このプロジェクトに興味を持って頂いた皆さんありがとうございます.このプロジェクトは多くの方々に支えられています.当日参加した方々の思いをお届けして行きます.

RUNWAY for KIDZ 2014 3,2
o.mo.i.de diary vol.1

RUNWAY for KIDZスタッフ

この企画に誘ってもらったのは去年の春だったかな。
まだはじまりのはじまりだったこの企画で、
私は息子とランウェイを歩くことを頭に描いて。
どんな服がいいかな?とか。バギーどんな感じにしようかな。
実現したらステキだなーと、
楽しみにしてたことを思い出す今年の春でした。

2014.3.2 RUNWAYforKIDZがたくさんの暖かい人たちの支えのもと実現しました。
ランウェイを歩く子供達はきらきらと輝いていて、
私が見たランウェイは
たった5メートルほどの距離だったけど
その後ろにはとてもとても長い道が見えたような気がしました。
産まれてからたくさん頑張ってきた子供たち。
病気の治療や入院生活。訓練や通院で辛い想いもたくさんしてきたよね。
「がんばって」なんてもう言えないくらいがんばってきたよね。
たくさんの愛情を注いでがんばってきた家族。
こどもたちが元気になるならなんだってしてあげたい。
辛い時に変わってあげられたらいいのに。
そんな思いでひたむきに子育てをしてきたんだと思います。
そんなたくさんの想いをランウェイの向こうに感じながらランウェイを見ていました。

こどもも家族も笑顔になれる場所。
たくさんの思い出を作れる場所。
ランウェイを歩いてみたいなって思ってくれるような
そしてここに来たらみんなが居る!
1人じゃないって思える場所になれるように。
パパママも、おじいちゃんもおばあちゃんも、兄弟も、お友達もご近所さんも、先生も
子供達を応援してくれてる人たちみんなに見てもらえたらステキですね!

そんな場所になれたら嬉しいです。

息子とのLOVE RUNWAYは叶いませんでしたが
たくさんのRUNWAYをこれからもお手伝いできる事が楽しみですたまりません♡

そして

みんながあたりまえに幸せに生活できるように・・・

今を楽しんで生活していけるように♡

新着情報一覧へ