READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

バングラデシュと日本の子ども達の、心と心を繋ぐ交流プロジェクト!

岡澤 友広

岡澤 友広

バングラデシュと日本の子ども達の、心と心を繋ぐ交流プロジェクト!
支援総額
671,000

目標 650,000円

支援者
61人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
3お気に入り登録3人がお気に入りしています

終了報告を読む


3お気に入り登録3人がお気に入りしています
2014年02月13日 19:44

SSPメンバーより

このプロジェクトには、皆さまからのご支援がまだまだ必要です。

ご協力を宜しくお願い致します!

 

SSPのメンバーの1人から、今回のこのプロジェクトを通して、
改めて感じている『想い』を書いてもらっていますので、是非ご一読ください。

 

バングラデシュの子ども数人を日本に連れてくるより、
多くの子ども達にワクチンや鉛筆を支援する方がいいのでは?

 

そんな声も頂きました。

 

確かにそうかもしれません。
 

発展途上国をお金や物資を渡すということはわかりやすい支援の形であり、
直接的に役立つことができます。でも、交流を通して、現地の子たちの心の変化だけではなく、
日本の子ども達の心にも大きな変化を表していると実感しています。

 

テレビやインターネットを通して、世界を知ることは簡単にできるこの時代。

 

でも…

実際の食文化を体験してみること。
プレゼント交換などのモノを通してお互いの文化に触れること。
挨拶などの言葉を覚えること。

 

やっぱり大切なことなんだと思います。


授業の回数を重ねるごとに、子ども達の喜怒哀楽が豊かになっていくのです。
授業に対する姿勢もどんどん良くなっていきます。

 

「五感を使って交流することが、こんなにも子ども達の表情に変化を及ぼすとは
思ってもみませんでした。」

と、卒業後、親御さんからお礼を言われたこともありました。

実際に、バングラデシュに旅行で行った子もいます。

 

楽しみながらも、彼らは少しずつ世界のことを学んで成長しているのです。

 

日本の未来を担う子ども達の心にそんな刺激を与えられる。

「直接交流」にはそんなメリットも含まれていると私は考えています。
 

一覧に戻る

リターン

3,000

お礼状(ミサンガ付き)
+SSPホームページ内に支援者名を明記:

SSP、チッタゴンの学校と子ども達。それぞれの立場からの感謝の気持ちを、1枚のお礼状にまとめます。バングラデシュの産物であるジュート(麻)を材料にした紙で制作します。また、そのジュートで作ったミサンガを添えます。
※ミサンガは、SSPの活動の中で子どもたちが送り合うプレゼントとしてよく制作しています。
※SSPホームページ:
http://www.sister-school-project.com/index.html

支援者
37人
在庫数
制限なし

10,000

3,000円引換券+
チッタゴンでの様子をおさめた写真集:

チッタゴンの風景、学校の様子、子ども達を写真におさめ、1冊の写真集としてまとめます。2013年の活動で子ども達にプレゼント交換してもらったTシャツを着た子ども達の様子などをおさめています。プロということではなく趣味の延長ではありますが、SSPメンバーは写真好きが多く、過去にメンバー合同で写真展を開催したこともあります。

支援者
17人
在庫数
制限なし

20,000

10,000円引換券+
チッタゴンの子ども達のデザインしたTシャツ:

2013年の活動では、日本の子ども達からのプレゼント(Tシャツ)のお返しとして、チッタゴンの子ども達にもTシャツをデザインしてもらいました。日本の子ども達に渡すそのTシャツを、ご支援頂いた方々にもお送りします。
※但し、年齢も様々な子ども達が、自由な発想でデザインしたものですので、クオリティ及び実用性をお約束できるものではございませんので、ご了承ください。

支援者
4人
在庫数
制限なし

30,000

20,000円引換券+
バングラデシュのお土産(小物):

バングラデシュ伝統刺繍「ノクシカタ」 の小物を、バングラデシュに活動に行った際に現地で調達してきます。ベンガル語で、ノクシが「縫うこと」、カタが「布」という意味で、手刺繍をほどこした布というのがもともとの意味。特別な時に、特別な人に心をこめて贈るものでチクチク手縫いで制作されるため、現地でも貴重なものです。

支援者
5人
在庫数
制限なし

50,000

20,000円引換券+
バングラデシュのお土産(インテリアグッズ):

バングラデシュ伝統刺繍「ノクシカタ」 のインテリアグッズを、バングラデシュに活動に行った際に現地で調達してきます。クッションカバー(複数)やベットカバーなどを想定しています。ベットカバーなどの大きいものは、5~7人で縫っても完成までに数か月かかるとのことです。

支援者
3人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする