プロジェクト終了報告

2018年06月09日

ローマ法王に米を食べさせた男がキリストの墓参りにやって来た!

青森県新郷村にある「キリストの墓」で第55回キリスト祭が行われたその日。

2018年6月3日、日曜日。「モーゼの墓」のある石川県の「UFOのまち」羽咋市から、ローマ法王に米を食べさせた男がキリストの墓参りにやって来た!

 

皆様

この度は高野誠鮮さんの講演会をキリストの里・新郷村で開催するクラウドファンディングにご支援いただきまして誠にありがとうございます。

また、当日は遠路はるばる新郷村までお出でいただきましてありがとうございました!!

 

東京からお越しのクラウドファンディングご支援者さまもいらっしゃいました。フェリーに乗って北海道大学から駆けつけてくださった先生も。

すごいですね。高野誠鮮さんの人気ぶり!それとも新郷村の不思議パワーが呼び寄せるのでしょうか?もしかしたら、キリスト様のお導き?!

 

ご来場いただいたクラウドファンディングご支援者さまには、六芒星の模様が入った手焼きせんべいを進呈いたしました。その日の午前中に「キリストっぷ」で焼いたものです。私が子どもの頃は六芒星の南部せんべいがお店でごく普通に売られていたんです。今では全く見かけなくなりました。岩手や宮城でも六芒星の南部せんべいがあったと聞きます。

話がそれました。元に戻します。

 

おかげさまで高野誠鮮さんの講演会は大盛況のうちに幕を閉じました。

ほんとうにありがとうございました。

来場者は約200名。たくさんの方々にお越しいただきました。新郷村ではこんな出来事はまずなかなかありません。

 

開催後に会った村の若者たちは口を揃えて「めちゃくちゃ面白かった!」「ズバッと言ってくれてすっきりした。」「楽しかったです。」「すごかった!」「高野さんを呼んでくれてありがとう!」と、気持ちの高ぶりを抑えきれないでいる感じです。

高野さんも新郷村の若者たちの目の輝きを見て感じたのだと思います。後日、嬉しいメッセージを頂戴しました。

「新郷村の発展と隆盛をみました。1年2年後には、新たな変化が来ているように思います。自然栽培は地域を変える力があります。ぜひ取り組んで下さい!」

 

はい!がんばります!!

私事で恐縮ですが、自然栽培の田んぼはあと4枚、もう一日で田植えが終わります。昨日、代かきは終わりました。田んぼのチェーン除草も並行してやっています。代かき後2~3日で田植え、田植えから3日~5日で一回目の除草作業。ここをしっかりやらないと草だらけの田んぼになって稲が草に埋もれてしまって稔りに結びつかないのです。田んぼの水位の調整をしながら、育苗ハウスの苗管理もやりながらなので、食事の時間ももったいないくらいの時期でして、そういうことで投稿がおろそかになってしまいました。申し訳ありませんでした。どうかご理解ください。

 

明日は田んぼの用水路の草刈りです。同じ水路を利用している農家が総出で共同で草刈りを行います。うちは田んぼが点在しているため、水路ごとにこの共同草刈りに参加しないとなりません。今月は明日と多分もう一ヶ所、来月も多分二か所。

田んぼの除草作業は7月中旬まで3~4回行います。田植えが終わったら今度は大豆の種まき。これも急がないと時期を逸してしまう。大豆畑の除草作業をしているうちにソバの種まきも迫る。そうこうしているうちに稲の花が咲き、すぐお盆になっちゃう。

 

また話がそれました。

講演会の模様を写真でご紹介します!

 

主催者あいさつ

 

主催者を代表して(というより新郷村の若者を代表して)中平くん挨拶。

続いて来賓祝辞。

 

新郷村長祝辞


村長から歓迎のお言葉を頂戴しました。ありがとうございました。

高野さんのご講演を一番いい席でお聞きいただきたいとお席を準備していましたが、残念ながら着座せずお帰りになられました。お忙しい時間を塗って駆けつけてくださいましてありがとうございました。

 

いよいよ高野さんの登場です!

 

の前に、急きょサイン会(笑)

高野さんの著作を持参の自然栽培農家さんが行列!

わたしも「日本農業再生論」にサインを書いて頂きました。木村秋則先生に来週お会いする予定なので、木村先生にもサインもらって宝物にします!

 

そして!高野誠鮮さんご登壇!!

 

 

白熱したご講演! この気迫!!

とは言っても、客席からは笑い声があがる場面もありまして。

冒頭に「新郷村に来たのは43年ぶりなんです。その時はリュックを背負って八戸から歩いてきましてキリストの墓にテントを張って寝泊りしたんです。」とおっしゃった際には会場がどよめきました。村の若い衆も顔を見合わせて目をぱちくりしてました。フルマラソンに近い距離ですもの、そりゃ驚きます(笑)

 

こうして講演会第一部、

『高野誠鮮流 ど真ん中直球勝負の生き方!』
「UFOで町おこし、限界集落の再生、自然栽培の普及、ローマ法王献上米など、革新的なことにチャレンジし続けてきた、高野誠鮮流・生き方の極意。」

が終了。

予定時間に収まりきらない濃密なお話しでした。

 

わたしは客席の後ろから、高野さんのお話しを聞く村内外からのお客様の背中越しに見ていて、「ああ、よかったなぁ。たくさんの人に高野さんの話を聞いてもらって。よかったかなぁ。しかも新郷村に来てもらって。ここで、今、こうしてみんなが一緒にいる。ああ、ほんとうによかったなぁ。」と、しみじみしておりました。

こんなしあわせな時間をいただけたのも、たくさんの方々からのクラウドファンディングご支援のおかげです。何度でも言います。ありがとうございました!!

 

休憩を挟んで、講演会第二部。

『聖書、十戒の真実!イエス、モーゼはなぜ日本に来たのか?』
「石川県羽咋郡に眠る「モーゼの墓」と「キリストの墓」が結ばれる? 仏法の教え、利他の心、宇宙的視点で謎を解きほぐす!」

がスタートです!

石川県羽咋郡宝達志水町に眠るモーゼの墓、そして青森県新郷村のキリストの墓を独自の調査に基づき解説。さらに、新郷村をはじめとするこの地方に伝わる盆踊り歌「ナニャドヤラ」をヘブライ語で翻訳してみせる高野さん。

 

 

 

「モーゼの墓」「キリストの墓」「竹内文書」「イスラエル失われた10支族」といった、かなりムー的な話題に突っ込んだ第二部。

かの有名な、あのスーパーミステリーマガジンの編集長を客席からステージに引っ張り上げてしまいました。

 

もっと話が聞きたい!もっと!もっと!

会場からUFOについての質問が飛び、NASAにコネクションを持つ高野さんがそれに答えます!

 

おっと、ここでタイムアップ。。。

顔出しOKな皆さんと終了後に記念撮影して閉幕。

みんないい顔してる!じつにすばらしい!!

ありがとうございました!!

 

皆さまからご支援頂いた資金は、しっかりと今回の講演会のために使用させて頂きます。

備品など形に残るものを購入していないので、例えば写真を示して「これにいくら使いました」とか明確にできないですが、そのほかリターンの購入費用、準備運営スタッフへのお礼等にも使用させていただきます。

 

リターンは今月中に発送します!(もし遅れる時はご連絡いたします。)

まだ何も準備できていないのです。ですので今ご報告できることは、これから準備していきます、という予告のみですいません!

講演会DVDもこれからの作業です。ビデオ撮影してくれた坂根くんはニンニク栽培農家なので、これからニンニク収穫で忙しくなる前にひとつひとつこつこつと作業していきますので少々お待ちください!

 

今回のクラウドファンディングは、167%の達成率となりました。ありがとうございました。

以前の投稿でも書きましたが、講演会開催費用より多く集まった場合は新郷村の若者たちが手づくりでやっているイベント「村魂祭」(そんこんさい)に援助する予定です。ご了承ください。

「村魂祭」は、星空と音楽とキャンプを楽しむ野外フェスとして昨年10月に開催され、今年もおそらく10月ごろに開催となる見込みです。三瀧くんが現在開催日を選定している段階です。

Facebookページがありますので検索してみてください。

 

長々と大変失礼いたしました。

最後に、とっておきの一枚。

高野さんとのツーショットですw

それではまたお会いしましょう!

その時までに平葭健悦は床屋に行きます!

でも高野さんより短くカットしませんけど。