ネルー校長から便りが届きました。

 

先月末、メーラトの地区知事のもとへ

水道と電気の引き込みについて申請に行った報告です。

 

スラム地区の長老を含む

代表の大人たち11名と、

ネルー校長とで訪問しました。

 

(右:地区知事、左:長老)

 

前回の記事でお伝えしましたように、

子どもたちは水が原因の病気で苦しんでいます。

 

そして、

スラム地区にとっても、

学校建設をするにあたっても、

 

「水」と「電気」の公共サービスの引き込み

不可欠となります。

 

現在は公共サービスはありません。

 

 

メーラトの代表の方々です。

(一番左がネルー校長です)

 

 

この申請書の中には、

 

①スラムへの水と電気の供給について

 

②18時から21時の学校への街灯の要求について

 

③スラムへの無料の医療提供について

 

④スラムと子どもたちの生活向上について

 

書かれています。

 

そして、スラム地区代表として訪問した

11名のサインも添えられています。

 

 

想いよ届け、

 

この子どもたちのために!

 

新着情報一覧へ