私はこんなことを夢みています。

 

営利、非営利問わず、様々な組織がこぞって、雇用率に関係なく様々な障害のある人と一緒に働いています。

 

それはなぜか。障害者を雇用しない組織は恥ずかしいという常識ができているからです。

 

それはなぜか。障害者を活躍させられない組織は、健常者が活躍できるはずがないという通念ができているからです。

 

だから、障害の部位や程度を問わず、様々な組織が、様々な障害のある人と一緒に働いているのです。

 

私はこんな世界を夢みています。

 

その第一歩がこのプロジェクトです。

 

ぜひ応援をお願いします。

新着情報一覧へ