みなさん、こんにちは。税所篤快です。

 

僕は昔から英語が苦手です。

そのために先週とあるセッションで赤っ恥をかき、全身から嫌な汗が出ました。

 

 

そのセッションとは世界銀行総裁のキムさんが先週来日されたときに行われたものです。

 

日本の若手起業家たちにまぜてもらい、参加させてもらった僕は、はじめの失恋からバングラデシュネタまではよかったのですが、そのあとは散々たるものでした。

 

パネルのテーマは、イノベーションのスケールアウトについて。

僕は現地のパートナーと良い物語を作り上げることが出来れば、スケールアウトは難しくないと言いたかったのですが、Scale out is simple...........Hmm............Well.........How can I say?

 

一瞬で詰まってしまいました。

そのときの会場のピタリとした静寂は一生忘れないでしょう。

 

しかも司会のNHKアナウンサーの方が、僕にわざわざ日本語で話を振ってくれたにもかかわらず、調子にとって英語で答えようとした矢先にこのざまです。

 

事態を収拾するためにNHKアナウンサーの方が、他のパネリストに話を振るときの哀れみの一瞥も生涯忘れえぬものとなりました。

 

僕は来週21日より我が母校、早稲田からロンドン大学にベースを移し、ソマリランド革命戦線をロンドンで立ち上げます。

 

この弱小英語能力の僕はロンドンで生き残れるでしょうか。

乞うご期待!

 

税所篤快

新着情報一覧へ