皆様のお陰で一つの節目、100万円まで達成出来ました!

 

本当に多くの方々からの御支援、応援メッセージに勇気をもらっています。

 

有難う御座います!!!

 

 

プロジェクトを始めて、もうすぐ半分の日数が経過しようとしています。

 

絶対成功する事を信じて、出版協力者の方々とミーティングを週1回繰り返しいよいよ最終段階に近づいてきています。

 

本の中身は、自分の娘が進行性の不治の難病「レット症候群」と知った失意の時期から、娘の笑顔に救われ、多くの方々のお陰で難病に立ち向かう準備を始めている事・・・

 

多くの方にレット症候群の事を知ってもらう為に、少し専門的な医学の話や、NPOの立ち上げに必要な専門的な話、支援の輪を広げる為に実際に私が行ってきた活動方法等々・・・内容は少し難しい話も含めて250ページ位にもなりそうなボリュームに膨れてきています。

 

その中の一部で同じレット症候群のお子様をお持ちの方々にも協力して頂き、メッセージを頂いておりますので、少しだけ一文を紹介致します。

 

 

~しゃべることができない娘に、「お母さん」と呼んでほしいと、ずっと思っていました。
でも、娘の病気を知った時、それはもしかしたら、叶わない夢かもしれないと、思うようになりました。
一度でいいから、「お母さん」と呼んでほしかった。それからはそんなことを、ずっと考えていました。
そんなある日、ふと、私が「お母さん」と呼んでほしいと思っている以上に、娘は私のことを声をあげて「お母さん!」と呼びたいはず・・・そう気がつきました。
どうか、彼女たちの生きづらさを少しでも軽くするために、お力をお貸しください。
私たちは、これからも彼女たちを、誰にも負けない深い愛で、育てていきます。
彼女たちは必ず、素敵な笑顔を、返してくれます。
誰にも負けない、素敵な笑顔を、返してくれます
。~

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ