皆さん、いつもご支援いただきありがとうございます。

今回のクラウドファンディングも残り5日間、そして、目標達成まで
11万円を切りました。
ここまで、これたのも皆さんのご支援あってのことです。

ありがとうございます。

 

クラウドファンディングは1/31をもって終了となります。

その次の日、2/1日からはロバソア小学校を中心とした、現地の方々への
人材育成、環境教育事業が本格的に開始します!

JICA事業で訪れた際のデモンストレーションの様子
JICA事業で渡航した際に現地住民の方にエコ燃料の作り方を教えている様子


上の写真は、JICA事業で渡航した際に、現地住民の方に、廃棄されたモミガラやオガ粉を活用して作るエコ燃料製作のデモンストレーションの様子です。
このときは20組約50名近くの家族が参加をしてくれました。
そして、質問もたくさん受け、現地の人からの熱い思いが感じられたのを今でも心に残っています。

こうした経緯もあり、2/1日から始まる環境教育、人材育成プロジェクトは、トヨタ環境活動助成プログラムに採択され、「マダガスカルの森を守り、子どもたちに笑顔を!里山エネルギースクールプロジェクト」として、活動を本格化していきます!
マダガスカルの国の再生エネルギーの重要性を認識しており、在日マダガスカル大使館をはじめ、現地からも大きく期待されているプロジェクトです。


※トヨタ環境活動助成プログラム:トヨタ自動車が1999年に「グローバル500賞」を受賞したことを記念し開始したもの。“人と自然が共生する未来づくりへのチャレンジ”の一環として行なっている。
採択決定ページ:




今回のクラウドファンディングは、皆さんはじめ、マダガスカル政府、住民の方々の想いがこもった、そして、これからの子どもたちのためにも、重要なプロジェクトです。


残り5日間のラストスパート。まだまだ、みなさまのご支援が必要な状況です。
引き続き、ご支援のほどよろしくお願い致します。


エコロジーオンライン
大和田 正勝

 

新着情報一覧へ