プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました


私たち社会福祉法人SHIPは、
福祉サービスの一環として、
 

発達障害、特にADHD(注意欠陥・多動性障害)の
不注意特性などによって
仕事がうまくいかない」「生き辛い
と感じている方々へ
 

タスクマネジメント(タスク管理)
を身に付けてもらうことで
仕事がやりやすくなったり、
生き辛さを解消していただく
 

という活動をしています。
 

 

 

 


こういったことがきっかけとなり、

仕事に通えなくなってしまう方をたくさん見てきました。


自分に合った仕事のやり方さえ分かれば、続けられたかもしれないのに……。

 


そこで、
 


が開発したタスクマネジメントツール

タスクペディア
 

 

今年5月にリリースしました。
 

 

当法人が運営している
障害者就労移行支援事業所EXP立川では、
発達障害やうつの方々を対象に、
タスクペディアを使ってタスクマネジメントを習得し、
就労に役立てるプログラムを行なっています。

 

タスクペディア説明動画はこちら!

 


「タスクペディア」に以下の機能を追加する開発を行います。
 


この2つの機能実装には
まとまった時間と費用が必要となります。

 

そのための支援を募ります。

 

この機能を追加することで
タスクペディアを使っている利用者様を始め
一般公募でユーザーになられた方々も
より効果的で仕事が進めやすいツールになります。 

 


タスクペディアの原作者は
タスクペディアの元となったタスクマネジメントツールを
エクセルで自作しました。


 

この自作ツールによって
自らのADHD特性はそのまま
それをサポートする環境を作り出し
仕事が普通にこなせるようになり
仕事以外の時間は仕事のことが気にならなくなった
 

という経験をしています。
 

タスクマネジメントに人生救われたというのは
言い過ぎではないと考えています。
 

タスクマネジメントを通じてできた仲間と共に
エクセルのツールをパワーアップさせてクラウドへ。


 


その完成度に一般公開を決め
社会福祉法人SHIPからリリースしました。

 


タスクペディアの追加機能の開発費用に充てさせていただきます。

 

 

 


ご支援へのリターンについては次のように考えております。
 

タスクペディアユーザー以外の方にも
是非ご支援をいただきたいと考えております。


「タスクペディアユーザーを応援する」


そう思ってご支援いただければと思います。

 


 

 

 

同じような特徴を持って苦しんでいる人に
同じようなツールを使ってもらったら
その苦しみを解消できるのではないか
 

私たちは、そう考えています。


それが正しいのなら
 

 

そう言えるのではないでしょうか。

 

私たちの考えをご理解いただき
是非、支援いただきたく、
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

タスクマネジメントツール「タスクペディア」に次の機能を以下のスケジュールで実装することでプロジェクトを終了とし、ツール追加機能開発費Readyforへの手数料・消費税に使わせていただきます。

  • 完了タスクページ新設 (2018年11月1日までに実装)
  • テンプレートページ新設(2018年12月1日までに実装)

 

本プロジェクトを通じて寄附を行う場合には、以下の税制優遇を受けることができます。
 

個人の場合

寄附をされた方は、寄附金領収書(※)を添えて確定申告を行うことで所得税に関する優遇措置として「所得控除」を受けることができます。一部の住民税についても優遇措置の対象となる場合があります。


法人の場合
「寄付金特別損金算入限度額」の枠が適用され、当該限度額の範囲で損金算入ができます。
※詳しくは自治体や所轄税務署、国税庁のウェブサイト等をご覧ください。

 

※寄附金領収書の発行について
寄附をされた方には、当法人より追って「生年月日」、「ご職業」および「連絡先電話番号」をお伺いして、「寄附領収書」を送付致します。

領収書の発送日は2018年12月頃(リターン送付月)を予定しています。
発行までお時間をいただきますが予めご了承願います。


最新の新着情報