本日、目標の150万を達成することができました!!!!

 

ありがとうございます。

 

まずは、

150万をご支援下さいましたスポンサーの皆さまに心より感謝申し上げます。

 

そして、

様々なかたちで応援くださった皆さまに深くお礼申し上げます。

 

5/1スタート時には不安でいっぱいでしたが、

ご支援と応援の声に励まされ、

時には感動し、

時には涙しながら、

ここまで進んで参りました。

 

同時にプロジェクト賛同のYESに背中を押され、

前に進むしかないという決意を固めてきた期間でもありました。

そして、

プロジェクトを聞きつけて、

今後志を共にしていける心強い仲間と出会えた期間でもありました。

 

いよいよ、

これでプロジェクトは成立し、次の段階へ向かうことができます。

 

 

 

 

<第2ステップへ>

 

学校の当初予算は

200万ルピー(日本円で約360万円/土地建物)

必要でした。

 

短期間でそこまでの予算を一度に募集することは困難と判断し、

まず最初に

80万ルピー(日本円で約150万円/土地建物)

で実現可能な小さな学校を作ることを第1ステップとして、

クラウドファンディングで募集しました。

 

その差額は、学校の収容人数設備です。

 

 

1.収容人数に関して

 

メーラトには約300人の子どもたちがいます。

おそらく150万予算では約100人程度の収容しかできず、

フルタイムではなく入れ替え制のスタイルとなります。

 

一日学びたくても、一日の3分の1 しか学校で学ぶことはできません。

 

第2ステップとして、収容を3倍程度に引き上げる必要があります。

 

 

2.設備に関して

 

開校後1年後(2016年7月)を目標としている、

政府認可の私立学校申請があります。

 

卒業証書を出すには政府の認可校となる必要があります。

 

そのためには、いくつかの設備基準を満たす必要があります。

 

州政府に確認中ですが、予想されるのは水道やトイレ、給食設備などがあります。

 

 

そこで、この募集期間の間、残すところ6日間となりましたが、

 

【目標金額を200万に引き上げて、引き続き募集を行います】

 

それは、

 

【開校段階でより多くの子どもたちが学ぶ教室を確保すること】

 

を目指します。

 

1日の「3分の1」→「2分の1」 を学べるようにするためです。

 

第2ステップの前倒し実現は、一日も早い子どもたちへの学ぶ環境の提供につながります。

 

あと6日間、お一人でも多くからのご支援をお願い申し上げます。

 

 

 

TOPのイラストについて

 

団体のスタート当時に採用した内の1枚です。

 

国境や、肌の色、言語、宗教、国によって身分制度、などに関係なく、

この地球を我々地球人が暮らすひとつの惑星と捉え、

世界中に虹を広げていきたいという考えを表しています。

 

これから世界へ広めていくスラムプロジェクトが、

いずれ先行するチベットプロジェクトと合流し、

「レインボーチルドレンプロジェクト」として

世界中に虹をかけていく活動を進めていきます。

 

あと6日間、応援をよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

新着情報一覧へ