力がつき、中学、高校への進学の可能性が高まり、結果的に職業を自由に選べるのではないかと考えています。

 

 

最後に、自分達が日本の教育環境で当たり前のように授業を受け、友達と話していた学校生活。

はじめてカンボジアに渡航した際にそんな自分達の状況と比較して衝撃を受けました。

教育を満足に受けさせることができない子供達に少しでも学校の楽しさを知って欲しいと思います・

自分達のような学生団体にできる事は限られていますが、必ず目標を達成できると信じています。

 

そのためには皆さんのご協力が必要不可欠です。

どうかご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

・プロジェクトの終了要項

寄贈するもの

算数ドリル

 

寄贈個数

530冊

 

寄贈完了予定日3月28日

 

寄贈先

カンボジアコンポントム州プラサットバラン郡、9校小学2年生

名称:サラビサイ小学校、ボスベン小学校、ドン小学校、クロバオ小学校、バライ小学校、フィールトゥノール小学校、トロピエンクノン小学校、トロピエントゥモウトゥメイ小学校、スマウ小学校

 

 

[特定寄付金による税金優遇について]

本プロジェクトを通じて寄付を行う場合には、以下の税制優遇を受けることができます。

 

<内容>

・個人の場合:2000円以上の寄付をされた方は、寄付金領収書を添えて確定申告を行うことで所得税するに関する優遇措置として「税金控除」か「所得控除」のうち有利な方を選択できます。一部の住民税についても優遇措置の対象となる場合がございます。

 

・法人の場合:「寄付金特別損金算入限度額」の枠が適用され、当該限度額の範囲で損失金算入ができます。

*詳しくは自治体や諸轄税務署、国税庁のWebサイト、認定NPO法人IVYのウェブサイト等をご覧ください。

 

<寄付金領収書の発行について>

寄付をされた方には、後日「寄付金領収書」を送付いたします。

領収書名義:Readyforアカウントにご登録の氏名を宛名として作成します。

領収書発送先:Readyforアカウントにご登録の「リターン/ギフトの発送先ご住所」に送りします。

領収書の発送日:2020年5月ごろを予定しています。発行までお時間を頂きますがご了承願います。

 

 

 

 

もっとみる

プロフィール

IVYyouthは東北の学生組織です。カンボジアの小学校へ算数ドリルを配布する算数教育支援や国際理解教育のためのワークショップをしています。

ギフト

3,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

心からの御礼コース

・サンクスレター
・プロジェクト実施報告書
(共に紙媒体で郵送いたします。)

寄附者
6人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年5月
寄附をする

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

オークンコース

・サンクスレター
・プロジェクト実施報告書
(共に紙媒体で郵送いたします。)
・「算数ドリル」にお名前を掲載させていただきます。
*注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、
リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の
「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

寄附者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年5月
寄附をする

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

スペシャルオークンコース

・サンクスレター
・プロジェクト実施報告書
(共に紙媒体で郵送いたします。)
・「算数ドリル」にお名前を掲載させていただきます。
*注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、
リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の
「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

寄附者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年5月
寄附をする

50,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

ウルトラオークンコース

・サンクスレター
・プロジェクト実施報告書
(共に紙媒体で郵送いたします。)
・「算数ドリル」にお名前を掲載させていただきます。
*注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、
リンク先 (https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の
「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

寄附者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年5月
寄附をする

プロフィール

IVYyouthは東北の学生組織です。カンボジアの小学校へ算数ドリルを配布する算数教育支援や国際理解教育のためのワークショップをしています。

あなたにおすすめのプロジェクト

NEXT GOAL挑戦中

被爆体験と平和への願いを次代へ-継承プロジェクト、スタート!

北明邦雄(きためくにお)一般社団法人北海道被爆者協会事務局次長北明邦雄(きためくにお)一般社団法人北海道...

#子ども・教育

105%
現在
737,000円
支援者
75人
残り
2日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする